「Epic Games」超リアルな3Dキャラクターを手軽に生み出すツールを発表

人気ゲーム「フォートナイト」の開発で知られる「Epic Games」が、リアルな3Dキャラクターをより手軽に作成できるデザインツール「MetaHuman Creator」を発表。

3Dデザインのなかでも、とくに難しいとされるのが人の顔の生成。今まで数週間から最長で数ヵ月かかっていたプロセスだが、同アプリを使用すれば、わずか1時間ほどで思い通りの人間を作成することができるようだ。

© Unreal Engine/YouTube

動画にもあるように、同ツールには異なる人種のひな型数種類のプリセットが用意されている。クリエーターは理想に近いプリセット選択し、そこから細部に変化をつけることで、より簡単に3Dキャラクターを作成できるようだ。

出来上がった3Dモデルは、ほかのアプリでも使用できるようにエクスポートができるほか、同社の開発するゲームエンジン「Unreal Engine4」と合わせることで、ゲームのキャラクターに登場させることも可能

同アプリの配信日は未定だが、数ヵ月以内に登録者へ向けた早期アクセスが可能になるとのこと。

興味があるクリエーターは、公式サイトからサインアップすることをお忘れなく。

Top image: © iStock.com/Maksim Tkachenko
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
2019年12月にスタートした日本初の3Dプリンターによる住宅建設プロジェクトから、「Sphere」と呼ばれるプロトタイプデザインが公開された。
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
NPO団体「Thinking Huts」とデザイン事務所「Studio Mortazavi」は、マダガスカルに3Dプリンターを用いて学校を建設するプロジェ...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
「UNDERCOVER」は、新型コロナウイルスの影響下で、デザイナー高橋盾氏の自宅ですべての制作をおこなった3Dルックブックをオンラインで発表した。
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
アメリカで展開されていて、日本未発売の「Hanes」のマスク。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...