スマホの画像が10秒でキレイに印刷できる「ミニプリンター」。

「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。

スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する機会があまりありません。1台用意しておくとなにかと便利。

撮影した画像を、
プリントアウトして残そう。

いつの間にか容量不足になって、やむなく消しちゃうこともチラホラある画像データ。かといって、毎回フィルムを現像に出したり、その場でプリントアウトできるカメラを持ち歩いたりするのは手間。

スマホならキレイに加工だってできるし、このミニプリンターを使えば、インスタントカメラらしい雰囲気は残しつつも、より色鮮やかな写真がプリントできます。

スマホ×ミニプリンターで、
ビビッドなチェキが楽しめる!

プリント画面サイズ:62×46mm
プリント画素数:800×600
ドットプリント解像度:320dpi
プリント階調:RGB各色 256階調
サイズ:89.5×131.8×40mm(突起部除く)
重さ:250g

一度の充電で100枚プリントでき、旅先でもタフに活躍してくれるはず。もちろん接続はワイヤレス。ちなみに最大8台まで同時に接続可。

アプリから操作をし、データを受信してから写真が出てくるまでは10秒。フィルターもいくつか用意されています。ポートレイトに特化したものがあり、記念写真にピッタリ。

テキストを入力したり、SNSに投稿したフォーマットで印刷したりできます。

デバイスの見た目もなかなか。

シックですよね。本体カラーはシルバーとゴールドの2種類。価格は、22,410円(税込み)。詳しい情報はコチラから確認してみましょう。

家族や恋人、友だちと撮影した特別な記念写真でなくても、アルバムを作るのって楽しいもの。もしかしたら、スマホの中に眠った画像を掘り起こすだけで、とびきり思い入れが感じられる写真集ができちゃったり!?

Licensed material used with permission by 富士フイルム
9月10日、「Polaroid Originals(ポラロイド・オリジナルズ)」が新作製品としてスマホ用プリンター「The Polaroid Lab」を販...
今日(6月21日)から発売される富士フイルムの「instax mini LiPlay」。巷ではチェキの愛称で知られるインスタントカメラの新しいモデルです。
ヴィレッジヴァンガードオンラインストアでの販売展開が発表された新型カメラ「MF-1」は、70周年を迎えたカメラブランド「YASHICA(ヤシカ)」から生ま...
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。