ビキニ姿の女性?それとも怪しいおじさん?どっちに見える?

これまで見たこともないくらい、ポップでスタイリッシュな「だまし絵」が登場。目の錯覚を引き起こすのは、複雑な描写だけじゃないんですね。このまま額装すれば、部屋を彩るインテリアにもなりそう。

01.
ビキニ姿の女性?
それとも顔に見える?

1082103982

02.
シルクハット?それとも
逆さまに落ちていくバケツ?

1082104010

03.
タバコの煙?それとも
女性のアンダーヘア?

Cigarette_Hair_Pussy

04.
ボーリングのピン?
それとも足跡?

1082104036

05.
髪型?いや、
もしかして横顔?

1082104063

06.
これ、ネクタイ?
それとも万年筆?

1082104130

07.
テトリス?
もしかして卓球ゲーム?

1082104152

08.
これ、目かな?
いや、魚でしょ?

1082104103

09.
大変、UFOだ!
うそ、怪傑ゾロよ

1082104175

10.
おっぱいに見える?
それとも、おばあちゃん?

Tit_granny

知覚における現象のひとつに「錯覚」があります。当然、こうだ!と思って見えていた全体像のイメージから、全体性が失われると、とたんに違うイメージが浮かんでくる。人間の知覚は個別な要素によるものじゃなくて、全体的な枠組み(ゲシュタルト)で捉えているんだそう。

この、ゲシュタルト心理学にインスパイアされたFabio D'Altilia氏。これまで私たちが目にしてきたどの絵よりも、数段オシャレな「だまし絵」をデザインしました。それもそのはず、彼女の本業は、国際的なデザイン広告代理店の代表であり、アーティスト。彼女の個人サイトには、スタイリッシュなだまし絵が他にもたくさん!

Licensed material used with permission by Fabio

円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
メガネがよく似合うイラストレーターのMattias Adolfssonさんは、自分をキャラクターにした世界で好きなことに没頭。絵の中で、まるで探検家のよう...
水が入ったビニール袋のように見えて、実はこれ絵なんです!……そんなスーパーリアリズム作品なら、もうお腹いっぱい。
一見、単純に見える世界も、人の心も、可能性も、別の何処かへと続く奥行きみたいなものがあって、一筋縄ではいきません。イタリア人アーティストAndrea Uc...
これは、アメリカとニュージーランドのメディアが報じていた珍事件。思わぬ方向に展開しちゃいました。
自慢の一張羅を着るおじいちゃん。お気に入りのアクセサリーを身につけるおばあちゃん。シニア向けクラブ「The Posh Club」に参加している人たちは、年...
これは、7月26日にスウェーデンの警官ミカエラ・ケルナーさんが、自身のInstagramに投稿し、世界中で話題になっている画像です。非番だった彼女は、友人...
「女心は秋の空」とは変わりやすい秋の空模様のように、女性の気持ちは移り気ということを上手に表現したことわざですが、その言葉通り、意中の女性の気持ちが全くわ...
女性のあるあるって、乙女心も絡むから男性にはないものが多い。中には「わかる〜」と頷きクスっとなってしまうものも。女性だからこその特徴的な出来事をイラストに...
左右対称に黒いインクを垂らして描かれた不明瞭な絵。そこから見えたものをもとに判断する「ロールシャッハ・テスト」が、実際に精神科で心理測定として使われていま...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
男の人には決してみせない女性の本当の姿があえて描かれているイラスト。女性だったら思わず共感してしまう要素がたくさん。ただ、男性はあまりショックを受けないで...
どこまでもトリッキーな絵を生み出すのは、イギリス生まれのアーティストJulian Beeverさん。パフォーマーでもある彼は、自分とイラストが一体になるこ...
欧米では古い建物を壊すのではなく、中をリノベーションして長く使用します。アメリカ、特にニューヨークでは第二次大戦前に作られた建物や不動産を「Pre-war...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
タイトルでいきなり種明かしをしたのは、それと分かっていてもパット見、ボールペンだけで描かれたものとは思えない、精巧さと画力があるから。まずは、こちらをチェ...
元カレからメールがきた。元カレが夢に出てきた。遠距離で仕方なく別れたけれど、どうしても彼氏を諦めきれない。やっぱり友達関係じゃ満足できない。色んな理由で、...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
ルービックキューブのような、現実にはありえないこの部屋。