「摩訶不思議な街」を生むアーティスト(7作品)

この街は、本物か偽物か?

結構、ギリギリのラインで攻めているな、という感想を持った。だって、世界にはこんな建築物があると錯覚させるほどに精巧なんだもの。さすがにビルが宙に浮いてる最後の写真は合成している感は分かるのだが。

デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しているのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画『インセプション』ばりの擬似空間をしばし堪能してみよう。

#1

#2

#3

#4

#5

#6

#7

摩訶不思議なVictorの作品をもっと見たい人は、Instagramをチェック。

Licensed material used with permission by Víctor Enrich
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
「宇宙飛行士が冒険するのは、宇宙だけなんて誰が決めたんだ!」とでも言わんばかりにあらゆる世界を旅するキャラクターは、まさに、神出鬼没。現実の世界に現れたと...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
バルセロナのショッピングモール「L'illa Diagonal」の25周年を記念して、同施設の屋上に設置されたアート。ワイヤーメッシュで創られたそれは、角...
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
Denver Art Museum(デンバー美術館)で現在展示されているJonathan Saizさんのアート作品が話題。1万もの小さな絵から成るこの作品...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...
サッカー観戦や世界遺産巡りももちろんいいけれど、みなさんはバルセロナの街並みを上から見下ろしたことはありますか。ひとりの写真家が上空から撮影した、芸術的す...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
部屋、衣装、小物などに使われている色は1色。単色で統一された写真シリーズ「Colors」で独特な世界観を完成させたのは、ボストンをベースに活躍するフォトグ...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
かつての労働市場を支えた街、大阪・新今宮は、労働者の高齢化などによって衰退。それから数十年の時を経て、多国籍の人々が暮らすニューヨーク・ブルックリンのよう...
Twitterのツイートを額に入れてアート作品として販売する会社がある。売れ筋の作品は、Donaldo Trump氏やKanye West氏のウィットに富...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
銀が溶け出すようなアートは、イタリアを拠点とするAlessandro Pagliaさんによるもの。何本ものペンを使いこなして、現実とはかけ離れた作品を作り...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...