深刻化する「スマホ依存症」。風刺した作品に考えさせられる

スマホ依存が家族に及ぼす影響をシニカルに捉えた広告作品「Phone Wall」を紹介します。中国の心理学研究所が広告会社に制作を依頼したもの。急速に発展する中国国内のネット環境に、いま、「心が取り残される」と警鐘を鳴らす人々がいます。

親子を隔てるスマホの壁

スクリーンショット 2015-12-03 13.14.45

スクリーンショット 2015-12-03 13.14.31

new-finalFA0504

日常のワンシーンを切り取った3枚のイメージ。大きなスマホが、父と息子、母と娘、そして夫婦の間に壁となって立ちはだかっています。もちろん、互いに顔を合わせることはできません。ディスプレイの照明に照らされた画面右側とは対照的に、背面の子どもたち(3枚目は夫)は影が落ち、暗くどんよりした雰囲気を見るものに印象づけていると思いませんか?

心が置いてけぼり…
社会現象化する
中国のスマホ依存

321975074

中国では、携帯電話の接続状況が急速に伸びているそうです。2015年、ついに中国国内のSNSユーザー数が3億3,600万人を超え、2019年までには5億人近くに達する予測。ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)の調べでは、ネットユーザーたちの平均滞在時間は、一日2.7時間。これは、日本やアメリカをはじめ、先進国の中でも群を抜いて高い数値だそう。

世界各国でも社会現象化している“スマホ依存”に、いよいよ中国も突入した証拠だと「Ogilvy&Mather」のLillian Wu氏は指摘します。また、あまりの急速な発展に文化形成が付いてこられず、「非常に脆弱で危険な状態。心だけが取り残される心配がある」との懸念も彼女にはあるようです。

こうした社会的状況をシニカルに捉えた作品が、この「Phone Wall」だったのです。どれも単純明快でメッセージ性の強い3枚のイメージは、北京市内に掲示され、多くの人の耳目に触れました。今年カンヌで開催された「国際広告祭(2015)」でも、高く評価されたそうです。

Licensed material used with permission by Ogilvy & Mather China

フランスのイラストレーター「Jean Jullien」が描いた、テクノロジーに依存した社会を風刺する作品を紹介。その他の作品は、彼のホームページで。
以前も紹介したことがあるMarco Melgratiさんの風刺画。新しい作品も、インパクト大のものがズラリ。何気ない私たちの日々のおこないも風刺されていて...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
これは、スマホ依存・無関心などを描いた風刺アニメ。ミュージックビデオとして作られたもので、内容はどれも身近なことばかり。わかってはいるけれど、何が起こるの...
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、カワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
社会風刺アニメが国際的にも認知され、いまや国際的な映画祭で数多くの賞を受賞する作品が次々に登場しています。ここに紹介するアニメも考えさせられます。とくに仕...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
日常風景を写真に収めた、アメリカ人フォトグラファーEric Pickersgill氏の作品。ただの日常を写しただけならば、彼がこれほど注目されることはなか...
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
眺めていると楽しくもあるんだけど、ちょっとチクっとくるレトロな絵にう〜んと、考えさせられてしまった。この作品の生みの親は、イギリスで活躍するイラストレータ...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
イラストレーターMarco Melgratiが描くのは、「社会の闇」を感じる作品。彼のイラストは、世の中へのちょっとした嫌味を感じてしまうものばかり。会社...
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
依存性のある薬物を摂取すると、その成分を「もっともっと!」と欲するようになる。それが一般的に考えられている「麻薬中毒」の認識です。しかし、ここで紹介する動...
いつ誰にも邪魔されないで、自分と向き合った時間を過ごしたのかを考えてみてください。もし、思い浮かべられなかったら、依存症の可能性があるかもしれません。
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
現在、世界の人口は約72億人。そのうちの約60億人が持っているとも言われるケータイ電話。水洗トイレを使っている人が45億人であることを考えると、爆発的な普...
『スマホ依存症』って最近よく耳にしますが、常に持っていないと落ち着かない、1日に何時間も画面を見ている、などの症状は、多くの人に当てはまるものだと思います。
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...