ポップアイコンの崩壊で表現した世紀末

ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。

世紀末的な作品を描いたのは、チェコをベースに活動する3DアーティストのFilip Hodas aka Hoodass。アートワークだとは分かっていても、じっと見つめいると、いずれの光景もどこかに存在するような気もしてくる。

警告、ノスタルジア、予感。あなたは、何を感じるだろうか?

 #1 
パックマン

#2
スーパーマリオ

#3
スペースインベーダー

#4
ハローキティー

#5
ドミノ

#6
コカ・コーラ

#7
フューチュラマ

#8
レゴ

#9
ゲームボーイ

#10
テトリス

#11
マクドナルド

このアートを完成させたFilipに、以下の2つの質問をしてみた。

Q1:ポップアイコンの破滅を描いたきっかけは?
Q2:この作品を通じてどんなメッセージを発信したかったのか?

残念なことに質問への回答はなかった。インディアンの格言の一つに「返事がこないのも、返事のひとつ」とはある。あえて、回答をしないことで僕たちにメッセージしているとは、考えすぎだろうか。

Licensed material used with permission by Filip Hodas
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
ルービックキューブのような、現実にはありえないこの部屋。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
トルコでは「香水」の消毒剤としての需要が高まり、コロナウイルス対策として大量に買い占められている。
世界最古のシャンパーニュ メゾン「ルイナール」とブラジル出身の現代アーティストVik Muniz(ヴィック ムニーズ)とのコラボレーション作品が代官山「K...
ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイに住む若干19歳のアーティスト、スーシャント=S=レーンさん。独学でこの...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
宇宙飛行士アン・マクレーン氏が、狭い空間でポジティブにかつ生産的に生活するヒントをTwitterに投稿。「NASA」の心理学者による研究をベースに、5つの...
「ついに世紀末か」「巨人にやられてしまう」「助けてくれ」そんな声が聞こえてきそうだけど、これは巨大なアートなのでご心配なく。作品があるのは、イタリアのベニ...
2008年、ニューヨークのイーストリバーに4つの滝をつくったオラファー・エリアソン。その作品は、光、空間、水、鏡、霧、影という自然現象や素材を巧みに使い、...
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
男性の約3.5人に1人はパンツにこだわりを持っており、約6人に1人、なかでも経営者や会社役員といったエグゼクティブほどパンツが仕事のパフォーマンスに影響す...
「Gapストア 新宿フラッグス店」が4月3日リニューアルオープン。世界初の「Gapオリジナルブレンドコーヒー」やドーナツなどが楽しめるカフェエリアも登場。
映画配給「20世紀フォックス」が「20世紀スタジオ」に社名を変更する。買収した「ウォルト・ディズニー・カンパニー」の意向だ。あの有名なオープニングロールか...
ルネッサンス時代や19世紀〜20世紀末頃のサロンに強く惹かれたウクライナ出身のAlexey Kondakov。彼は、自らの手で現代を憧れの時代へと変える作...
画像検索をしたキャラクターと風景や人を組み合わせるLes Photos De Francoisの写真。キッカケは、ジョークのつもりで友人の子どもと画像を合...
代官山・中目黒で働くファッション業界人にファンが多いこともあり、発売間も無くSNSで拡散されていました。問い合わせの電話も殺到したとか(スタッフ談)。
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...