空間

2016年は「VR元年」とも呼ばれ、一般家庭でも楽しめるようになったり、様々なイベントも開催されるなど、と一気に話題も増えました。現在のVRは視覚が中心で...
小さな空間を贅沢な別荘にするために、オーナーである建築家が考えた工夫とは?今回は、巻き上げ式ベッドや折りたためるテーブルなどの巧みなアイデアで、スペースを...
東京都杉並区でユニークな家を発見しました。びっくりするくらいにうすいんです!この住宅を設計した水石浩太建築設計室に連絡をすると、その理由が分かりました。な...
家にいながら、たくさんの植物に囲まれて、心地よいハンモックの上で寛ぐ。こんな部屋にいたら、めいいっぱい深呼吸をして、爽やかな気分で1日を過ごせるんだろうな...
写真で見るだけでも、どこまでが壁なんだかがわからない……建物の中ということを忘れてしまいそうな空間です。
あの人が隣にいてくれる気がしました。
「ホテルのような部屋」というのは、憧れの空間を表現する際によく使われる。意訳すると、“できるだけ生活感のない空間。だけど、かしこまっているわけでなく、落ち...
千葉県市原市の「ふくます幼稚園(学校法人三和学園)」に、あたらしい付属施設が完成した。その名も『フクマスベース』。全体をディレクション、コーディネートした...
自分の居場所と外の世界を隔てる「窓」。その向こうに何が見えますか?
モノや情報に溢れる現代社会。何かを手に入れることよりも、手放すことの方が難しかったりします。あなたの家は、ついつい買ってしまったモノで溢れていませんか?じ...
「Airlander 10」は最大5日間も空を飛び回れる航空機です。
ジョージアの首都トビリシにあるホテル「Stamba Hotel」は、旧ソ連時代、国内初の共産主義の新聞を刊行したこともあるという印刷会社でした。当時の素材...
壁に向かって、ということなら話しは別だけど、それにしたって視界にはいろんな情報が入ってくる。たとえそれが自分の家だったとして。じゃない?
プログラマやエンジニア、建築家など、さまざまなスペシャリストで構成されたウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」。アート・サイエンス・テクノロジーの境界線...
誰しも、ひとりになりたい時がある。じっくり考えごとをしたいとき、仕事に集中したいとき、読書に没頭したいとき──。自分の部屋に閉じこもるのも手だが、ここで知...
たくさんの本に囲まれて暮らしたい。そう願う人はとても多いことでしょう。一冊、一冊、大切に集めてきた、本のコレクション。どのように収納すれば、読書空間は、よ...
目の前に現れるのは、ちょっと不思議で楽しいシェフたち。見て、驚いて、味わえる。これまでにない“特別な体験”が、いま始まろうとしていますーー。身長わずか5c...
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
新生活がはじまりに、こだわりたいのは。