外観から想像できないほどに広々とした空間を持つ家です

東京都杉並区でユニークな家を発見しました。

びっくりするくらいにうすいんです!この住宅を設計した水石浩太建築設計室に連絡をすると、その理由が分かりました。なんでも、ここは、川と道が鋭角に交わった三角形の敷地であり、様々な制約の中でプランニングされたとのこと。

でも、さらにびっくりしたのが、その室内空間。写真を見せてもらうと、想像もできないくらいに広いんです。

開放感あふれる室内空間

D48fddaaf0d705cd4a553b4767f2e91b46eba64e
Photo by 谷川ヒロシ

ご夫婦と小さな女の子。三人が住んでいる居住スペースには、住みやすそうな工夫が随所に見られます。

■ダイニングキッチン

388355edcb95f0a0ed34b7060493ee314760ab8f
Photo by 谷川ヒロシ

階段を上がり二階へ。三角形の底辺にあたる平面的に一番広いスペースにダイニングキッチンはありました。屋根に向かって広がる天井の高い空間は、とても気持ちがいい!

■リビング

F26836214cfd3acb512b45ac08e6bfe86afd7b49
Photo by 谷川ヒロシ
E38fb58f625b705a98651d9ff8d59d9f585aa746
Photo by 谷川ヒロシ

建物の中央部は、天井が低くなっていますが、その両側の壁は、全面が窓。片側の窓を開ければ外側のベランダとつながります。内と外の境界がなくなると一気にオープンに。これは、リラックスできそう。

■予備室

7b52d33aec9ce09446976415e32b313562934a3c
Photo by 谷川ヒロシ
6741eed4849b26e694d38157b06b0a273810dd99
Photo by 谷川ヒロシ

三角形の頂点にあたる空間。大きな窓からの明るい光が、開放感を与えてくれます。予備室からの眺めは、仕切りがない分、かなり縦に距離がある印象に。しかも、この空間の真下が駐車場となっているのもポイント。

■ロフト

872b6fad6fc1fe63a9e69c09b7758e7b3d8b3cbf
Photo by 谷川ヒロシ
Fc933532916c626c1508e072b570eadbe2dfe120
Photo by 谷川ヒロシ

建物の中央上部には、ロフト。そこには、2つの大きな天窓が設置されています。川を見下ろしたり、空を仰ぎ見ることも!ロフトの奥は、ダイニングキッチンとつながっているので広々と感じられます。

外観からは…
やはり想像できない

0783b7eca0142dba6576b7431bd931457dfb6034
Photo by 谷川ヒロシ

このギャップ、スゴいですよね。

外観からは、いくら想像力を膨らましても、広々とした室内を想像することはできません。

限られた土地で豊かに暮らす。そこはアイディアで解決できるんですね。もし、将来、家を建てるなら、是非、参考にしたいと感じました。

Licensed material used with permission by 水石浩太建築設計室
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
ダン、ダン、ダン。まるで、積み木を重ねたようなシンプルな構造。じつは、これは立派な家。いや、見た目以上に機能的な家なのだ。3つのリビングユニットは、それぞ...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
「家」のもつ意味を探求するために、アーティストのSejkko Eriはカメラで撮り続ける。ほとんどがポルトガルの家だけど、時にはマドリード島で撮影すること...
JR中央線の武蔵境駅からバスで10分ほどの郊外に突如として現れる、色鮮やかな円筒と球体・立方体を組み合わせたアーティスティックな建築物。一見するとテーマパ...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
ジャカルタから少し南にあるこの家。2006年より政府の住宅プロジェクトとして未来の住むこと、働くこと、誰かに会うことを考えて改築されてきました。人口が増え...
あまりにクリエイティブなデザインをしているこの家。奇抜な形は、輸送コンテナをつなぎ合わせたものだからだそう。まだ着工には至っていなく、2018年からプロジ...
冷暖房をそれほど使わなくても、夏も冬も快適な家がつくれるとしたら? ドイツで生まれた「パッシブハウス」とは、省エネで快適な家づくりを目指す、サステナブルな...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
日当たりが悪いなら、家ごと回転させてしまえばいいという発想の建築物が登場した。この「Devon Haus」の構造は、ボタンを一押しするだけで、家全体が36...
これは、メキシコのデザイナー、Juan Carlos Ramos氏が描いたモダンなピラミッド形住宅のコンセプト。ビジュアルインパクトがかなり大ですが、住み...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
デザインスタジオ「town.and.concrete」が発案した木を伐採せずに建てられるシリンダー型ハウス。フランスのリヨン近くにある森に建てること考えた...
ソウルの仁川(インチョン)国際空港近くにある新開発エリア。そこにユニークな家が誕生した。その名も、「FLYING HOUSE(空飛ぶ家)」。ちなみに、この...
ニューヨークの夫婦の要望に応え、デザイナーがリノベーションした物件。シャイで好奇心旺盛な愛猫のために、専用通路や仕掛け扉を設けたうえ、たくさんの本を収納で...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
レバノンに大きな住宅革命が起ころうとしている。「Lifehaus」と名づけられた家は、100%の自給自足を目指しているのだ。電気、水、食料…といったライフ...