フォードがつくった寝返り打ち放題のベッド

日産がつくった自動運転技術を応用したスリッパが、昨年、日本中で話題に。製品は違えど、2月12日、フォードのヨーロッパ支社が同じく自動運転技術を使って、寝返りが好きなだけ打てるベッドを開発しました。

彼らがベッドに応用できると考えたのが、クルマが車線を維持をするためのセンサー。寝ているときに一定の線を超えたら、それを検知できるというわけです。

寝返りを打ってから特定の場所に戻すには、ベルトコンベア式になっているマットレスが動くという仕組み。ここはクルマの技術とは関係ないんですね……。でも、このサポートのおかげで寝返りは打ち放題です。

フォードといえば、昨年末にノイズキャンセリング機能を搭載した犬小屋も開発しています。犬小屋もベッドも販売はしないとのことですが、自動車メーカーが持っている技術を応用した製品は、より増えていくのかもしれません。

Top image: © Ford
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2018年12月中旬に発表された、自動車メーカー「フォード」のヨーロッパ支社がつくった犬小屋の紹介です。
12月4日、「フォード」と「マクドナルド」が共同でプロジェクトを進めると発表。その内容は、マクドナルドが提供しているコーヒーの製造過程で出た“コーヒーかす...
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
「人類進化ベッド」。楕円形で、横になった時に体を優しく包み込んでくれるソレは、土台やマットレスなど様々な部分でチンパンジーの寝床を再現した優れもの。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。