歴史的な名画を「LEGO」で表現するアーティスト

もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。

ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで、ルネッサンスから近代のポップアートの肖像画に収まっているのは、お馴染みのLEGOのミニフィグたち。

01.
ミラノの貴婦人の肖像
(レオナルド・ダ・ヴィンチ)

54206a3effae57f09771f1e4bf21f530631fe095

02.
マリリン・モンロー
(アンディ・ウォーホル)

19ebda1be6200f9bdd207d775e4246507975734c

03.
自画像
(フリーダ・カーロ)

B0a033d83b010df4bf1ab45bfa3bea3e90a768f3

04.
ダンテ・アリギエーリの肖像
(サンドロ・ボッティチェリ)

Ed1f00f5bc326cd0f6766850cdcc674495daabd1

05.
ウルビーノ公夫妻の肖像/フェデリコ・ダ・モンテフェルトロの肖像
(ピエロ・デッラ・フランチェスカ)

2a2686da20081837d7105eea0e1f8deb5e73ce35

06.
ウルビーノ公夫妻の肖像/バッティスタ・スフォルツァの肖像
(ピエロ・デッラ・フランチェスカ)

Ac61f4da5b4e7eb2bc2341a1ff3b872de39fe749

LEGOをつかって
歴史的名画をもっと身近に!

これらの作品は、イタリアのサレルノの地方考古学博物館に企画展示されたもの。描いたのはローマ在住のアーティスト、ステファノ・ボルカートさん。

ボルカートさんの作風は「世界の社会問題や芸術を、LEGOの世界で表現して絵画にする」というもの。今回の作品は、あえてキャンバスに油絵具で描くというアナログな手法をとることで、LEGOというポップな素材と伝統的手法を融合させたそうです。

なぜなら、歴史的名画をもっと身近なアートとして気軽に親しんでもらい、文化遺産の保護について意識を高めてほしい、という願いから。

企画展の客足は好調で、LEGOという誰もが知っているおもちゃを題材にすることで、大人から子どもまで様々な世代の人や、普段はあまり芸術や文化遺産に関心がない人の足も向けることに成功したようです。

アートに関心がない人へ気づきを。

「私が住むイタリアは、数々の名画の巨匠を生み出し、今なお文化遺産や歴史的な芸術に触れられる、素晴らしい国です。今回の私の作品で、これまで美術史や芸術への関心がない人たちにも、気づきや関心を深めるきっかけとなってくれることを願っています」

Licensed material used with permission by Stefano Bolcato
自分の履歴書を少しでも目を引くためにも、いろんな工夫をすると思いますが、アーティストであるAndy Morrisさんは自分自身のLEGOとそのパッケージを...
子供の優しい気遣いのようなユーモラスなこの作品は、ドイツ人アーティストJan Vormannさんによるプロジェクト。ヨーロッパ、アジア、アメリカなど世界4...
Stanely Bolland君は、レゴが大好きな男の子。ある日、FacebookでLEGOの模型製作の求人を目にします。手紙で応募したStanely君は...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
つい先日オープンしたLEGOLAND Japanや、園内で提供されるLEGOポテトなど、なにかとあの組み立てブロックが気になる今日この頃。僕を含めて、周囲...
世界有数の名門校、英・ケンブリッジ大学が「LEGO教授」を一般公募!オモチャ好きには心躍るような話題を、科学系情報サイト「IFL Science」でMor...
「はじめて夢中になったオモチャが、LEGO®でした」。自分自身がそうだったという人もいれば、子供や兄弟、甥っ子や姪っ子が、時が経つのも忘れるほど遊んでいた...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
歴史に残る名画に、“動き”をつけたらどうなるか?そんな疑問を、「モーフィング」という映像技術を使って再現してしまったのは、イタリア人映像作家Rino St...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
言わずと知れた、デンマークの定番ブロック玩具、レゴ。子どもの頃に遊んだ人も多いのではないでしょうか?国を超えて、老若男女問わず支持されているレゴですが、自...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
まるで「海に漂うクラゲ」のようなガラスのアートを制作したのは、現在、イタリアのルッカを拠点に活躍するアーティストDaniela Forti。溶けたガラスの...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
アーティストLigia Fascioniさんは、ベルリンの壁が虐殺や差別、暴力などのネガティブな感情を思い起こさせるため「大嫌いだ」と言い切ります。だけど...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
ある匿名アーティストたちによる、フランス・ボルドーの歴史的建造物を、ビニール袋で埋め尽くすというインスタレーション。リサイクルだけでは、ゴミ問題を解決でき...
コロンビアのデザイナーによって新たに開発されたこの義肢。なんと、レゴのようにカスタマイズできちゃうのだとか。生まれつき肢体が不自由だったり、怪我で手足を失...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
仕事がうまくいかなかったり、大好きな恋人にフラれたり…。人生は何が起こるかわからない。良いことも悪いこともあるから心を複雑にさせる。でも、たとえ壁にぶつか...