プロのような写真をスマホで!本格派の「スマホ用望遠レンズ」

一眼レフのようなハイクオリティな写真がスマホでも撮れる、プロ仕様のアクセサリ「スマホ用望遠レンズ」が応援購入サービス「Makuake」にて販売中だ。

このアイテムは、焦点距離が120mm〜260mmの三層レンズで、一眼レフのようにピント距離、4隅を細かく調整することが可能。視覚を広げ、光をより多く捉えることで被写体を鮮明に写すことができる。

使い方は、サイズ調整可能なクリップでスマホに固定するだけと、とってもカンタン。

付属品も充実しており、ミニ三脚を付ければ、置き撮りはもちろん、バランスがとれてブレにくくなり、レンズフードを被せれば日差しを避けることも。アイキャップを付ければ、あると便利な望遠鏡にも早変わり。

スマホ 一眼レフ 写真 望遠レンズ
©Makuake
スマホ 一眼レフ 写真 望遠レンズ
©Makuake

なお、オプションには、広角レンズマイクロレンズ魚眼レンズの3種類を用意。

さらに、広角レンズとマイクロレンズには、画像の色調や質感を変えられるミラー4種類(ミラーレスレンズ、グレイとブルのグラデーションレンズ、スターレンズ)もラインナップされているので、個性的な写真や自分の世界観に合うようなこだわりのショットも思いのままに。

街や自然がさまざまな色味で彩られるこれからの季節、いつものスマホ画像を手軽にアップグレードしてくれる「スマホ用望遠レンズ」思い出に残る一枚を。

スマホ 一眼レフ 写真 望遠レンズ
©Makuake
スマホ 一眼レフ 写真 望遠レンズ
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
スマホ用の後付けレンズはほとんどがクリップ式で、付けたときにどうしてもメカメカしかった。でも、この「Moment」は今までのものとは違う。カメラには欠かせ...
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
取っ手部分にスマホがカチッとくっつく「スマホ傘」。傘を使いながらスマホが操作できるほか、傘部分をバッグにしまえばハンズフリーのスマホスタンド、逆さに持てば...
2023年に向けて開発中の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の地に、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」とラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」が開業する。
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
世界18都市の番組が聴けるイタリア発のおしゃれラジオ「THE CITY RADIO」。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
おうちで過ごす時間が増えそうな今年のお正月休み用に、ちょっと難易度は高め、かつインテリアとして飾っても素敵なデザインの「パズル」を5つ紹介。一人で黙々と楽...