歴史的な名画を「LEGO」で表現するアーティスト

もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。

ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで、ルネッサンスから近代のポップアートの肖像画に収まっているのは、お馴染みのLEGOのミニフィグたち。

01.
ミラノの貴婦人の肖像
(レオナルド・ダ・ヴィンチ)

02.
マリリン・モンロー
(アンディ・ウォーホル)

03.
自画像
(フリーダ・カーロ)

04.
ダンテ・アリギエーリの肖像
(サンドロ・ボッティチェリ)

05.
ウルビーノ公夫妻の肖像/フェデリコ・ダ・モンテフェルトロの肖像
(ピエロ・デッラ・フランチェスカ)

06.
ウルビーノ公夫妻の肖像/バッティスタ・スフォルツァの肖像
(ピエロ・デッラ・フランチェスカ)

LEGOをつかって
歴史的名画をもっと身近に!

これらの作品は、イタリアのサレルノの地方考古学博物館に企画展示されたもの。描いたのはローマ在住のアーティスト、ステファノ・ボルカートさん。

ボルカートさんの作風は「世界の社会問題や芸術を、LEGOの世界で表現して絵画にする」というもの。今回の作品は、あえてキャンバスに油絵具で描くというアナログな手法をとることで、LEGOというポップな素材と伝統的手法を融合させたそうです。

なぜなら、歴史的名画をもっと身近なアートとして気軽に親しんでもらい、文化遺産の保護について意識を高めてほしい、という願いから。

企画展の客足は好調で、LEGOという誰もが知っているおもちゃを題材にすることで、大人から子どもまで様々な世代の人や、普段はあまり芸術や文化遺産に関心がない人の足も向けることに成功したようです。

アートに関心がない人へ気づきを。

「私が住むイタリアは、数々の名画の巨匠を生み出し、今なお文化遺産や歴史的な芸術に触れられる、素晴らしい国です。今回の私の作品で、これまで美術史や芸術への関心がない人たちにも、気づきや関心を深めるきっかけとなってくれることを願っています」

Licensed material used with permission by Stefano Bolcato

関連する記事

LEGOとLevi'sの異色のコラボアイテムが10月1日に発売。シリコンパネルを搭載したアパレルアイテムなどポップなアイテムが並ぶ。
LEGO IDEASのプロジェクトから生まれた「LEGO × セサミストリート」が2020年目処に発売予定。
LEGO FORMAは、パーツを組み合わせて鯉やサメを組み立てる大人のLEGO。構成するパーツにギアのついた台座があり、動かすこともできます。
自分の履歴書を少しでも目を引くためにも、いろんな工夫をすると思いますが、アーティストであるAndy Morrisさんは自分自身のLEGOとそのパッケージを...
吸ったゴミがそのままゴミ箱に入る「吸っちゃうダストボックス」が発売。
子供の優しい気遣いのようなユーモラスなこの作品は、ドイツ人アーティストJan Vormannさんによるプロジェクト。ヨーロッパ、アジア、アメリカなど世界4...
「LEGO」を使って、実在する家のレプリカを忠実に再現するアーティストがNYにいる。WEBでの注文販売も受け付けていて、実際に家の図面、内装と外装を写真で...
「レゴジャパン」は、ミッキーとミニーのフィギュア組み立てセットを「レゴ ディズニーシリーズ」の新作として7月1日に販売開始。大人たちが“懐かさ”を感じるク...
先日、日本でも発売されたLEGO Technicシリーズ「ドゥカティ・パニガーレV4 Rセット」。根強いファンを持つ美しいイタリアンデザインのボディを忠実...
「レゴ」と「任天堂」のコラボ商品として、大人向けの「LEGO Nintendo Entertainment System」が発売。80年代のゲームシーンを...
そうめん専門店「そうめん そそそ」の新店舗「そうめん そそそ 研究室」が、渋谷ヒカリエにオープン。コンセプトは「そうめん研究室で自分好みのそうめんを研究し...
「アディダス」のアパレルライン「アディダス オリジナルス」は、現在、12年ぶりに復刻した「A-ZXシリーズ」を展開中。このたび発表された人気ブロック玩具「...
8月1日から販売されている、LEGOの「21318 Tree House」。2018年に同社が発表したサトウキビ由来のポリエチレン製ブロックを使っている新...
「レゴジャパン株式会社」から、インテリアとして部屋に飾ることが可能な「レゴ ボタニカルコレクション」が発売。アレンジ可能な「レゴフラワーブーケ」や緑の葉と...
「LEGO」が公開したプレイリスト「LEGO White Noise」には、さまざまなレゴブロックの環境音で構成された約30分の心地いいノイズ音が7種類用...
9月15日、「LEGO」が今後3年で最大4億ドル(約420億円)をサステイナビリティを実現するための取り組みに投資すると発表。2025年までには、すべての...
Stanely Bolland君は、レゴが大好きな男の子。ある日、FacebookでLEGOの模型製作の求人を目にします。手紙で応募したStanely君は...
デンマークにある自社マシンのうち6台を改造し、医療用フェイスバイザーを一日1万枚以上製造しているとか。
人気キャラクターやアート作品をブロックにした「大人のためのレゴ」が登場。組み立て時には、リラックスした趣味の時間が楽しめ、飾れば部屋に彩りを与えるインテリアに!
言わずと知れた、デンマークの定番ブロック玩具、レゴ。子どもの頃に遊んだ人も多いのではないでしょうか?国を超えて、老若男女問わず支持されているレゴですが、自...
「レゴグループ」と「イケア」は、8月27日、両ブランドのコラボレーションから生まれた遊び心あふれる収納ソリューション「BYGGLEK/ビッグレク」を発表。...
ブラックフライデーに合わせて、史上最大のサイズを誇るレゴブロックセットが発売された。「コロッセオ」という今回のレゴは、ローマ帝国のシンボルであるコロッセオ...
サンフランシスコ市長London Breed氏は、経済復興政策の一環としてアーティストに対する「ベーシックインカム」プログラムの開始を発表した。
サイボーグアーティスト「Moon Ribas」へインタビュー【vol.2】
2020年にサブスク解禁「してほしい」有名アーティストをまとめてみました!
アメリカを代表する美術館である「ロサンゼルス現代美術館(MOCA)」が、親交のあるアーティスト9人がデザインしたアートマスクを発売する。ヴァージル・アブロ...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
これからも進化していくバーチャルダンスパーティー「We Come In Peace」。ニューヨークを拠点にするアーティストTin NguyenさんとEdw...
歴史に残る名画に、“動き”をつけたらどうなるか?そんな疑問を、「モーフィング」という映像技術を使って再現してしまったのは、イタリア人映像作家Rino St...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...