ベッドに入る時に、明かりを調節してくれるライト

部屋を明るくするライトにたくさんの需要があるのは当然。それが本来の目的ということは分かっているけれど、僕たちが求めるものはクリエイティブなデザインや機能にシフトしているのかも?

あなたの動きに合わせて
光を調節してくれる

「Ra Lamp」は水平の時はオフ状態。そこから垂直になるにつれて、だんだんとライトが明るくなっていき、90度になった時にピークを迎えます。その軌道は空に昇る太陽をイメージしているとのこと。

朝日が差し込まない北向きの部屋に住んでいる人でも、徐々に明るくなる太陽のような光を楽しめるように。

”太陽”にあたる部分は、自分の手や腕、肩の動きに合わせて移動するそうです。つまり、あなたがベッドに入るタイミングに合わせて、体を傾けるだけで一緒にライトが消える、なんてことも。

ひとつだけ欲を言えば、太陽が昇るように特定の時間から勝手に動いてくれれば、自分だけの日の出を作って、快適に目覚めることができたような気も…。

Licensed material used with permission by Sergey Gotvyansky, Nottdesign
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
自然欠乏症候群。本来は、子どもたちが自然に触れる機会が少ないために起こってしまう、不眠などの症状を表します。とは言っても、大人にも当てはまるような気がしま...
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
「SKY」と名づけられたこのライト、パネルを組み合わせたりアプリを利用したりすることで(SiriやAlexa、Google アシスタントでもOK!)、図柄...
「Wakē v2」は、アラーム付きのスマートライト。アラーム音は、起きたい人だけ聞くことができる優れもの。パートナーと迎える朝が、より穏やかなものになりそう。
Amazonで購入したミニサイズのLEDライト。持ち歩けるサイズだし、色が鮮やかだし、安いし(購入時550円でした)。“失敗してもいいや”という気持ちでポ...
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
自動車の中に常備しておくライトとして、とても頼もしい。
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。
NetflixやYoutubeを大画面で視聴できる「巨大スクリーン」と「高性能スピーカー」がついた夢のようなスマートベッド「HiBed」には、そのほかにも...
そんななかで『MONG MONT』は、インテリアの邪魔をしないという今までの考えではなく、むしろ壁に飾って見せるための<芸術性>を重視してつくられました。...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...