現代社会の「光と闇」をイラストで(10枚)

現代社会は闇に覆われているとか、生きづらいとか。そんな批判をすることは簡単ですが、見方を変えれば面白みを見出すことだってできるかも。

Francesco Bongiorniさんが描いた作品は、見る人によって感じ方が違うでしょう。それを希望とみるか、絶望とみるか。あなた次第です。

ONE MILLION STEPS – DOCTORS WITHOUT BORDERS

国境なき医師団。

たった数人でその国の命を背負って奮闘する姿に、朝焼けのような明るい光が射しています。

MINDFULNESS – AMICA

マインドフルネス。

満たされているような空っぽのような、不思議な気分。

BAD MANNERS – AMICA RCS

スマートフォン。

画面の灯りがやけに明るく見えてしまう食卓。

YOU CAN SAVE THIS COUNTRY, OR YOU CAN TURN THE PAGE
– PHILADELPHIA MAGAZINE

国を動かしているのは国民。

あなたはこの国を救うこともできるし、出ていくこともできる。決まった道はありません。可能性はいつも、その手の中に。

A LONG JOURNEY MADE SHORT – CHICAGO BOOTH SCHOOL

タフな道のりを、より簡単に登れるように。

たしかに環境は変わってしまう。でも、後に続くみんなにとって便利なものになる。

NOTHING PERSONAL, JUST BUSINESS – FORBES

ビジネスの世界。

みんな同じように、必死に打ち返す日々。

THIS RARE ILLNESS MAKES PEOPLE THINK THEY’RE DEAD
– THE WASHINGTON POST

孤独。

みんな同じ場所で、生きているのにね。

RISK MANAGEMENT – JOHNS HOPKINS UNIVERSITY

リスクマネジメント。

時には思い切って突き抜けることも必要。

THE IMPORTANCE OF BEING 1 – AMICA RCS

一番にならなきゃ意味はない?

泣いているようにも見えるよ。

EXTENDING THE VISION
– PM NETWORK MAGAZINE

チームワーク。

同じ場所を目指しているけれど、みんなが同じ方向を向いてるわけじゃない。

だからこそ、世界は面白い。

Licensed material used with permission by Francesco Bongiorni

関連する記事

以前も紹介したことがあるMarco Melgratiさんの風刺画。新しい作品も、インパクト大のものがズラリ。何気ない私たちの日々のおこないも風刺されていて...
世の中はもの凄いスピードで変化していく。たとえば携帯。最初は持ち運べる電話というだけで驚きだったはずなのに、着メロが作れるようになり、カメラが付いた。する...
映画やマンガに登場する、生ける屍たち。一度は死んでいるのにも関わらず、何かに執着するように彷徨う彼らは、なんとも不気味です。Gunduz Aghayevは...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
社会の闇を感じるイラストを見つけました。スーツが「喪服」のように見えてしまうサラリーマンたちを見ていると、仕事とは人生において何なのだろう。そう思わずには...
現代社会をシニカルに描くフランス人イラストレーターJean Jullienさんが、画集「MODERN LIFE」をリリース。さっそく話題になっています。1...
幸せって、みんなと同じ道を目指すこと? 人の価値は見た目で判断されてしまうの?イギリスのイラストレーター・John Holcroftさんは、そんな現代人へ...
鳥かごの中で仕事をする小鳥、自殺する時計…。ポップなイラストの中に現代社会の闇を描いているのは、Elia Colomboさん。彼が発している強烈なメッセー...
イラストレーターMarco Melgratiが描くのは、「社会の闇」を感じる作品。彼のイラストは、世の中へのちょっとした嫌味を感じてしまうものばかり。会社...
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
晴れて爽やかな朝であっても、会社に行くのが憂鬱だったらどんよりした顔にもなってしまいます。上司と上手く行かなかったり、社内で差別を感じたりなど、悩みは人そ...
今の世の中に、満足していてもそうじゃなくても、 Jan Siemenの10枚のイラストを見て感じたことについてじっくり考えてみて欲しい。案外、自分の人生に...
フランスのイラストレーター「Jean Jullien」が描いた、テクノロジーに依存した社会を風刺する作品を紹介。ドキッとしてしまうはずです。
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
今の時代だいぶ働きやすくなったのかもしれないけれど、まだまだ「社会の闇」が存在するのも事実。会社に全てを捧げることに疲れた……。もし、こんな悩みをもつ人が...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
オーストラリアのメルボルン市議会は、市内にある図書館で新たなサービスを展開するため、常勤のソーシャルワーカーを雇用した。このサービスは、ホームレスといった...
アメリカを代表する美術館である「ロサンゼルス現代美術館(MOCA)」が、親交のあるアーティスト9人がデザインしたアートマスクを発売する。ヴァージル・アブロ...
Rand Jarallahさんは自分の顔をキャンバスとして利用し、SNSを中心に様々な社会問題を訴えている。そんな彼女にアーティビズムとは何か?アーティビ...
あるある!と思えるものや、解釈の余地があるものも。イラストレーターのマルコ・メルグラティがInstagramで定期的に更新している画像を紹介します。まばら...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
インターネットの発展の裏側には、実は社会の格差が生まれていた。この記事では、デジタルディバイドの意味や種類について解説しながら、デジタルディバイドによって...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
イラストでSDGsの17の目標を表現した展示会「本田亮SDGsユーモアイラスト原画展~楽しく知る世界を変える17の目標~」が、10月1日〜16日、東京・青...
ホームレス、売春、恐喝、アルコール中毒、窃盗、傷害、詐欺、嘘、裏切り…。この映画は、現代におけるすべての闇の要素で構成されている。主人公は、引きこもりのホ...