イイ子にして寝れば、「君の夢」が叶っちゃうかもしれないよ。

私はまだ独身だし、もちろん子どももいません。それなりに子育てに想いを馳せることはあるけれど、特に知識をためようなどとは思ってもいませんでした。

でも、“来たるべきとき”のために、この寝具メーカーは覚えておこうかな、なんて。もしかして、子どもの寝つきが良くなったりするかもしれないし◎。

Have a nice dream!!

2799d8e5ad8477f19a67b88a7e9fc848358e27b6

そのメーカーとは、オランダのSNURK社。一風変わったデザインのパジャマも気になりますが、イチオシなのが子ども用ベッドカバー。「もし人魚になれたら」「サッカーでゴールを決めたい」「将来の夢は宇宙飛行士!」といった、子どもたちの願いを叶えてくれるのです。

個人的には恐竜推し!
あなたはどれが好み?

E7a2749f58b5a4cb83dd675d199602d95a023c52E9306a2198bd9614700f73de7897bb891ef5f20f254784e128fb20c215c067985927484bbcce37d4Cb096160b8c8a7a7cb36114dd9dd4d28b1fd00d7E8e840e99c05cee7592b274d167ec87f8a34d55087ff20ff45c42fae8fb86d6edd81a598d74ff2f2Edc2a35d4b2f4004a7dd7a1e69f2f30e7679c30f0c3f59bafcb129c927fcf02001704a94e687d66e702f4f511c34e99705e6bb3ebb7cfd0b854ff0a3157b6ce09edc32de01c77e5481281e38d201017cF9f1fb54fe156b3302b0cfb6a79f46b6ab68df7a

価格は65.95ドル(約7,500円)からで、購入はコチラ。子ども用と考えるとちょっと高いかもしれないけれど、笑顔になってくれるなら買っちゃいそう。まあ、当分先のことですけどね(笑)。

0ebaddc39511d7bfb895391c8903e5a0123b3a20
Licensed material used with permission by Snurk
折りたためるのは便利だけど、友人を自宅に招いた時に、折りたたまれたベッドが部屋の片隅に鎮座していたら、なんだか恥ずかしい。たたんだ状態でも別の家具として役...
想像力をかき立てられる、ユニークな家具をご紹介。腰掛けても、ゴロンと寝転がってもいいところまでは従来のソファベッド。じゃあ、キャンプ気分を味わうことできた...
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
ぽかぽか陽気で日だまりでお昼寝するのが気持ちいい季節になりました。芝生にコロンと寝っ転がりたくなりますよね。もし、そんな時に、コンパクトに畳めてラクラク持...
シーツは快眠を提供するためのアイテムじゃない。部屋を彩る「インテリア」だ!!
大好きな部屋の大好きなベッドで、一日中まったり過ごしたい。…とは言っても、結局は読みたい本を取りに行ったり、音楽をかけてコーヒーを入れてさあ準備OK、と思...
二度寝といえば、ちょっぴり罪悪感を感じてしまうもの。でも、あの気持ちよさは、止められないんですよね。僕が快感を覚えるひとつが国内旅行。旅館やホテルなどで、...
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
朝、ベッドから起きるのがつらい季節ですね。ぬくぬく、もう少しだけ入っていたい…と思いつつも、意を決してバーン!おそらく布団を整えないまま外出する人もいるで...
①ふかふかのベッドにバフっと埋もれる。②飲んで食べてゴロゴロしながら映画を見る。③ウトウトしてたら、いつの間にか寝落ち。そんな体験が映画館でできるんです。...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
元はと言えば、時差ボケを防止、解消するために開発されたデバイス「AURA」。だから、快眠へと誘う、たくさんのアイデアが詰まっています。
アラスカ在住のAna Whiteさんは、限られたスペースを有効活用する様々なアイデアで人気のDIYブロガー。そんなAnaさんの新作は、どうにも子ども心をく...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
楽しい楽しいアウトドア。でも、朝からはしゃぎすぎて疲れてしまうこともありますよね。特に子供は体力がないので、急に電池切れしてウトウト…なんてことも。そんな...
新生活がはじまりに、こだわりたいのは。
毎朝、二度寝が常習犯で、慌てて家を出ていくような人は注目。イギリスで、とんだお節介機能を搭載した“目覚ましベッド”が開発されたとか!?朝7時前、とある静か...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
たとえば、ハードな出張の合間に空港のラウンジで手足を伸ばしてのんびりしたい。こんな場面でゼッタイ役立ちそうなウォーターベッドが登場しました。それも、ただご...
恋愛よりも睡眠を優先すべき!そんな面白い切り口の記事が「Elite Daily」に掲載されています。なかには、ちょっと過激な意見も!? 項目こそ多いものの...