世界を変えようとする美術家の佇まいは、まるで哲学者のようだ。

2008年、ニューヨークのイースト川に4つの滝をつくった男がいる。彼の名前は、オラファー・エリアソン。このデンマークの現代美術家は、21世紀の現代アートに最も影響をおよぼす1人として知られている。

オラファーの作品は、光や空間、水、鏡、霧、影という自然現象や素材を巧みに使い、常に鑑賞者の知覚に問いかけながら「体験」を創出するインスタレーションが特徴だ。ここでは、そんな彼の素顔に迫るドキュメンタリー映画『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』を紹介していこう。

制作費17億円のアート作品

55ヵ国、140万人以上が目撃したと報告されている「ザ・ニューヨーク・シティ・ウォーターフォールズ」。高さ最大36mから毎分13万リットルの水が流れる滝は、オラファーのパブリックアートでも最大規模だそうだ。

「ニューヨークという巨大な空間に見合う作品を作りたい」という意志のもと、2年もの歳月をかけて制作されたらしい。じつに制作費は約17億円、その経済効果は75億円以上とも言われている。

人は世界を変えることができる

本作品は、メインとしてニューヨークの滝プロジェクトを取り上げているが、オラファーの哲学、生き方、そして、世界中を飛び回るプライベートな姿なども収録されている。

日本にほぼ文献がないとされるオラファーの芸術論に触れるだけでも、観る価値はあると言える。

「アートは世界を変える一つの手段であり、人は世界を変えることができる」という言葉をはじめとして、随所に散りばめられた芸術論や理論はとてもユニーク。アーティスト自らの言葉を使って観客に語りかけるスタイルに、いつの間にかのめり込んでしまうことだろう。

『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』
2017年8月5日(土)よりアップリンクほか全国劇場ロードショー。公式サイトはコチラ

© Jacob Jørgensen, JJFilm, Denmark

Licensed material used with permission by オラファー・エリアソン 視覚と知覚

関連する記事

オラファー・エリアソンが手がけた、デンマークの投資信託会社Kirk Kapitalのオフィスです。
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
2月18日、ニューヨークシティの人権委員会は、髪型に対する差別を禁止すると発表しました。個性を大切にするアメリカですが、これは初めての取り組みです。
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
11月22日、世界的アーティスト「草間彌生」の半生を追ったドキュメンタリー映画「草間彌生∞INFINITY」が公開となる。
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
さくら剛さん著『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』は、青年ひろが、とっつきにくくて分...
ハドソン川沿いで今、ニューヨーク最大規模と言われる再開発が話題となっています。それが「ハドソンヤード」。注目を集める一方で、地元住民は複雑な思いを抱えてい...
6月3日に登場した有料サブスクリプション「Twitter Blue」では、新たにBookmark Folders(ブックマークフォルダ)、Undo Twe...
あこがれの街。
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
ニューヨークの地下鉄の車内で、突如カップルが卓球を開始!周囲の乗客はあ然……。その様子が映った動画がTwitterで話題に。
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
アメリカを代表する美術館である「ロサンゼルス現代美術館(MOCA)」が、親交のあるアーティスト9人がデザインしたアートマスクを発売する。ヴァージル・アブロ...
創刊75年の老舗美術誌『美術手帖』が、今月21日(月)より有料会員記事「美術手帖プレミアム」の発信をスタートした。
大都市ニューヨークのイースト川にプカプカと浮く、新感覚の公営プールが構想中。その名も「+ POOL」。普段は喧騒としているニューヨークの街並みを横目に優雅...
世界最古のシャンパーニュ メゾン「ルイナール」とブラジル出身の現代アーティストVik Muniz(ヴィック ムニーズ)とのコラボレーション作品が代官山「K...
11月25日、「Netflix」がニューヨークにある劇場「Paris Theatre」とリース契約を締結したと発表。
人生は「食べること」と「芸術活動」だそうです。
音楽フェスや各種企業プロジェクトなどに自身の作品提供を行っているDaniel Popperさん。スチールや木材、ロープ、トイレットペーパーの芯などを使って...
この夏、ニューヨークへ行くならソーホーに立ち寄ることをオススメ!というのも、今、8月18日までの期間限定で「Ocean Cube」というエキシビションが開...
「フェルトの女王」の異名をもつ現代美術アーティスト、Lucy Sparrowによるインスタレーション作品が人気だ。
12年以上ニューヨークの街中を歩き回り「偶然が重なる錯覚的な瞬間」を写真にしてきたというJonathan Higbee。誰も意識していない瞬間だけど、だか...
ニューヨークにある国連本部の敷地内に設置されたベンチ「The Best Weapon(ザ ベスト ウェポン)」。これ、訳すと「最強の武器」という意味。「外...
今では「近代絵画の父」と呼ばれる画家ポール・セザンヌ。その作品は、世界中の名だたる美術館に所蔵されている。しかし、現在の不動の評価を得たのは、没後のことだ...
金魚に魅せられ、創作を続けてきた現代美術家「深堀隆介」の創作展「金魚愛四季(きんぎょいとしき)」が「そごう横浜店」で開催中。平面である絵画と立体作品の境界...
TABI LABOのYouTubeチャンネルで楽しめるコンテンツを紹介。登録しなきゃもったいない!
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...