世界を変えようとする美術家の佇まいは、まるで哲学者のようだ。

2008年、ニューヨークのイースト川に4つの滝をつくった男がいる。彼の名前は、オラファー・エリアソン。このデンマークの現代美術家は、21世紀の現代アートに最も影響をおよぼす1人として知られている。

オラファーの作品は、光や空間、水、鏡、霧、影という自然現象や素材を巧みに使い、常に鑑賞者の知覚に問いかけながら「体験」を創出するインスタレーションが特徴だ。ここでは、そんな彼の素顔に迫るドキュメンタリー映画『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』を紹介していこう。

制作費17億円のアート作品

55ヵ国、140万人以上が目撃したと報告されている「ザ・ニューヨーク・シティ・ウォーターフォールズ」。高さ最大36mから毎分13万リットルの水が流れる滝は、オラファーのパブリックアートでも最大規模だそうだ。

「ニューヨークという巨大な空間に見合う作品を作りたい」という意志のもと、2年もの歳月をかけて制作されたらしい。じつに制作費は約17億円、その経済効果は75億円以上とも言われている。

人は世界を変えることができる

本作品は、メインとしてニューヨークの滝プロジェクトを取り上げているが、オラファーの哲学、生き方、そして、世界中を飛び回るプライベートな姿なども収録されている。

日本にほぼ文献がないとされるオラファーの芸術論に触れるだけでも、観る価値はあると言える。

「アートは世界を変える一つの手段であり、人は世界を変えることができる」という言葉をはじめとして、随所に散りばめられた芸術論や理論はとてもユニーク。アーティスト自らの言葉を使って観客に語りかけるスタイルに、いつの間にかのめり込んでしまうことだろう。

『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』
2017年8月5日(土)よりアップリンクほか全国劇場ロードショー。公式サイトはコチラ

© Jacob Jørgensen, JJFilm, Denmark

Licensed material used with permission by オラファー・エリアソン 視覚と知覚
他の記事を見る
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
オラファー・エリアソンが手がけた、デンマークの投資信託会社Kirk Kapitalのオフィスです。
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
都会の真ん中で緑に癒される焙煎カフェも併設した南青山の話題スポットSHARE GREEN MINAMI AOYAMA〒107-0062 東京都港区南青山1...
身近にあるものを使って色を紹介するインスタ「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
さくら剛さん著『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』は、青年ひろが、とっつきにくくて分...
あこがれの街。
2月の「Black History Month」に合わせて、アメリカで発表されたAdidasのコレクション。それに対して、SNSを中心に多くの疑問の声が上...
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
12年以上ニューヨークの街中を歩き回り「偶然が重なる錯覚的な瞬間」を写真にしてきたというJonathan Higbee。誰も意識していない瞬間だけど、だか...
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
今では「近代絵画の父」と呼ばれる画家ポール・セザンヌ。その作品は、世界中の名だたる美術館に所蔵されている。しかし、現在の不動の評価を得たのは、没後のことだ...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.46
「バンクシー」は、世界的に有名なストリートアーティストとして知られています。その正体は誰にもわかりませんが、公共物を扱う非合法のアートが多いなか、作品に込...
「モダン・ダンスの祖」と呼ばれる女性がいる。19世紀末のパリ社交界でトップスターの座に上り詰めて、のちのダンス界に多くの影響をもたらしたロイ・フラーだ。鮮...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.45
あなたは「哲学」と聞いてどんなイメージを浮かべますか?堅苦しくて、役に立たない、頭の良い人たちが勉強しているもの…様々な意見があると思いますが、共通して言...
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.49