カメラを買ってはみたものの、良い写真が撮れない…という人へ

カメラも高性能化しているとはいえ、イメージ通りのいい写真を撮るのはなかなか難しいもの。

指示だけして、あとはいい感じに撮ってくれないかなぁ…なんて思っていたら、そんな贅沢を叶えてくれる優秀なアシスタントがいました。

人工知能搭載のアシスタントデバイス「Arsenal」。最高のショットを撮る手伝いをしてくれるんです。

「こんな助手が欲しかった」
をAIで

良い写真を撮ろうとすると、アングルを工夫したりカメラの設定を変えたりと、何かと手間がかかります。この手間をなるべく減らしてくれるのが「Arsenal」。

一眼レフ/ミラーレスカメラ用のアシスタントで、57gの超軽量ハードウェアとスマホのアプリを連携して使用。高度な機械学習アルゴリズムで、毎回完璧なショットを撮影できるそう。

取り付けは簡単。本体をカメラ上部に取り付け、アプリで連携しているスマホで操作します。

何千もの撮影設定から、撮りたいシーンに適したものを「Arsenal」が自動で選択してくれるので、撮影する側はアプリでシャッタースピードや絞りなど、18種類の調整機能を使って好みの写真にカスタマイズし、スマホでシャッターボタンを押すだけ。

「最高の瞬間」を
撮り逃さないために

写真は露出によって仕上がりが大きく異なりますが、「Arsenal」は複数の露出を数秒で撮影することができます。それを自動で一枚に合成し、最も綺麗に見えるような露出度に調整する機能も。

また、フォーカススタッキングを使用すれば、シーン全体をシャープにすることも可能。最適な露光数を計算し、複数の焦点で場面を捉えたあと、それを1枚の画像に自動で反映してくれます。

夜空の写真などを撮るときは長時間露出が必要になりますが、タイムラプス機能を活用すると、カメラを放置して撮影することもできます。

Arsenal」を利用して撮った写真は、スマホですぐに見ることができ、写真を反転したり拡大して表示することも可能。よく撮れた写真をSNSにシェアするのもラクチンです。

Canon、Nikon、Sony、Fuji製の多くのデジタル一眼レフカメラ/ミラーレスカメラモデルに対応していて、無料アプリは、iOS、Androidともにあり。

この優れたアシスタントは、1つ150ドル(約17,000円)から。

Licensed material used with permission by Ryan Stout

関連する記事

なんでも簡単にスマホ一つでできてしまう時代だから、あえてのフィルムカメラ。しかし、ただのフィルムカメラではつまらない。このカメラは3つのレンズを使い3枚の...
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
明治大学で微生物学を研究する村上周一郎教授が、熟成肉を製造するレストラン経営者と協力し開発した「エイジングシート」
撮ったその場でモノクロ写真を印刷できるインスタントカメラが登場。しかも、レシートなどに使われる「感熱紙」を使用することで、フィルムの費用を抑えつつコンパク...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
「Fishball」は、取り付けるだけで360度写真を撮れるようにしてくれる、iPhone用外付けレンズ。今なら、約5,500円でオーダーできるそうです。
ドゥーシュバッグの「The CIA」、グレゴリーの「カメラケース」、フェールラーベンの「カンケン フォト インサート」を紹介します。
高級ホテルチェーン「ローズウッドホテルズ&リゾーツ」が日本初進出となる「ローズウッド 宮古島」を2024年に開業すると発表した。
ヴィレッジヴァンガードオンラインストアでの販売展開が発表された新型カメラ「MF-1」は、70周年を迎えたカメラブランド「YASHICA(ヤシカ)」から生ま...
中国のスマートフォンメーカー「Vivo」が発表した新しいスマートフォンは、本体の上部からウィーンってカメラが出てきて、そのままポコって外せるらしい。
インスタントカメラ界で旋風を巻き起こし続けているLomography。今度の新作は、レトロな折りたたみ式のカメラ。世界初のアナログなスクエア写真が楽しめる...
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
ドイツに本社を置く「brezzl. GmbH」から、冷蔵庫専用のスマートカメラ「Fridge Eye」が発売された。このカメラがあれば、スーパーで「これ家...
スポーツやレジャー、アウトドアなどさまざまなアクティビティで使われるアクションカメラに注目のギア「Gogloo E9シリーズ」が登場。応援購入サービス「M...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
「Lomo’Instant Automat」は、インスタントカメラのシンプルな操作性を保ったまま冒険心まで満たしてくれる優れもの。まさに痒いところに手が届...
プリンターやデジタルカメラで知られる「Ricoh」の社内ベンチャー「Vecnos」から、ミレニアルズ〜Z世代の間で話題になること確実のガジェットがリリース...
Abhishek Singhが1から考えて生み出した「Instagif NextStep」を見て、頭に浮かんだのはハリポタに登場するカエルチョコの動くおま...
Canonより新たに登場した「PowerShot PICK」は、同社の先進技術を結集した自動撮影カメラ。
「Arrow Smartwatch」の特徴は、360度に回転するカメラがついているところ。しかも、フルHD(1080P)に対応しているため、SNS投稿には...
もう使わなくなった古いスマホはどうしてる?ほとんどの人が、引き出しの奥にしまったままなのではないだろうか。僕もその一人だ。何か再利用の方法でもないものかと...
今や街のいたるところにある防犯カメラ。どこにどのくらいあるかなど把握しきれないほどだ。けれどあえて人が集まる場所に設置されたアート作品がある。過去のものだ...
「FITT360」は、首にかけるタイプとなっていて、本体に内蔵されている3つのカメラが、あなたの周囲の光景を切り取ってくれるそうです。つまり、カメラを手に...
Julius Senkusさんは、新婚旅行で妻のNeringaさんと一緒にシチリアを訪れていました。そこで、落とし物のGoProカメラを発見。中に保存され...
フィルム人気の再燃で周辺のプロダクトも復活してきています。この〈JCH(ジャパン カメラ ハンター)〉のフィルムケースもそう。コンパクトで使い勝手のいい仕...
簡単に、ある程度綺麗な写真を撮影できるiPhone。しかし、いざという時に手ブレを起こしたり、うまく被写体を捉えられなかったり…なんてことはありませんか?...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。