スマホの画像が10秒でキレイに印刷できる「ミニプリンター」。

「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。

スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する機会があまりありません。1台用意しておくとなにかと便利。

撮影した画像を、
プリントアウトして残そう。

E689875288024fe926e82c15b13df603b510296229debada7d799952e1047685d4f12103e44073bd70ad7ba21609736e9aec745afdbff723b3124696

いつの間にか容量不足になって、やむなく消しちゃうこともチラホラある画像データ。かといって、毎回フィルムを現像に出したり、その場でプリントアウトできるカメラを持ち歩いたりするのは手間。

スマホならキレイに加工だってできるし、このミニプリンターを使えば、インスタントカメラらしい雰囲気は残しつつも、より色鮮やかな写真がプリントできます。

スマホ×ミニプリンターで、
ビビッドなチェキが楽しめる!

189582ea034c8931037c6e9cb0936be004708339

プリント画面サイズ:62×46mm
プリント画素数:800×600
ドットプリント解像度:320dpi
プリント階調:RGB各色 256階調
サイズ:89.5×131.8×40mm(突起部除く)
重さ:250g

一度の充電で100枚プリントでき、旅先でもタフに活躍してくれるはず。もちろん接続はワイヤレス。ちなみに最大8台まで同時に接続可。

アプリから操作をし、データを受信してから写真が出てくるまでは10秒。フィルターもいくつか用意されています。ポートレイトに特化したものがあり、記念写真にピッタリ。

Af7bfb95967d8c31ddf042866276650c7053f70e

テキストを入力したり、SNSに投稿したフォーマットで印刷したりできます。

デバイスの見た目もなかなか。

8465efe94b0e2a06dba13723bd15511ddc715c6c

シックですよね。本体カラーはシルバーとゴールドの2種類。価格は、22,410円(税込み)。詳しい情報はコチラから確認してみましょう。

家族や恋人、友だちと撮影した特別な記念写真でなくても、アルバムを作るのって楽しいもの。もしかしたら、スマホの中に眠った画像を掘り起こすだけで、とびきり思い入れが感じられる写真集ができちゃったり!?

Licensed material used with permission by 富士フイルム
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
はじめに伝えておくと、これから紹介する製品は、現時点で日本での発売予定はなし。ただし、将来的な上陸が期待される要チェックアイテムなのです。特に頻繁にスマホ...
フィルム人気の再燃で周辺のプロダクトも復活してきています。この〈JCH(ジャパン カメラ ハンター)〉のフィルムケースもそう。コンパクトで使い勝手のいい仕...
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
撮影した写真をその場で現像してくれる。つまり、インスタントカメラの役割を、強引にもスマホのケースに内蔵させちゃったのが、この「Prynt」です。あるオモシ...
ロモグラフィーの「FISHEYE NO.2」は、フィルムの装填も簡単だし、ピントがどこにでも合うように設計されています。魚眼写真という特徴も加わって、デジ...
タカラトミーが12月に発売したプリンタおもちゃ「プリントス」は、電池もアプリも不要で、スマホに写った画像をその場でチェキ化可能な衝撃商品。味のある仕上がり...
家のどこかに眠っている昔の「ネガフィルム」は、この時を待っていたのだと確信しました。保存しておいたものの、あれってほとんど使うことがない。けれど、いつか昔...
画像検索をしたキャラクターと風景や人を組み合わせるLes Photos De Francoisの写真。キッカケは、ジョークのつもりで友人の子どもと画像を合...
押し入れの奥にしまってある、思い出のアルバムーー。最近は、すっかりデジタルカメラやスマホに移行し、アルバムをめくって思い出を振り返る機会も減ってしまいまし...
撮影機材はスマホ、加工も必要最小限。なのに、構図のセンスや工夫がキラリと光る作品ばかり。これ、本当に全部スマホで撮ったの?アルジェリア出身19歳のMoun...
年賀状印刷をそろそろ考える…には、まだ鬼が笑うほどに気の早い話ですが、鬼でなくともちょっと笑えないような話。プリンターが自動告知するインク残量、それがちょ...
活版印刷というと、なんだか「昔の技術」という印象がありませんか?実は、伝統的な活版印刷技術も進化を遂げているんです。アメリカでは2000年代前半からレター...
期限切れのフィルムを使いこなす、フォトグラファーIan Howorth。その作品を見ていると、なんだか数十年前にタイムスリップをしたような感じになります。
〈Lomography(ロモグラフィー)〉のレンズ付きフィルム「Simple Use Film Camera」シリーズは、使い捨てのようなルックスですが、...
「Lomo’Instant Automat」は、インスタントカメラのシンプルな操作性を保ったまま冒険心まで満たしてくれる優れもの。まさに痒いところに手が届...
カメラも高性能化しているとはいえ、イメージ通りのいい写真を撮るのはなかなか難しいもの。指示だけして、あとはいい感じに撮ってくれないかなぁ…なんて思っていた...
インスタントカメラ界で旋風を巻き起こし続けているLomography。今度の新作は、レトロな折りたたみ式のカメラ。世界初のアナログなスクエア写真が楽しめる...
フィルムの現像って、かなり手間がかかるものです。でも、この「LAB-BOX」は、フィルムカメラは持っているけど、自分で現像まではしていないっていう人向けの...