世界初、民間の「宇宙飛行士訓練センター」

日進月歩で研究が進み、ますます宇宙への進出が現実を帯びてきました。とはいえ宇宙に出るには当然、特別な訓練が必要です。

今までは選ばれた数少ない宇宙飛行士しかそのトレーニングを受けられませんでしたが、その現状を大きく変える施設の建設が始まっています。

2019年、イギリスに。

宇宙飛行士向けトレーニングセンター「Blue Abyss」が、2019年にイギリスにオープン予定です。

今まで宇宙飛行士のための訓練センターは、アメリカのジョンソン宇宙センターやロシアのガガーリン宇宙飛行士訓練センターなど、国営のものしか存在しませんでした。しかしこれは、世界初の民間施設。世界中から注目が集まっており、各国の研究機関や企業とも提携して運営される予定です。

1億2,000万ポンド(約175億円)の費用を投じ、イギリス・ベッドフォード州の英国空軍跡地に建設されます。

施設の中には、微小重力環境や高重力環境などに慣れるための訓練設備や、世界最深50mのプール(宇宙空間での作業環境に近い環境を実現するための深さだとか)などが完備される予定。ちなみに巨大プールは、深海探検家やダイバーの訓練施設として、また深海におけるロボットのテスト現場としてなど、幅広く活用される予定です。

会議室や120室の宿泊施設も完備され、長期にわたる研究や訓練でも快適に過ごすことができるよう配慮されています。

イギリスは「Blue Abyss」の建設を受け、世界の宇宙産業における同国の存在感を、2030年までに10%まで上げることを目標に掲げています(※2009年時点では6%)。また2017年6月には『宇宙産業法案』を提出。この法案が可決されれば、宇宙港の建設、垂直ロケットの打ち上げ、宇宙飛行機のライセンス取得のための権限が与えられます。

宇宙開発は今後、イギリスの産業の大きな一部分を担っていくのかもしれません。

Licensed material used with permission by Blue Abyss

関連する記事

宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
9月30日、「NASA」が宇宙から投票する方法を公開した。宇宙飛行士たちは、軍に従事する人やその家族と同様、不在者投票を申請する必要がある。そして、宇宙ス...
宇宙飛行士アン・マクレーン氏が、狭い空間でポジティブにかつ生産的に生活するヒントをTwitterに投稿。「NASA」の心理学者による研究をベースに、5つの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
イラストレーターのThomas Duboisが描くのは、「宇宙の先」を考えさせるリアルな物語。国際宇宙ステーションが爆発し、無重力空間を漂うこととなった宇...
無重力の宇宙空間での長期滞在に欠かせない筋肉維持のためのエクササイズは、1日2.5時間×週6回。ハーネスや圧力を使った筋トレ機材で、地球とはひと味違う。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
テレワークスペースのシェアサービス「テレスペ」が先月26日に開業した「デニーズ幡ヶ谷店」の店内でのワークスペース提供の実証実験を開始した。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...