セルフィーの概念を変える「スマホ用レンズ」

友だちと自撮りをしたいけど、後ろの景色も入れたい。

暗いところでも違和感なくきれいに自撮りがしたい。

これらを叶えるには、広角レンズや魚眼レンズ、ライトと全てを持っていかなきゃいけません。

自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、どうしても限界がありますよね。(私はそう感じています…。)

この悩みを見事に解決した新アイテム「Revol Cam」が誕生しました。

クラブやパーティーでの
活躍に期待!

「Revol Cam」は後付けするタイプのレンズで、魚眼や広角、マクロの3種類が付いています。

レンズの切り替えは、指先でくるくる回す、昔ながらのリボルバー式。

背景をいれて自撮りをするなら魚眼や広角を、被写体に近寄って撮るならマクロを。そのときどきの気分や撮りたい写真に合わせて、素早くレンズを変えることができます。

もう一つの特徴は、取り外し可能なLEDライトを備えているところ。

本体に付けたままでもいいし、マグネット式のため、壁や柱など好きな場所に付け替えて使うことができます。

フラッシュとは違って明るさも調節できるため、暗いところでの自撮りもスムーズに。

旅先で荷物を最小限にしたいとき、自撮りする場面が多いクラブやパーティなどに身軽で行きたいときなど、自分のスマホに「Revol Cam」を付けるだけで最高の瞬間が簡単に撮れるでしょう。

ちなみに、CES 2018のイノベーションアワードを受賞しているのだとか。

Licensed material used with permission by RevolCam

関連する記事

スマホカメラに取り付ける「スマホ用望遠レンズ」は、一眼レフクオリティーの写真を撮ることができる驚きのギア。付属品やオプションも豊富でまさに「プロ仕様」。
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
取っ手部分にスマホがカチッとくっつく「スマホ傘」。傘を使いながらスマホが操作できるほか、傘部分をバッグにしまえばハンズフリーのスマホスタンド、逆さに持てば...
トロント大学の研究者らが、自撮りするだけで血圧を測定できる技術を開発。搭載された光学センサーが血液中を流れるヘモグロビンから赤色光をキャッチして、皮下のヘ...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
9月10日、「Polaroid Originals(ポラロイド・オリジナルズ)」が新作製品としてスマホ用プリンター「The Polaroid Lab」を販...
エッフェル塔やサクレ・クール寺院、ルーヴル美術館、ビッグ・ベン…パリとロンドンを代表する観光スポットは、誰にとっても魅力的なフォトスポット。それらを写すだ...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
イギリス・ノッティンガムに昨年10月に現れたバンクシーの作品「フラフープの少女」が、アートギャラリーのオーナーによって購入され、壁ごと切り取られた。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。