オラファー・エリアソン 視覚と知覚

2008年、ニューヨークのイーストリバーに4つの滝をつくったオラファー・エリアソン。その作品は、光、空間、水、鏡、霧、影という自然現象や素材を巧みに使い、...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
オラファー・エリアソンが手がけた、デンマークの投資信託会社Kirk Kapitalのオフィスです。
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
Apple Watchに匹敵する、ウェアラブルデバイスの大発明かもしれません。目の不自由な人に向けたスマートウォッチが、ついに実用化。盤面に空いた穴から飛...
美しさをどう捉えるのかは、人それぞれ。でも、目が見えない人たちにとっての「美」って、どんなものなのでしょうか。ここでは彼らの語る想いを紹介します。
視覚障害を抱えるスケーターJustin Bishopさんがトリックを決められるように、イノベーションラボ「Not Impossible Labs」とオンラ...
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
ヘッドセットに高速高解像度カメラが埋め込まれていて、ユーザーはディスプレイに映し出された画像を見ることができます。手持ちのコントローラーで、コントラストや...
初対面の相手を見極める時、視覚に頼るのは否めない事実。しかし、目に見えているものは真実なのか?実力派俳優として評価の高いマイケル・ファスベンダー主演のショ...
たった10秒の間に、画像の中で起こった変化を見抜けますか?ここで紹介するのは、クリエイターに大人気のwebメディア「CREM」とTABI LABOが共同制...
人間の目は、世界をそのまま見ているわけではありません。目から入ってきた光の刺激は視神経を通り、脳に伝達され、はじめて何らかの像を認識します。つまり「脳の認...
これまで見たこともないくらい、ポップでスタイリッシュな「だまし絵」が登場。目の錯覚を引き起こすのは、複雑な描写だけじゃないんですね。このまま額装すれば、部...
夏のジメジメした暑さはなんとも言えない心地悪さ。シャワーを浴びてもすぐまた汗をかいてしまいどうすればいいのか…。だったら視覚から涼んでみない?水を浴びせら...
目が見えなくても映画を楽しめることを伝えたい!松田高加子さん。視覚障害のある人が映画を楽しむ時の補助ツール・音声ガイドの制作を手掛けている「虹とねいろプロ...
シンガポール国立大学の研究によって開発された「Vocktail」は、視覚と嗅覚、味覚を操ることで、ただの水でもカクテルを味わったような感覚にさせるのだとか。
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
相手が笑顔なら、自然と自分も笑顔になりますよね。でも、視覚障がいがある人にとっては、相手が笑っているのかどうかに気づけずもどかしい思いをすることも。そんな...
ドイツのインターフェイスデザイナー、シモーネ・シュラムさんが開発したのは、ストレスレベルが目に見える「ボール」。センサーによって皮膚から情報を得て心理的な...