「GT-R(X)2050」は脳波で操縦する「未来のクルマ」だ!

2050年──。

およそ30年後の世界は、どうなっているのだろうか。

その問いかけに「日産」「"脳波"で運転するクルマが走っている」と答えるだろう。

というのも「Nissan Design America(NDA)」でインターンシップをしていた韓国人デザイナーのJaebum “JB” Choi氏が発案した「GT-R(X)2050」が実現に向かっているからだ。

©Nissan
©Nissan
©Nissan

上から見ると"X型"の車体に、ドライバーは専用のVRヘルメットとスーツを着用し、うつ伏せの状態で乗車する。当然、その姿勢ではドライバーは前が見えないわけだが、前方の映像はVRヘルメットに描き出されるのだとか。

©Nissan
©Nissan

また、そのヘルメットによって脳波が読み取られ、背中に装着したバックパックによって思考がデジタル変換されるため、体を動かすことなくクルマを操れるというのだ。

“乗る”というより“着る”ような感覚の「GT-R(X)2050」。

技術面で課題は残されているそうだが、数十年後にはインターン生が描いたこのマシンに私たちも乗っているかもしれない。

Top image: © Nissan
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
テスラ。静かなクルマ選びでいったら当然、静かです。だってエンジン積んでないんだもの……。聞こえる音は、タイヤが転がる音と風を切る音がメイン。
日産自動車が「確実にカップインするゴルフボール」というキャッチコピーのゴルフボール「ProPILOT GOLF BALL」を開発し、8月22日にコンセプト...
空飛ぶクルマの展示会「フライングカーテクノロジー」が開催決定。有人飛行を成功させた「SkyDrive」の機体の展示をはじめ、空飛ぶクルマの実現によって拓か...
先月29日、京都発のデザインスタジオ「Fortmarei(フォートマーレイ)」がデザイン・クリエイティブディレクションを担当したコンセプトカー「...
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
2023年の実用化に向けて「空飛ぶクルマ」の機体開発を目指す「SkyDrive」らと共同で、日本の大手総合スポーツ用品メーカー「ミズノ」が乗員用座席の開発...
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
「オビツ製作所」と「X-girl」が初めてコラボ。17日より「X-girl × OBITSU KEWPIE(R)」を発売した。
クルマのオーナー同士が愛車を一時的に交換できるアプリサービス「CAROSET(カローゼット)」が12月10日からスタートしている。クルマを「所有」すること...
通常は幅78cmに長さ160cmという1人乗り用自動車ですが、この「iEV X」は車体が伸びる仕様になっているんです。
ヒュンダイが発表したのは「歩くクルマ」。道路を走行できる上に、脚がグイーンと伸びて、障害物を乗り越えられるような仕様です。
「子供の送り迎えや近所の買い物に行くだけだから、そんなに大きなクルマは必要ないんです。でも自転車やバイクは屋根がないし、ちょっと大変で…」。街にはそんな人...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。
「公益財団法人自動車リサイクル促進センター」が公開した動画は、絵本『えんとつ町のプペル』の主人公がクルマくんと出会うストーリー。
1970年に発売されたスズキ株式会社の初代「ジムニー」が、日本自動車殿堂「歴史遺産車」に選定された。
アメリカを代表するディズニー(Disney)とテスラ(Tesla)がパートナーシップを組むことを協議中という噂が......。このコラボが実現すれば、本場...
韓国のクルマメーカー、現代自動車(ヒュンダイ モーター)が先月26日に発表した電動スクーター。将来的には、ヒュンダイや起亜などヒュンダイモーターグループの...
ドイツのコブレンツに拠点を構え、競技用の高性能自転車を製造することで知られる「Canyon」が、独「アーヘン工科大学」と共同で設計した“新しいノリモノ”は...