3D写真が撮れる「魔法のフィルムカメラ」

この、独特の存在感を放つ3つ目のカメラ「RETO3D(レト3D)」は、アナログでしか出せない風合いを実現しながら、デジタルならではの奥行きのある3D写真を生み出すことができる、ちょっと不思議なカメラ。

市販のフィルムを入れて使うのだが、3つのレンズで3枚の写真を同時に撮影し、その3枚を専用アプリに取り込むと、3つの画像をつなぎ合わせた3D写真が生成できるという仕組みだ。

具体的には、フィルムを規定枚数まで撮り切ったら、巻き上げたフィルムをカメラから取り出し、近くのカメラ屋さんに持っていって現像&データ化してもらう。データ化してもらった写真をスマホに取り込み、専用アプリで編集すれば、3D写真が完成。もちろん、完成した3D写真はそのままSNSにアップすることも可能だ。

今だからこそ、あえてのフィルムカメラ。でもただのフィルムカメラではない、切り取った何気ない瞬間が、個性的な一枚に仕上がるこんなフィルムカメラ......むしろ新しい!

©Makuake
©Makuake
©Makuake
©Makuake

RETO3D』

【Makuakeプロジェクトページ】
https://www.makuake.com/project/reto3djapan/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
Abhishek Singhが1から考えて生み出した「Instagif NextStep」を見て、頭に浮かんだのはハリポタに登場するカエルチョコの動くおま...
ヴィレッジヴァンガードオンラインストアでの販売展開が発表された新型カメラ「MF-1」は、70周年を迎えたカメラブランド「YASHICA(ヤシカ)」から生ま...
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
ドイツの職人による手作りのミニマル財布が応援購入サービス「Makuake」にて予約を受け付けている。
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
フィルム人気の再燃で周辺のプロダクトも復活してきています。この〈JCH(ジャパン カメラ ハンター)〉のフィルムケースもそう。コンパクトで使い勝手のいい仕...
期限切れのフィルムを使いこなす、フォトグラファーIan Howorth。その作品を見ていると、なんだか数十年前にタイムスリップをしたような感じになります。
〈Lomography(ロモグラフィー)〉のレンズ付きフィルム「Simple Use Film Camera」シリーズは、使い捨てのようなルックスですが、...
「Makuake」で販売中のフィットネスバイク「BIKEBOX」は、静音式で移動もカンタン、収納幅は11センチとコンパクトで家庭的だ。
「Fishball」は、取り付けるだけで360度写真を撮れるようにしてくれる、iPhone用外付けレンズ。今なら、約5,500円でオーダーできるそうです。
撮ったその場でモノクロ写真を印刷できるインスタントカメラが登場。しかも、レシートなどに使われる「感熱紙」を使用することで、フィルムの費用を抑えつつコンパク...
自分の目的に合ったカメラが欲しい!とは思うものの、一体どれがいいの? インスタの写真をきれいに撮るなら。子どもやペットの思い出をしっかり残すなら。大好きな...
インスタントカメラ界で旋風を巻き起こし続けているLomography。今度の新作は、レトロな折りたたみ式のカメラ。世界初のアナログなスクエア写真が楽しめる...
Snapはカメラ内蔵サングラス「Spectacles 3」の最新バージョンを今秋にもリリースすると発表し、米国内では早くも予約が開始された。洗練されたデザ...
1938年の創業以来、オリジナリティに長けたイノベーティブなアウトドアウェアを提供し続ける「コロンビア」より、秋冬のキャンプ向けアパレルコレクションが発売。
昨年約110万人が来場した大人気映画祭「HIBIYA CINEMA FESTIVAL(日比谷シネマフェスティバル)2020」が、10月16日〜11月8日、...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
「Lomo’Instant Automat」は、インスタントカメラのシンプルな操作性を保ったまま冒険心まで満たしてくれる優れもの。まさに痒いところに手が届...
シャッターの切り替えもフィルムの巻き取りも完全手動式で電源不要、というインスタントカメラ「Escura Instant camera 60s」が発売。
カメラも高性能化しているとはいえ、イメージ通りのいい写真を撮るのはなかなか難しいもの。指示だけして、あとはいい感じに撮ってくれないかなぁ…なんて思っていた...
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
今や街のいたるところにある防犯カメラ。どこにどのくらいあるかなど把握しきれないほどだ。けれどあえて人が集まる場所に設置されたアート作品がある。過去のものだ...