いざって時に使える、恋愛の心理的テクニック。

デートの誘い方って、かなり個性がでると思います。直接じゃなくて、LINEや電話で誘うほうが得意な人もいるし、会話の中のテンションで、さらっと言うのが上手な人もいる。

まだ出会ったばかりで、「今度〇〇行かない?」とストレートに誘うのはハードルが高い時には、「〇〇気になってるんだよね〜」と匂わせてみて、相手の反応を伺ったりだとか。

女性からすると、男らしくストレートに言ってくれたほうがキュンとする!……と思うかもしれないけれど、案外そうでもなくて、断りにくい雰囲気が苦手だって声も。出会って間もない頃のデートの誘い文句って、ほんとうに難しいところだと思います。

クリスマスも近づいていることですし、こういう時に使える心理的手法をおさらいしてみました。覚えやすいように、基本とも言える2つのテクニックを紹介します。

YESかNOで答えられる質問はしない

これは、<ダブルバインド>という手法。精神医学者のグレゴリー・ベイトソンが発見した、コミュニケーションパターンで、ビジネスにおいても成功例が多いです。

実はアパレルスタッフがよく使っていて、「ニットをお探しですか?」ではなく、「ニットとスカートだったら、どっちの方が気になりますか?」という質問に変えるのです。選択制にすることで、買うかどうかではなく、どちらを買うかの思考になるのです。

デートの誘いに変換すると、こう。

「イタリアンと和食だったらどっちが好き?」
「和食かなぁ」
「それなら最近オープンした〇〇、今週か来週行かない?」

日程まで選択にしなくても、最初に選んでもらうだけでOKをもらえる確率は上がるみたいですよ。

あえて一度、断られる誘い方をする

コロンビア大学教授の臨床心理学者Jephtha博士が、この方法を「Inc.」で伝授しています。曰く、一度誘いを断っているため、次の誘いは罪悪感から断りにくくなるのです。

なので最初は、あえて無理そうな提案をしてみてください。例えば、こんなふうに。

「急だけど、明後日はどう?」

休日前の夜でもなく、急に平日の夜は難しいでしょう。そこをあえて狙うのです。(運良くOKな場合もあるので、自分が調整可能な日を選ぶことは忘れずに)

「明後日はごめん」と言われてから、ダブルバインドで「来週の土曜日か日曜日はどう?」と提案すると、単純に「〇〇行かない?」と聞くよりもグッと成功率が上がるのだそう。

状況や相手のタイプによって、どれが一番スマートな誘い方なのかは変わってきます。けれど、ここでOKをもらいたいな〜という時には、この心理的テクニックを覚えているかどうかで、確率が変わってくるはず。

ちなみに、過去には【メール編】の記事も公開しているので、合わせてどうぞ。

なかなか恋愛がうまくいかないなぁ……と悩んでいる男性に向けて「ちょっとした心理学をつかえば、それはすぐに解決する!」と豪語するビジネス心理研究家、神岡真司...
女子にとって、女心以上にわからないのが男心とその本音です。単純かとおもいきや、変なところで複雑だったり、「なんでそうなるの?」「どう思ってるの?」と、うま...
携帯電話やITの普及により、メールのやりとりやメッセージアプリでのやりとりをダレでも当たり前のように行うようになりました。それに伴って恋愛において、メール...
ひょっとして、彼は私に気がある?それともただの友達と思っている?好きな人だからこそ、彼の一挙一動にドキドキしてしまいがち……。そんなあなたにこそ役に立つ!...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!