プロのような写真をスマホで!本格派の「スマホ用望遠レンズ」

一眼レフのようなハイクオリティな写真がスマホでも撮れる、プロ仕様のアクセサリ「スマホ用望遠レンズ」が応援購入サービス「Makuake」にて販売中だ。

このアイテムは、焦点距離が120mm〜260mmの三層レンズで、一眼レフのようにピント距離、4隅を細かく調整することが可能。視覚を広げ、光をより多く捉えることで被写体を鮮明に写すことができる。

使い方は、サイズ調整可能なクリップでスマホに固定するだけと、とってもカンタン。

付属品も充実しており、ミニ三脚を付ければ、置き撮りはもちろん、バランスがとれてブレにくくなり、レンズフードを被せれば日差しを避けることも。アイキャップを付ければ、あると便利な望遠鏡にも早変わり。

スマホ 一眼レフ 写真 望遠レンズ
©Makuake
スマホ 一眼レフ 写真 望遠レンズ
©Makuake

なお、オプションには、広角レンズマイクロレンズ魚眼レンズの3種類を用意。

さらに、広角レンズとマイクロレンズには、画像の色調や質感を変えられるミラー4種類(ミラーレスレンズ、グレイとブルのグラデーションレンズ、スターレンズ)もラインナップされているので、個性的な写真や自分の世界観に合うようなこだわりのショットも思いのままに。

街や自然がさまざまな色味で彩られるこれからの季節、いつものスマホ画像を手軽にアップグレードしてくれる「スマホ用望遠レンズ」思い出に残る一枚を。

スマホ 一眼レフ 写真 望遠レンズ
©Makuake
スマホ 一眼レフ 写真 望遠レンズ
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
スマホ用の後付けレンズはほとんどがクリップ式で、付けたときにどうしてもメカメカしかった。でも、この「Moment」は今までのものとは違う。カメラには欠かせ...
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
京都のうどん専門店が開発したアウトドアスパイス「MAKE9」
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
9月10日、「Polaroid Originals(ポラロイド・オリジナルズ)」が新作製品としてスマホ用プリンター「The Polaroid Lab」を販...
11月初旬、「アドビシステムズ」はスマートフォン向けカメラアプリ「Adobe Photoshop Camera」のリリースを発表した。
取っ手部分にスマホがカチッとくっつく「スマホ傘」。傘を使いながらスマホが操作できるほか、傘部分をバッグにしまえばハンズフリーのスマホスタンド、逆さに持てば...
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
米旅行雑誌『Condé Nast Traveler』読者が選んだ「Top 10 Hotels in Japan」が発表され、名だたるラグジュアリーホテルが...
「Air Throne」は、持ち運び便利なエアーソファ。最大のポイントは、空気を入れる手軽さ。内蔵されているマイクロポンプに、スマホを接続するだけ。たった...
“あったらいいな”を実現する、いま話題の最新ガジェットを3つ紹介。
スマホを持ち歩かずにSpotifyの音楽を楽しめるプレーヤー「Mighty」の販売が開始された。
「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する...
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
「個性」と「進化」を磨き続ける2つのブランド「ニューバランス×フランク ミュラー」から生まれたスニーカー「CM996」が金と銀、各色996足限定で登場。
新型コロナウイルスの影響による不調を解消するための「薬膳レシピ」を、オンライン漢方相談サービスを展開するわたし漢方と近畿大学が共同開発。11月18日からW...
9月25日にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて、資金調達に成功した「NOTA Mole Tracker」は、あなたのホクロが悪性か...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
プロのフォトグラファーが使っているカメラアプリ。スマホでの撮影に適したアプリの紹介、実際の加工方法までとっておきの5つを厳選しました。人や動物の動くものか...
「江崎グリコ株式会社」が期間限定でリリースしたスマートフォンアプリ「ポッキー花火!」は、AR技術を介してポッキーをスマホで読み込み、そこに花火を再現すると...
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。