欧州宇宙機関「身体障害者でも宇宙飛行士として応募可能に」

「欧州宇宙機関(ESA)」が11年ぶりに宇宙飛行士の採用活動を開始。今年からは多くの女性身体障害者の採用を積極的におこなうことを発表した。

宇宙機関が身体障害者にすべての分野の申請を認めたのは、今回が初めてとのこと。

採用の方針を決めるにあたって、ESAは「国際パラリンピック委員会」と協力して分類リストを作成。

身体障害の特性やレベルを「赤色:現在ある仕事を実行することが難しい」「黄色:いくつかの調整または今後の技術革新次第で仕事が実行可能」「緑色:現在ある仕事を遂行可能」の三段階で分類しているという。

事務局長のヤン・ワーナー氏は今回の決定について「これまでよりも遠くまで行くためには、これまで以上に視野を広く構える必要がある」と語り、多様性の実現を重視する考えを示した。

とても厳しい募集条件と採用後のテストでも知られる宇宙飛行士への道のりが、依然厳しい道であることに変わりはない。

それでも、その門戸がより多くの人に開かれるのは、夢を叶えることが難しかった人々にとって嬉しいニュースであることに間違いないだろう。

Top image: © iStock.com/eclipse_images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
9月30日、「NASA」が宇宙から投票する方法を公開した。宇宙飛行士たちは、軍に従事する人やその家族と同様、不在者投票を申請する必要がある。そして、宇宙ス...
宇宙飛行士アン・マクレーン氏が、狭い空間でポジティブにかつ生産的に生活するヒントをTwitterに投稿。「NASA」の心理学者による研究をベースに、5つの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
もともとは宇宙飛行士のトレーニングの一環として、出発前の宇宙飛行士たちに宇宙の香りに慣れてもらうために作られた「NASA」謹製のフレグランス「Eau de...
日進月歩で研究が進み、ますます宇宙への進出が現実を帯びてきました。とはいえ宇宙に出るには当然、特別な訓練が必要です。今までは選ばれた数少ない宇宙飛行士しか...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月27日(土)の20時30分から、世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR」が実施。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。