「気付かぬうちに、奴隷になっていませんか?」働くことの本質を考えさせられる社会風刺アニメ

社会風刺アニメが国際的にも認知され、いまや国際的な映画祭で数多くの賞を受賞する作品が次々に登場しています。ここに紹介するアニメも考えさせられます。とくに仕事のやりがいについて悩んでいる人には。

アルゼンチンで活躍するアニメーターSantiago Grasso氏の『el Empleo(働くこと)』は、のっけから違和感だらけ。そして、やってくる意外な結末。5分間の映像の後、あなたはどんな思いを抱くでしょう?

スクリーンショット 2015-07-07 15.46.23

朝、目が覚めてまずは電気スタンドのスイッチを入れます。

スクリーンショット 2015-07-07 15.04.32

洗面所で髭を剃る……そう、スタンドも鏡も“誰か”がその役割を果たしています。

スクリーンショット 2015-07-07 15.04.51

身なりを整え、朝食をテーブルにセッティング。椅子もテーブルも、そして天井の照明すらも彼のために他人がそれを担っています。

スクリーンショット 2015-07-08 13.59.22

スクリーンショット 2015-07-07 15.11.27

移動のタクシーも、やっぱり人間。もちろん、信号機だって。

スクリーンショット 2015-07-07 15.11.49

会社に到着すれば、自動で“人間ドア”が開きます。

スクリーンショット 2015-07-07 15.12.17

こうなると、もちろんエレベーターだって、やっぱり“誰か”が!

スクリーンショット 2015-07-07 15.12.52

ロッカーの中には、カバンとコートをかけるためだけの役割を担う女性がいます。

スクリーンショット 2015-07-07 15.13.27

そして、自分のオフィスの前に到着した彼。なぜかドアを開けずに佇んだかと思うと…

スクリーンショット 2015-07-07 15.13.39

なんとドアの前でうつ伏せに寝そべります。

スクリーンショット 2015-07-07 15.14.19

すると、まもなく誰かが彼の背中を踏みつけ、靴底の汚れを落としてドアの中へと入って行きました。そう、彼自身もまた、誰かのための“モノ”となる役割を担っていた、というオチ。

不思議な没入感に浸るこのアニメのなかに、自分が社会で担っている役割についての本質的な問いかけがあるように思えてきませんか?「そもそも働くってなんだっけ?」見方によっては、そんなことまで考えさせられる作品ではないでしょうか。

Licensed material used with permission by  opusBou

2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
以前も紹介したことがあるMarco Melgratiさんの風刺画。新しい作品も、インパクト大のものがズラリ。何気ない私たちの日々のおこないも風刺されていて...
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
フランスのイラストレーター「Jean Jullien」が描いた、テクノロジーに依存した社会を風刺する作品を紹介。その他の作品は、彼のホームページで。
今の時代だいぶ働きやすくなったのかもしれないけれど、まだまだ「社会の闇」が存在するのも事実。会社に全てを捧げることに疲れた……。もし、こんな悩みをもつ人が...
イラストレーターMarco Melgratiが描くのは、「社会の闇」を感じる作品。彼のイラストは、世の中へのちょっとした嫌味を感じてしまうものばかり。会社...
社会人と学生の違いが鮮明に描かれた漫画。ライフスタイルや人間関係など、読んでいるとおもわず頷いてしまう内容だ。ジョークもすべて英語で書かれているため、わか...
単調な仕事、のしかかる負担、過重労働。そして、その先に待ち受けていることとは…。映像クリエーターMichael Marczewski氏が監督した、3分ほど...
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
これは、スマホ依存・無関心などを描いた風刺アニメ。ミュージックビデオとして作られたもので、内容はどれも身近なことばかり。わかってはいるけれど、何が起こるの...
人によって働く意味は様々。正解も不正解もありません。しかし、働く女子がいずれ直面するのが結婚や出産といったライフイベント。働く意味が変わってきたり、働くこ...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
晴れて爽やかな朝であっても、会社に行くのが憂鬱だったらどんよりした顔にもなってしまいます。上司と上手く行かなかったり、社内で差別を感じたりなど、悩みは人そ...
ワークライフバランスという言葉が出てくる時点で、あなたは完璧を追求しすぎていると主張するのは「The School of Life」。多くのことに手を出す...
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
日本人アーティストのアボガド6が描いたイラストには「現代社会の深い闇」が生々しく表現されている。
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
人間の本性は善であり、成長するうちに悪を知ってしまうという「性善説」。一方で人の本性は悪であり、生きていく中で善を学ぶというのが「性悪説」です。「The ...
自分の「幸福度」を高める、働き方。
社会という大海原の中を泳ぎ、仕事をこなし、自分の価値を上げていくために必要な考え方とは?自著『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』から、5つのヒ...