英語の意味をまちがえると、こんなに恥ずかしい(イラスト8枚)

よく使われる英語のフレーズをイラストにしたら、こんな感じかな〜。

イスラエルのデザイナー、Keren Rosen氏が制作したイラストが話題になっています。一見可愛いけれど、どこかヘンテコなのは、英語ならではの表現を「まちがえて」絵にしているから!?

“JAM SESSION” = 即興演奏

th_スクリーンショット 2015-10-26 18.47.07ジャム(JAM)が、お茶を飲みながら楽しそうに話し合っている(SESSION)様子。

“FIRE WORKS” = 花火

th_スクリーンショット 2015-10-26 19.21.57火(FIRE)のキャラクターが、タバコを吸いながら仕事(WORKS)をしています。

“ROLLER COASTER” =
ジェットコースター

th_スクリーンショット 2015-10-26 20.41.42飲み物を置くコースター(COASTER)が、ローラースケート(ROLLER)を楽しんでいる様子。

“OLD SCHOOL” = 古き良きもの

th_スクリーンショット 2015-10-26 19.34.32長いこと建て替えていない学校(SCHOOL)が、古く(OLD)なってしまいました…。

“SLEEPING PILLS” = 枕

th_スクリーンショット 2015-10-26 19.43.52薬のカプセル(PILLS)が、二段ベッドでぐっすりおやすみ中(SLEEPING)。

“FAST FOOD” = ファストフード
th_スクリーンショット 2015-10-26 19.44.10

ポテト(FOOD)が、急いで(FAST)走っています。

“WINDOW SHOPPING” =
買い物をせずに眺めるだけ

th_スクリーンショット 2015-10-26 19.44.22 窓(WINDOW)をたくさん買う(SHOPPING)女性。

“ROCKING CHAIR” = 揺り椅子

th_スクリーンショット 2015-10-26 19.45.51ギターでロック(ROCK)を演奏する、椅子(CHAIR)!?

ここで紹介したのはごく一部。他にも面白いアイデアに触れたければ、Keren RosenさんのFacebookページからチェックできます。
彼女の作品を気に入った!という方は、ショッピングサイト「Esty」でポスターの購入が可能。日本からも買うことができます。

Licensed material used with permission by Dings & Doodles-Keren Rosen / HP / Facebook

こちらのイラストは、フィラデルフィア郊外在住のイラストレーターBen Pannellが手がけたもの。それぞれのテーマはバラバラだが、共通しているのは、妻で...
そんな「弱肉強食」の関係が、それぞれ一枚のイラスト内で完結。どこに焦点を合わせるかで、あなたが目にするものの立場が180度変わります。これは、イタリア人イ...
夜寝る前に必ずしてしまう一人反省会、何よりも楽しいひとりで過ごす時間。人と話したりするのがちょっと苦手な内向的な人なら、思わず共感してしまうイラストが話題...
一見、単純に見える世界も、人の心も、可能性も、別の何処かへと続く奥行きみたいなものがあって、一筋縄ではいきません。イタリア人アーティストAndrea Uc...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
普段から、何気なく口にしている食べ物たちの声なき声が聞こえてきそう。キッチュなイラストを描いたのは、マレーシア在住のイラストレーターChow Hon La...
ピンク色の豆の形をしたキャラクター“Ketnipz”。神出鬼没なこいつの持ち味は、ぷっと吹き出してしまうシュールな小ネタ。イラストを描いてるのは、イギリス...
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...
オランダのイラストレーターかつグラフィックデザイナーであるIvo van de Griftさんによる「Big City Lights」という作品は、真夜中...
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
今の世の中に、満足していてもそうじゃなくても、 Jan Siemenの10枚のイラストを見て感じたことについてじっくり考えてみて欲しい。案外、自分の人生に...
気になるあの子は、シャワーの中だとどんな感じなんだろう、笑っているけど本当は何か他のことを考えていたりして?などなど。女子の“謎”を解明していくイラストです。
どこまでもトリッキーな絵を生み出すのは、イギリス生まれのアーティストJulian Beeverさん。パフォーマーでもある彼は、自分とイラストが一体になるこ...
「だまし絵を作るのが昔から好きなんだ。見た人は、その絵の意味をいろいろと考えるでしょ?普段の生活の中で、私たちは一つの視点だけでものごとを見がちだけど、世...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
アート好きな人には怒られてしまいそうだが、普段から芸術に触れる機会が少ないと、たまに美術館へ行ってもなかなか良さを感じられなかったりする。だけど深い意味が...
愛を確かめるように、やさしく触れ合うふたり。好きであればあるほど、相手に近づきたくなるものです。男女の濃厚な空気感を描いたイラストは、どこか官能的で目をそ...
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
右から左に書く形式、文法が難解、そもそも辞書を引けるようになるまで1年以上かかる...などなど、習得が大変という話題に事欠かない「アラビア語」。そんな、知...
英ブリストル在住のイラストレーターPhilippa Riceさん。彼女のポップでかわいいイラスト「SOPPY」のモチーフは、彼女と実際の彼との生活を描いた...
ここに登場する絵は、すべてイラストレーター高田美穂子さんによって描かれた「挿絵」です。小説の主役は、言うまでもなく「物語」そのもの。けれど、こうして文芸誌...
学校に持っていくお弁当には、両親の愛情がこもっているものです。ロンドン在住のイラストレーター、Rob Biddulphさんは、末娘のPoppyが保育園から...
イラストレーターのDomZombieさんは、3年前から毎朝小学生の息子のランチバッグにイラストを描いてきました。なんと、その数は400枚以上。プロならでは...