宇宙飛行士のためにつくられた「3つの香り」

どんなにクサいと思っても、5分後には僕たちの鼻はそれに慣れている。柔軟剤や香水を変えたときにイイ香りだと感じても、すぐに“無臭”になっている。

Ani Liuさんがつくる香りは、私たちがもっとも慣れ親しんだものであるがゆえイメージすら湧いてこない。だけど、宇宙飛行士にとっては大きな意味があるようだ。

「最愛の人」と「実家」
そして「大地」の香り

当然ながら、宇宙飛行士は地球の大気圏から離れ、無重力空間での生活を強いられる。つまり彼らは、一時的に“地球の香り”を感じていないことになる。

「もっと頻繁に宇宙に行けるようになって、大気圏の外で暮らせるとしたら、私たちが知っている地球の記憶はどうなるのでしょうか?」

Aniさんは多くの人に地球とのつながりを大切にして欲しいと考えた。

そして、まずは宇宙飛行士のために「最愛の人」と「生まれ育った家」、「大地」の匂いがする3種類の香水を作ろうと決意。

© Steve Boxall

実際に宇宙に持っていける香水はあるのか?どうやって持続的に香りを放つ仕組みをつくるのか?好きなときに匂いを嗅ぐにはどうしたら良いのか?

Aniさんは、「MIT Media Lab Space Initiative」と「International Flavors and Fragrances (IFF)」の協力を得て、これらの課題を解決していった。

© Ani Liu

長い時間を費やして導き出したのが、ダイヤル式で3つの匂いを嗅ぎ分けられるネックレス型のアイテムだ。液体ではなく、香りを放つ小さな玉が入っている。

現時点では確かに宇宙飛行士向けの製品。しかしAniさんは、一般人が月や火星に行けるようになる未来を見据えている。

今はまだ“無臭”だと考えられている匂いも、多くの人が恋しく思う日が来るのだろうか。

Top photo: © Steve Boxall

関連する記事

9月30日、「NASA」が宇宙から投票する方法を公開した。宇宙飛行士たちは、軍に従事する人やその家族と同様、不在者投票を申請する必要がある。そして、宇宙ス...
宇宙飛行士アン・マクレーン氏が、狭い空間でポジティブにかつ生産的に生活するヒントをTwitterに投稿。「NASA」の心理学者による研究をベースに、5つの...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
もともとは宇宙飛行士のトレーニングの一環として、出発前の宇宙飛行士たちに宇宙の香りに慣れてもらうために作られた「NASA」謹製のフレグランス「Eau de...
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
無重力の宇宙空間での長期滞在に欠かせない筋肉維持のためのエクササイズは、1日2.5時間×週6回。ハーネスや圧力を使った筋トレ機材で、地球とはひと味違う。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ザ・クラフトカレー」はフレーク状になったカレールウで、水に溶かしてレンジで3分加熱すれば本格的なおうちカレーが完成する。フレーク状なのでチキンにまぶして...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。