乗ってみたい!「フォード」が「バーチャルレーシングカー」を発表

先週、ドイツで開催されたゲームの祭典「gamescom 2020」において、自動車メーカー「フォード」が製作したバーチャルレーシングカー「チーム・フォードジラP1」が披露された。

“究極のバーチャルレーシングカー”をコンセプトに製作されたこの車両は、かの名車「フォードGT」をベースにしながらモーフィングテクノロジーを採用した近未来的なボディが特徴。線状に光るLEDライトの効果もあり、走行する姿を観ると映画『トロン』の世界を彷彿とさせる。

また、デザインを決めるにあたって、Twitterを通して得たファンの意見を大きく反映したというこのバーチャルカー。結果的には、2つの最終デザイン案が残り、25万人近くのファン投票によって、フォードのデザイナーであるアルトゥーノ・アリノ氏が手掛けたこのデザインが選ばれたようだ。

もちろん現実に走るものを製作するのは難しいと思われるこのモデルだが、フォードは現在、スタジオでフルサイズのモデルを製作しているとのこと。

また、どうしてもこの車を運転したいというファンのために、“ある大手ゲーム会社”とゲームに同車を登場させることを話し合っているのだとか。

何はともあれ、まずはフォードが公開した以下の動画を観て“究極のバーチャルレーシングカー”なるもの堪能してみてはいかがだろう。

© Ford Europe/YouTube
Top image: © Team Fordzilla
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2018年12月中旬に発表された、自動車メーカー「フォード」のヨーロッパ支社がつくった犬小屋の紹介です。
米「フォード」は、最前線で働く医療従事者のために防護服の生産をおこなうと発表。防護服の縫製に使用されるのは、なんとエアバッグに使用される素材だという。「ナ...
12月4日、「フォード」と「マクドナルド」が共同でプロジェクトを進めると発表。その内容は、マクドナルドが提供しているコーヒーの製造過程で出た“コーヒーかす...
これからも進化していくバーチャルダンスパーティー「We Come In Peace」。ニューヨークを拠点にするアーティストTin NguyenさんとEdw...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
2月12日、フォードのヨーロッパ支社が自動運転技術を使って、寝返りが好きなだけ打てるベッドを開発しました。
たった15分間で99%のウイルスを死滅。ニューヨーク市警察、ロサンゼルス警察が所有する車両を対象に、試験導入中。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...