あげて楽しい、もらって楽しい、とっておきの手土産。

帰省したり、久しぶりに友人と集まる年末年始は、贈りものをするのにぴったりのシーズンです。日本でつくられているものや、ちょっとした驚きのあるユニークなものなど、多くの人に好まれている手みやげ100点以上を「つくりのいいもの」という視点で選んだ展示が、今年もリビングモティーフで開催されます。

ずっと使い続けたくなる
そんな、ぬくもりがある。

長く愛されるには、ちゃんとした理由があるものです。たとえば、BAW-LOO(バウルー)のサンドイッチトースターは、その昔ブラジル・サンパウロ州のバウルー村出身の青年が、学生寮でこのような器具を使ってパンを焼いて食べていたことから名づけられました。好みの具をパンにはさんでセットし、直火にかけて調理すれば、あっという間に、ほかほかのホットサンドイッチが出来上がります。休日のランチやおやつに、音楽フェスやキャンプなどのアウトドアシーンにもおすすめです。フッ素樹脂加工なので、汚れてもサッと洗えるのが嬉しいですね。

なくても困らないけれど、
あるととっても便利なあれこれ。

普段そこまで困っていなくても、ひとつあると、とっても頼りになるものも多いかと思います。たとえば、強力な吸盤と、クランプ(ねじなどで物を締め付けて固定する工具)が組み合わさったこんなプロダクトはいかがでしょう。どちらも日常的によく手にするものが、組み合わさることで目から鱗が落ちる使いやすさになります。平らな面であればクランプを取り付けることができるので、オフィスやキッチン、バスルームなど、どんな場所でも大活躍します。好きな色を選んで、こだわりのあるあの方へ贈れば、気が利いたプレゼントとして喜ばれそう。

やっぱり気持ちいい
自然から生まれたもの。

自然から生まれた無垢なものは、思わず頬ずりしたくなるほど、すべすべとなめらかな気持ち良さがあります。本物の植物をドームいっぱいに封じ込めたペーパーウェイトは、まるみのあるポリクォーツのなかに閉じ込められた様子がたいへん美しく、オブジェとしてデスクやシェルフに置くだけでどっしりとした存在感があります。アーティストであり、発明家でもあるトム・クラークが生み出した独自の技術で、大切に育てられた鮮やかな花の植物の色や形を、職人たちの手によって、ひとつひとつ手づくりし、美しさをそのままに保っています。

人の手で作られたから、
あたたかみを感じるのです。

探してみると、なかなかお気に入りのものが見つけにくい印鑑ケースに、こんな素敵なデザインを見つけました。北海道は旭川の丹野雅景木工デザイン製作所が手がける印鑑ケースは、家具などを製作する際にでる端材を有効活用しています。精巧な仕掛けが特徴で、丸印がついている側のつまみを挟むように押すと、収納されている印鑑がスライドして飛び出します。カチッと納まるその木の感触は、思わず何度も開け閉めしてしまうほど驚きの逸品です。実印用と三文判用の2サイズから選べます。

あの人をあっと驚かせたい!
すてきなサプライズ。

いつもお世話になっているあの方へ、クリーミーな泡のビールを自宅で楽しめるビアフォーマーなんていかがでしょうか。コンテナの4分の1から半分にビールを注ぎ、残りのビールはグラスに注ぎます。泡立て器付きのフタをかぶせ、上部のスイッチを30〜40秒押してコパーのフタのラインまで泡立てます。出来上がったきめの細かな泡をグラスのビールにゆっくり注ぎ足せば完成です。いつもよりゆっくりした時間を過ごすことのできる年末年始に、美味しいビールを飲んでもらいたいですね。

『てみやげ展2 つくりのいいもの あげたいもの100』
会期:12月27日(火)〜1月31日(火)
場所:LIVINGMOTIF
住所:東京都港区六本木5-17-1 AXISビル B1F, 1F, 2F 

Licensed material used with permission by LIVING MOTIF
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
いまだかつて、こんなにもネコ想いのインテリアがあったでしょうか?開発者の溢れんばかりの“ネコ愛”が伝わってくる、おしゃれなデスクです。これでもう、机の上が...
「レザー」と「セラミック」のバランスがおしゃれなマグカップ。デザイン性に特化したアイテムだからこそ、カップ以外の使用方法が次々に思い浮かびます。
シンプルで個性的なヒーターに出会いました。
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
無人運転を想定した、ブダペスト地下鉄1号線用の新車両デザインです。
そんななかで『MONG MONT』は、インテリアの邪魔をしないという今までの考えではなく、むしろ壁に飾って見せるための<芸術性>を重視してつくられました。...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
これは、アートディレクターの手によってリメイクされた「将棋の駒」。単純明快で、伝わりやすく、客観的な美しさも備えている。だけど…それぞれの役割を識別する“...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...