チクリと胸に刺さる「社会風刺画」14枚

あるある!と思えるものや、解釈の余地があるものも。イラストレーターのマルコ・メルグラティがInstagramで定期的に更新している画像を紹介します。

まばらですが、彼自身がつけているコメント、閲覧者とのやりとり、作品を掲載したメディアのキャプションも一部抜粋。どんな意味が込められているのかを探る手がかりにしてみては?

01.
No Title

閲覧者「元々どんな意味があるのかわからないけど、FacebookではDesign Taxiが「Love Your Enemy(敵を愛せ)」とキャプションをつけていたよね。ぼくは「fk love(愛なんてクソ食らえ)」かなと思ったんだけど」。

メルグラティ「やあ。はは、そんなにすねてないよ。もっと、陰と陽みたいなことを考えていた。ヘイトとラブは表裏一体。だけど、好きなように解釈していいんだよ」。

02.
No Title

「ロジックと本能、どちらで問題を解決する?」(LifeBuzz)。

03.
No Title

「プライバシーの死」(altpick.com)。

04.
『Social Media Narcissism

(ソーシャルメディアナルシズム)

05.
No Title

06.
Use it better

(もっとうまく使え)

07.
Financial power and politics.

(経済力と政治)

08.
No Title

「Could be love(愛が芽生えるかも)」(altpick.com )。

09.
No Title

「Through Love(スルーラブ)」(altpick.com )。

10.
No Title

「Keep kids out of detention(子どもたちを外へ)」(altpick.com)。

11.
『Karma』

(カルマ)

12.
『Self made』

(自作)

13.
No Title

Death in Venice(ベニスに死す)」(altpick.com)。

『ベニスに死す』は、1971年公開のルキノ・ヴィスコンティ監督によるイタリア・フランスの合作映画のことを指しているのでしょう。作品では、主人公である老作曲家の男が、保養のために訪れたベニスで少年タジオに出会い、その美しさに目を奪われます。その後、街で疫病が流行し、自身も感染。もう長くないと悟ったのか、彼は街を去ることなく、海で遊ぶ少年を眺めながら…。

14.
No Title

「Be who you want to be」(なりたい自分になれ)。(altpick.com)

そのほかのイラストは、コチラから確認できます。

© Marco Melgrati
Licensed material used with permission by Marco Melgrati ( HP, Instagram ).
以前も紹介したことがあるMarco Melgratiさんの風刺画。新しい作品も、インパクト大のものがズラリ。何気ない私たちの日々のおこないも風刺されていて...
フランスのイラストレーター「Jean Jullien」が描いた、テクノロジーに依存した社会を風刺する作品を紹介。その他の作品は、彼のホームページで。
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
イラストレーターMarco Melgratiが描くのは、「社会の闇」を感じる作品。彼のイラストは、世の中へのちょっとした嫌味を感じてしまうものばかり。会社...
現代社会をシニカルに描くフランス人イラストレーターJean Jullienさんが、画集「MODERN LIFE」をリリース。さっそく話題になっています。1...
眺めていると楽しくもあるんだけど、ちょっとチクっとくるレトロな絵にう〜んと、考えさせられてしまった。この作品の生みの親は、イギリスで活躍するイラストレータ...
幸せって、みんなと同じ道を目指すこと? 人の価値は見た目で判断されてしまうの?イギリスのイラストレーター・John Holcroftさんは、そんな現代人へ...
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
社会風刺アニメが国際的にも認知され、いまや国際的な映画祭で数多くの賞を受賞する作品が次々に登場しています。ここに紹介するアニメも考えさせられます。とくに仕...
今の時代だいぶ働きやすくなったのかもしれないけれど、まだまだ「社会の闇」が存在するのも事実。会社に全てを捧げることに疲れた……。もし、こんな悩みをもつ人が...
晴れて爽やかな朝であっても、会社に行くのが憂鬱だったらどんよりした顔にもなってしまいます。上司と上手く行かなかったり、社内で差別を感じたりなど、悩みは人そ...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
現代社会は闇だとか、生きづらいとか。そんな批判をすることもできますが、だからこそ面白いこともきっとあるはず。Francesco Bongiorniさんが今...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
世の中はもの凄いスピードで変化していく。たとえば携帯。最初は持ち運べる電話というだけで驚きだったはずなのに、着メロが作れるようになり、カメラが付いた。する...
これは、スマホ依存・無関心などを描いた風刺アニメ。ミュージックビデオとして作られたもので、内容はどれも身近なことばかり。わかってはいるけれど、何が起こるの...
今の世の中に、満足していてもそうじゃなくても、 Jan Siemenの10枚のイラストを見て感じたことについてじっくり考えてみて欲しい。案外、自分の人生に...
映画やマンガに登場する、生ける屍たち。一度は死んでいるのにも関わらず、何かに執着するように彷徨う彼らは、なんとも不気味です。Gunduz Aghayevは...