そう遠くない「未来のクルマ」がすごい!

「もう進化するポイントはないのでは……?」

そんな、こちらが勝手に設けたハードルを悠々と超えてくるほど、絶えず革新的な開発を続ける自動車業界。

ここでは、そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。

いずれも、非自動車メーカーが考えている点にも注目!

日本を初走行した「SONYのクルマ」

© Sony/YouTube

今年初めに開催された電子機器の見本市「CES 2020」で大きな話題となった「SONY」によるEV「VISION-S」が、先日、日本で初めてお披露目された。

自動車メーカーではないSONYが総力を挙げて製作した「VISION-S」は、4人乗りのセダンタイプ。クラウドと連携した高度な自動運転技術が搭載されている。

運転席前面に大きなスクリーンが取り付けられており、車内では360度あらゆる方向から音楽を聴ける立体音響技術も使用。エンターテインメント性の高い自動車に仕上がっている。

独・自転車メーカーによる「未来の移動手段」

© Canyon Bicycles/YouTube

ドイツのコブレンツに拠点を構え、競技用の高性能自転車を製造することで知られる「Canyon」が、公式サイトを通して同社が計画する「未来の移動手段」のコンセプトを発表した。

「アーヘン工科大学」と共同で設計したこの“新しい乗り物”は、ペダルを漕いで動く小型四輪車。自転車と自動車のちょうど中間に位置するものになっているという。

公式サイトによると、この新たな乗り物の開発コンセプトには、増大する交通渋滞と汚染問題の解決があるとのこと。電気バッテリーを搭載しているため排気ガスの排出量も少なく、自転車レーンを利用することで交通渋滞を回避することもできるとか。

将来、自動車の「コックピット」はこうなる!

© 株式会社Fortmarei

自動運転化などの普及が進む現代の自動車環境を踏まえて、車室内空間の重要性に着目した「京セラ」。同社が考える“未来のコックピット”を具現化したコンセプトカー「Moeye(モアイ)」の第2弾が発表された。

外装はクラシックカーを意識した面構成のプロポーション。

最先端技術を取り入れた内装は、古き良き時代のクラフトマンシップを感じさせるテクスチャを融合。着座すると目に飛び込んでくるコックピットは、独自の光学迷彩技術を用いて一部を透明化し、ドライバーの視野を広げることを可能に。独自の各種デバイスで、人間の視覚や触覚、聴覚、さらには嗅覚までをも楽しませてくれるらしい!

Top image: © Fortmarei
テスラ。静かなクルマ選びでいったら当然、静かです。だってエンジン積んでないんだもの……。聞こえる音は、タイヤが転がる音と風を切る音がメイン。
空飛ぶクルマの展示会「フライングカーテクノロジー」が開催決定。有人飛行を成功させた「SkyDrive」の機体の展示をはじめ、空飛ぶクルマの実現によって拓か...
先月29日、京都発のデザインスタジオ「Fortmarei(フォートマーレイ)」がデザイン・クリエイティブディレクションを担当したコンセプトカー「...
クルマのオーナー同士が愛車を一時的に交換できるアプリサービス「CAROSET(カローゼット)」が12月10日からスタートしている。クルマを「所有」すること...
「カーボン・オフセット」とは他の場所で節約できる同等の二酸化炭素に資金を提供することで排出量を補う仕組みのこと。ここではカーボン・オフセットの定義や国内外...
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
ヒュンダイが発表したのは「歩くクルマ」。道路を走行できる上に、脚がグイーンと伸びて、障害物を乗り越えられるような仕様です。
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。
新感覚ナイトエンターテインメント「泊まれる演劇 In Your Room 『ANOTHER DOOR -ホーリーシーズン-』」が2020年12月15日(火...
2023年の実用化に向けて「空飛ぶクルマ」の機体開発を目指す「SkyDrive」らと共同で、日本の大手総合スポーツ用品メーカー「ミズノ」が乗員用座席の開発...
1970年に発売されたスズキ株式会社の初代「ジムニー」が、日本自動車殿堂「歴史遺産車」に選定された。
「公益財団法人自動車リサイクル促進センター」が公開した動画は、絵本『えんとつ町のプペル』の主人公がクルマくんと出会うストーリー。
英国の心意気をもったクルマ、MINIの未来的クルマ「MINI CROSSOVER PHEV」。クルマについての経験ある40代のエディターが一週間プライベー...
出張先で仕事に励むアナタのレンタカー問題に終止符を打ってくれるマツダ「デミオ」。
アメリカ生まれの人気調味料「クレイジーソルトシリーズ」に待望のオーガニックが新登場。岩塩をベースにガーリックやタイム、セロリシード、オレガノなど有機ハーブ...
性別におけるファッションの垣根の撤廃が、さらに加速した2020年。『TABI LABO』で紹介したユニセックスなウェアをあらためて振り返ろう。
フランス人アーティストが改造し、誕生したキッチンカー。フライドポテトが作れるキッチンが設置されたものです。知らずに目の前で「パカッ」とされたら驚いてしまい...
10月24日(木)〜11月4日(月・祝)、東京のお台場にある「東京ビッグサイト」にて「第46回 東京モーターショー 2019」が開催。各自動車メーカーが先...
「子供の送り迎えや近所の買い物に行くだけだから、そんなに大きなクルマは必要ないんです。でも自転車やバイクは屋根がないし、ちょっと大変で…」。街にはそんな人...
未来では、性別で人を区別することなく、すべての人をありのまま受け入れる世界が広がっている。そう強く訴えるのは「Wildfang」が制作した動画。今、未来、...
「The Electric Factory」と「Ayax Toyota」が進める「HYプロジェクト」。植物の成長を刺激する周波数のサウンドを発する装置を開...
今年の初めに米ラスベガスで開催された電子機器の見本市「CES 2020」でも大きな話題となった「SONY」によるEV「VISION-S」が、先日、日本で初...