伝統絵画とアメコミの融合で表現した「社会風刺画」の楽しみかた

現在、ロンドンの老舗ギャラリーThe Fine Art Societyで公開されている、中国人現代アーティストJacky Tsaiの個展が評判をよんでいる。

シリーズ作品「The Harmonious Society」は、中国古典絵画のなかにアメリカンポップカルチャーのアイコン的なアニメキャラたちが迷いこんだミスマッチ感と、不思議なハーモニーが交互に押し寄せる作風。

だが、これを単に“ウォーリーを探せ”のようなキャラ探しと思っていては、いつまでたっても本当のおもしろさは見えてこない。Tsaiは一連の作品それぞれに、世界が直面している経済的、社会的、文化的背景を『紅楼夢』や『水滸伝』といった物語のなかにたくみにとけ込ませている。

スーパーマンも、キャプテンアメリカも、バッドマンも、みな彼のアイロニックな絵を彩る、スパイス役に過ぎない。 それぞれのタイトルもウィットに富んでいる。

『中国版ポケモンGO』

『隠居生活』

『酔狂夢譚(夜バージョン)』

『澳門協奏曲』

『絶壁』

『女性指導者』

『ちょっぴりエッチな紅楼夢』

『難民のみなさんいらっしゃい』

『UP!UP!UP!』

『綱引き合戦』

『五番街の水滸伝』

『あやつり人形』

『パンプトンの情事』

『最後の野生トラを守れ』

『華式スパのお味はどう?』

Licensed material used with permission by Jacky Tsai
以前も紹介したことがあるMarco Melgratiさんの風刺画。新しい作品も、インパクト大のものがズラリ。何気ない私たちの日々のおこないも風刺されていて...
フランスのイラストレーター「Jean Jullien」が描いた、テクノロジーに依存した社会を風刺する作品を紹介。その他の作品は、彼のWEBサイトで。
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!