「脳波」をスキャンしてプロダクトをデザイン!

人工知能やロボット工学の分野で日本とメキシコが協働する「Mirai Innovation」と、メキシコシティのデザインエージェント「Studio Jose de la O」によるプロジェクトが注目を浴びている。

そのプロジェクトとは、脳の電気信号を使ってプロダクトをデザインをするというもの。

その原理は、脳から送られてくる電気信号をジェネレーティブデザインソフトを通して視覚化し、3Dプリンタでカタチにするというもので、実験ではデザイン3Dソフトや職人による技術なしに、被験者が快適なソファに腰掛けているだけでフラワーベースを完成させることができたのだとか。

これは、技術的スキルがない人でも、将来的にはデジタルインターフェースで自分の思うままのデザインで思うままのプロダクトを生み出せる可能性を示唆している。

念じるだけでカタチになる。そんな未来がやってくるかも。

ヘッドギアを装着した被験者は、リラックスしたり意識を集中することでジェネレーティブデザインソフトに脳波信号が送られ、花瓶の直径や高さといったシェイプが変わっていく仕組み。

Top image: © Studio José de la O
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
集中してやれば、すぐに片付くはずの仕事。そんなことは分かってる。でも、周りの音に気が散ってしまったり、ついついネットサーフィンをしてしまったり…。気付けば...
「Firevase」と名付けられたこの花瓶。実は、簡易消火具にもなるんです。使い方は簡単で、火元にこの花瓶を投げつけるだけ。いつも身近に置いておけるから、...
日々、改善されているWEBサイトのデザイン。そんな変遷を閲覧できるWEBサイト「Web Design Museum」の紹介です。
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
無人運転を想定した、ブダペスト地下鉄1号線用の新車両デザインです。
パスワードの入力って地味だけど大変。スマホをポケットから出すたびに解除操作をしていると、一体1日に何回やってるんだろうと考える。さらに登録しているサイトの...
殺風景になりがちな部屋の壁には、「掛けられる花瓶」が正解かもしれません。テーブルや玄関に置かれることが多い花瓶。花のある生活が心を穏やかにしてくれるのは言...
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
ハッリ・コスキネンが監修するカプセルホテル「MAJA HOTEL KYOTO」が、2019年12月に京都に開業。
ウエストや胸囲、ふくらはぎや肩など、合計で10カ所以上ものボディーパーツをスキャンしてくれるミラー「Naked」。徹底的に体を絞りたいという人にはピッタリ!?
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Bre...