歴史的な名画を「LEGO」で表現するアーティスト

もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。

ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで、ルネッサンスから近代のポップアートの肖像画に収まっているのは、お馴染みのLEGOのミニフィグたち。

01.
ミラノの貴婦人の肖像
(レオナルド・ダ・ヴィンチ)

02.
マリリン・モンロー
(アンディ・ウォーホル)

03.
自画像
(フリーダ・カーロ)

04.
ダンテ・アリギエーリの肖像
(サンドロ・ボッティチェリ)

05.
ウルビーノ公夫妻の肖像/フェデリコ・ダ・モンテフェルトロの肖像
(ピエロ・デッラ・フランチェスカ)

06.
ウルビーノ公夫妻の肖像/バッティスタ・スフォルツァの肖像
(ピエロ・デッラ・フランチェスカ)

LEGOをつかって
歴史的名画をもっと身近に!

これらの作品は、イタリアのサレルノの地方考古学博物館に企画展示されたもの。描いたのはローマ在住のアーティスト、ステファノ・ボルカートさん。

ボルカートさんの作風は「世界の社会問題や芸術を、LEGOの世界で表現して絵画にする」というもの。今回の作品は、あえてキャンバスに油絵具で描くというアナログな手法をとることで、LEGOというポップな素材と伝統的手法を融合させたそうです。

なぜなら、歴史的名画をもっと身近なアートとして気軽に親しんでもらい、文化遺産の保護について意識を高めてほしい、という願いから。

企画展の客足は好調で、LEGOという誰もが知っているおもちゃを題材にすることで、大人から子どもまで様々な世代の人や、普段はあまり芸術や文化遺産に関心がない人の足も向けることに成功したようです。

アートに関心がない人へ気づきを。

「私が住むイタリアは、数々の名画の巨匠を生み出し、今なお文化遺産や歴史的な芸術に触れられる、素晴らしい国です。今回の私の作品で、これまで美術史や芸術への関心がない人たちにも、気づきや関心を深めるきっかけとなってくれることを願っています」

Licensed material used with permission by Stefano Bolcato

関連する記事

LEGOとLevi'sの異色のコラボアイテムが10月1日に発売。シリコンパネルを搭載したアパレルアイテムなどポップなアイテムが並ぶ。
LEGO IDEASのプロジェクトから生まれた「LEGO × セサミストリート」が2020年目処に発売予定。
自分の履歴書を少しでも目を引くためにも、いろんな工夫をすると思いますが、アーティストであるAndy Morrisさんは自分自身のLEGOとそのパッケージを...
LEGO FORMAは、パーツを組み合わせて鯉やサメを組み立てる大人のLEGO。構成するパーツにギアのついた台座があり、動かすこともできます。
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
子供の優しい気遣いのようなユーモラスなこの作品は、ドイツ人アーティストJan Vormannさんによるプロジェクト。ヨーロッパ、アジア、アメリカなど世界4...
「LEGO」を使って、実在する家のレプリカを忠実に再現するアーティストがNYにいる。WEBでの注文販売も受け付けていて、実際に家の図面、内装と外装を写真で...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...