「脳波」をスキャンしてプロダクトをデザイン!

人工知能やロボット工学の分野で日本とメキシコが協働する「Mirai Innovation」と、メキシコシティのデザインエージェント「Studio Jose de la O」によるプロジェクトが注目を浴びている。

そのプロジェクトとは、脳の電気信号を使ってプロダクトをデザインをするというもの。

その原理は、脳から送られてくる電気信号をジェネレーティブデザインソフトを通して視覚化し、3Dプリンタでカタチにするというもので、実験ではデザイン3Dソフトや職人による技術なしに、被験者が快適なソファに腰掛けているだけでフラワーベースを完成させることができたのだとか。

これは、技術的スキルがない人でも、将来的にはデジタルインターフェースで自分の思うままのデザインで思うままのプロダクトを生み出せる可能性を示唆している。

念じるだけでカタチになる。そんな未来がやってくるかも。

ヘッドギアを装着した被験者は、リラックスしたり意識を集中することでジェネレーティブデザインソフトに脳波信号が送られ、花瓶の直径や高さといったシェイプが変わっていく仕組み。

Top image: © Studio José de la O
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
子どもの仕事体験施設「キッザニア東京」で開催される「KIDZANIA AWARD PROGRAM 2020/スニーカーデザインコンテスト」が、10月20日...
「Firevase」と名付けられたこの花瓶。実は、簡易消火具にもなるんです。使い方は簡単で、火元にこの花瓶を投げつけるだけ。いつも身近に置いておけるから、...
集中してやれば、すぐに片付くはずの仕事。そんなことは分かってる。でも、周りの音に気が散ってしまったり、ついついネットサーフィンをしてしまったり…。気付けば...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
2050年──。およそ30年後の世界は、どうなっているのだろうか。その問いかけに「日産」は「"脳波"で運転するクルマが走っている」と答えるだろう。それを証...
フィンランドのさまざなプロダクトを集約した類稀なるデザイン展 「WILD AT HEART」が今月12日(月)まで「駐日フィンランド大使館」敷地内のパビリ...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...