理不尽な世界で、「必死に働く」社会人のイラスト(まとめ7選)

通勤途中の電車の中、疲れた顔がチラホラと。どんなに晴れて爽やかな朝であっても、会社に行くのが憂鬱だったらどんよりした顔にもなってしまいます。上司と上手く行かなかったり、社内で何らかの差別を感じたりなど、悩みは人それぞれ。

今回は、それでも必死になって働く会社員のイラストを集めました。ギリギリのところで踏みとどまる彼らから、こんな声が聞こえてきそうと思って書いています。

01.
入社してから気づいたこと

53b04c697919977d86877e33eadee110295e3d77

社会人になってから、敵がたくさんいるってことに気がついたんだ。油断していると、ハイエナみたいに襲ってくる気がする。

02.
ここは、理不尽な世界だった

Eec610dc4a83fd5c479ca87a612dfb33774d1e13

「NOTHING PERSONAL, JUST BUSINESS – FORBES」

学生の頃は優秀だった自分。ビジネスの世界には、圧倒的に強くて有利なヤツがいるんだ。

03.
どんどん昇進する男性たち

58d46e304b9942b8d56780698bc2a5f21c7d06b2

どうしてって思うことがたくさんある。今のこの時代に「女だから」「女のクセに」って…。それに、どうして産休がない会社が多いんだろう?

04.
少しだけでもいいから

273d31ce7abe270e9b79fdddb7130127bf9ec550

あーーーさすがに疲れた。

スマホのように簡単に充電できればいいのに。そんなこと考えてしまう自分は人間辞める寸前なのかも。

05.
いつまでたっても使い捨て

785dd590c56c407ffa857887e7f84165243b1fe4

燃えるように頑張っても、簡単に捨てられてしまう。

06.
時間に追われる日々

E03872f592c017581da46d21c454d00044c0fc24

時間、とにかく時間に追われる毎日。気がついたら何年もこの日々を続けていた。

07.
社会の中でひとりぼっち

A573ed87b528b83176fd6a4d2d0392375466eb6c

もう長いこと多くの社員がいる大企業に勤めているけど、なぜいつも孤独を感じてしまうんだろう。

元の記事はコチラから01., 02., 03., 04., 05., 06., 07.
今の時代だいぶ働きやすくなったのかもしれないけれど、まだまだ「社会の闇」が存在するのも事実。会社に全てを捧げることに疲れた……。もし、こんな悩みをもつ人が...
イラストレーターMarco Melgratiが描くのは、「社会の闇」を感じる作品。彼のイラストは、世の中へのちょっとした嫌味を感じてしまうものばかり。会社...
映画やマンガに登場する、生ける屍たち。一度は死んでいるのにも関わらず、何かに執着するように彷徨う彼らは、なんとも不気味です。Gunduz Aghayevは...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
世の中はもの凄いスピードで変化していく。たとえば携帯。最初は持ち運べる電話というだけで驚きだったはずなのに、着メロが作れるようになり、カメラが付いた。する...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
鳥かごの中で仕事をする小鳥、自殺する時計…。ポップなイラストの中に現代社会の闇を描いているのは、Elia Colomboさん。彼が発している強烈なメッセー...
現代社会は闇だとか、生きづらいとか。そんな批判をすることもできますが、だからこそ面白いこともきっとあるはず。Francesco Bongiorniさんが今...
お互いに好きであっても、相手の心を傷つけてしまうことはあるもの。時々であるならまだしも、一緒にいると不幸になるんじゃないかと。見ているコチラが心配になるよ...
現代社会をシニカルに描くフランス人イラストレーターJean Jullienさんが、画集「MODERN LIFE」をリリース。さっそく話題になっています。1...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
幸せって、みんなと同じ道を目指すこと? 人の価値は見た目で判断されてしまうの?イギリスのイラストレーター・John Holcroftさんは、そんな現代人へ...
フランスのイラストレーター「Jean Jullien」が描いたのは、テクノロジーに依存した社会を風刺したもの。確かに…と思えるものやドキッとする作品は必見...
一見、単純に見える世界も、人の心も、可能性も、別の何処かへと続く奥行きみたいなものがあって、一筋縄ではいきません。イタリア人アーティストAndrea Uc...
毎日忙しく仕事をしている人だからこそ共感できる、あるあるな日常。文字がほとんどないためスラスラ読んで楽しめちゃう。ちょっとした息抜きに読んだら意外にストレ...
アゼルバイジャン在住の風刺画家、Gunduz Agayev氏。彼が国ごとに違う“正義”の捉え方を少し過激なイラストで表しています。「この作品を作るのに15...
胸がギュッと締め付けられるほど切なかったり、燃えるように熱い気持ちになったり。自分でもびっくりするくらい、思いにあふれてしまうのが本気の恋愛だと思う。様々...
「The New York Times」「Time」などなど、これまでに数々の媒体でイラストを描いてきたクリストフ・ニーマン氏。ポップで知的な作品が人々に...
今の世の中に、満足していてもそうじゃなくても、 Jan Siemenの10枚のイラストを見て感じたことについてじっくり考えてみて欲しい。案外、自分の人生に...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...