冒険が好きすぎる「宇宙飛行士」に、ツッコミたくて仕方ない

「宇宙飛行士が冒険するのは、宇宙だけなんて誰が決めたんだ!」

とでも言わんばかりにあらゆる世界を旅するキャラクターは、まさに、神出鬼没。現実の世界に現れたと思えば、絵画や空想といった非現実の世界にも…。縦横無尽に闊歩してやがる。

しかもこいつは、どこだってやりたい放題。奇想天外な行動は、つっこみどころ満載!

まずは、水の都ベニスから
いや、それ、漕ぎにくいやろ(笑)

で、パリの凱旋門
クールなポーズでキメちゃってー!

おっ、北斎先生の浮世絵ワールドやん
ダフト・パンクでも目指してんの?

カイロ?炭鉱?ん、あの有名なキャラも?
お前さん、一体、どこにおるん!?

お年寄りにからむのは、やめなさい!

人を追いかけまわすのも、やめなさい!

いいかげんにしぃーや!
はよ、その火炎瓶、置き!!

真っ昼間っから、何やってんねん!(笑)

ここ無重力ちゃうで!
アホウドリも「アホや」と思ってんで

なぁ、自分、何したいん(笑)?

ホンマ、何したいん(笑)!?

お前さんのことが、やっぱり分からん…
シカたないか

どこ登ってんねん!

何かわからんけど、シュールやな…

デカなっとる。もう、ええわ!(笑)

シュールで摩訶不思議なイラストを描いたのは、アーティストのTom Colbie。作品を見てもよく理解できないので、本人に直接、質問をしてみた。

Q:宇宙飛行士シリーズのコンセプトは?

A:僕の作品にコンセプトはないよ。

Q:じゃ、何で、宇宙飛行士だったの?

A:6年前から、ただ楽しくて描いてたんだ。その後、キャラがどんなとこにいてもインパクトをもたらすってことに気づいてね。

Q:作品を見た人々には、どんな気持ちになってもらいたい?

A:シュールさと夢のような雰囲気を感じてもらいたいね。

「コンセプトがない」と言い切るところもまた興味深い。描いているイラスト以上に、本人もシュールで摩訶不思議。でも、描きたいから描くというのは、アーティストとして正しい欲求なのかもしれない。

これは1人のアーティストにとっては小さな1歩だが、アート界にとっては偉大なる飛躍である。

Licensed material used with permission by Tom Colbie
日進月歩で研究が進み、ますます宇宙への進出が現実を帯びてきました。とはいえ宇宙に出るには当然、特別な訓練が必要です。今までは選ばれた数少ない宇宙飛行士しか...
イラストレーターのThomas Duboisが描くのは、「宇宙の先」を考えさせるリアルな物語。国際宇宙ステーションが爆発し、無重力空間を漂うこととなった宇...
340日間に及ぶ宇宙への長期滞在を終え帰還した、宇宙飛行士のスコット・ケリー氏。アメリカ人宇宙飛行士として最長滞在記録を更新し話題になりましたが、そのカラ...
宇宙に行きたい人、手をあげて!2015年12月14日、NASAが「求人募集」を開始します。どうやら火星探査に必要な300名以上の宇宙飛行士を集めようとして...
数多くの候補者のなかから、特別に優秀な人材だけがそのチャンスを掴むことのできる職業、それが宇宙飛行士。地球を遥か離れた宇宙に飛び立つのは、人類の中でもほん...
地球からおよそ400キロ上空を飛行する、国際宇宙ステーション(ISS)。その内部を映し出した映像が、NASAによって公開された。およそ18分間の4K動画は...
2015年9月。「1年計画」に挑戦している宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで生活を始めてから半年ほどが経ちました。以下の画像は、長期間宇宙で生活するってど...
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
2018年に民間人2人を乗せたロケットで、月周回計画を行うと発表したスペースX。夢の未来が着実に近づいている感触はあるんだけど、それでもまだまだ先の話。け...
宇宙旅行は、かつて宇宙飛行士のみに許された特別なものでしたが、現在旅行会社がプランを取り扱うなど、民間人にも夢ではなくなって来ました。今度は「宇宙ホテル」...
2015年8月11日、NASAの公式ホームページに発表されたのは、宇宙飛行士スコット・ケリー氏が8月10日に撮影し、ハッシュタグ「#GoodMorning...
史上初の試みです。日本時間4月27日(木)午前2時30分頃より、地球から250マイル(約400キロメートル)離れた国際宇宙ステーションから、4Kの最高画質...
「NASA」が宇宙などで撮られた写真や動画、音声ファイルを検索し、ダウンロードできるサイト「NASA Image and Video Library」を新...
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
誰もが一度は見たことがあるだろう「地球の出」と呼ばれる写真。これは、アポロ8号に搭乗していた宇宙飛行士が、ほぼほぼ偶然に撮影したものだった。しかしこれがキ...
ロシアのソユーズロケットに乗って宇宙を旅した、高知県ひまわり乳業の乳酸菌。その子孫たちを使って作られたグミ、その名も「宇宙のグミ」を紹介する。商品開発の経...
 NASAが一般に公開している「Visible Earth」は、おもに衛星から地球を撮影した画像や観測データを情報収集して、アーカイブしたもの。もちろん、...
そんな“果てしないロマンチック”から生まれた逸品を紹介しましょう。この「宇宙醤油」は、確かめようのない思いつきがキッカケとなり、YK STORESが開発し...
宇宙ステーションの乗組員53名のために、シェフたちが無重力空間でのPIZZA作りにチャレンジしました。ほんとうに大丈夫?
夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自分で元に戻すのは難しいものです。自力だと大変ならば、プロの技術に頼ってしまいましょう。「NA...