「iPhoneフォトコンテスト」2017の入賞作品が発表

常に持ち歩いているものだからこそ、ふとした瞬間を逃さず写真に収めることができるiPhoneのカメラ。好みはあれど、その手軽さと年々上がるクオリティは、やはり捨てがたいものがあります。

先日発表されたばかりの「The iPhone Photography Awards」でも、ふとした場面を写したものが数多く入賞していました。今回はその中から、一部の上位作品を紹介します。

まずは大賞の作品を

Photo by Sebastiano Tomada/IPPAWARDS

こちらが2017年度大賞を受賞した、アメリカ・ブルックリン在住のSebastiano Tomadaさんによる写真。iPhone6によって撮影されています。

「ケイヤラの子どもたち」と名付けられたこの写真は、ISISの過激な武力に晒されたイラク・ケイヤラに生きる少年と少女を写したもの。燃え上がる黒い煙と、子供たちの表情がこの街の厳しい状況を物語っています。

青空も豊かな表情も

Photo by Dina Alfasi/IPPAWARDS

「People」分野で優勝した、Dina Alfasiさん(イスラエル)の作品。

毎日2時間かけて、バスと電車で通勤するという彼が切り取った瞬間です。

Photo by Sergey Pesterev/IPPAWARDS

「Landscape」部門、Sergey Pesterevさん(ロシア)の作品。

バイカル湖の氷上に穏やかな夕焼け空が広がる幻想的な風景です。

Photo by Branda O Se/IPPAWARDS

Branda O Seさん(アイルランド)の作品。

ジャカルタのドックに勤める労働者の手に、働く人の誇りと美しさを感じます。

Photo by Joshua Sarinana/IPPAWARDS

「Travel」部門、Joshua Sarinanaさん(アメリカ)の作品。

マサチューセッツ州・ケンブリッジの夏らしい色合いに、思わず目を奪われます。

Photo by Gabriel Ribeiro/IPPAWARDS

「Tree」部門一位、Gabriel Ribeiroさん(スイス)の作品。

シベリアから吹き荒れる氷点下の風で、木が凍りついています。自然が生み出す美しいデザインに心を打たれて撮影した一枚なのだそう。

Photo by Gabriel Ribeiro/IPPAWARDS

「Portrait」部門優勝、Gabriel Ribeiroさん(ブラジル)の作品。

いとこの少年をモデルにした写真です。訴えかけるような美しい瞳が印象的。

Photo by Francesca Tonegutti/IPPAWARDS

「Animal」部門優勝、Francesca Toneguttiさん(イタリア・ミラノ)の作品。

馬術訓練の後に収めた1枚だそう。

Photo by Varvara Vislenk/IPPAWARDS

「Children」部門2位、Varvara Vislenkoさん(ロシア)の作品は、娘さんと一緒にバリへ訪れた時の1枚。

Photo by Kuanglong Zhang/IPPAWARDS

「Sunset」部門一位は、Kuanglong Zhangさん(中国)。インド・アムリトサルの黄金寺院の夕日です。

Photo by Zarni Myo Win/IPPAWARDS

「Other」部門、Zarni Myo Winさん(ミャンマー)の一枚。ヤンゴンの水たまりが、何とも不思議な絵を生み出しています。

Photo by Dyllon Wolf/IPPAWARDS

「Tree」部門、アメリカ・メリーランド州のDyllon Wolfさんによる作品。

2016年5月にハンティングタウンで撮影されたもの。樹木の力強さ、ダイナミックさが映し出された圧巻の一枚です。

Photo by Kuanglong Zhang/IPPAWARDS

「Lifestyle」部門から、Kuanglong Zhangさん(中国深セン)の作品。インドのウダイプルの宮殿を撮影したものです。

こうして様々な写真を眺めていると、フィルムなんかはもちろん、スマホも良いなと思えてきます。

Licensed material used with permission by IPPAWARDS
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
「Fishball」は、取り付けるだけで360度写真を撮れるようにしてくれる、iPhone用外付けレンズ。今なら、約5,500円でオーダーできるそうです。
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
押し入れの奥にしまってある、思い出のアルバムーー。最近は、すっかりデジタルカメラやスマホに移行し、アルバムをめくって思い出を振り返る機会も減ってしまいまし...
私たちは、まだまだデバイスのポテンシャルを最大限に生かしきれていないのかもしれません。iPhoneで撮影した写真が集まる「The iPhone Photo...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
簡単に、ある程度綺麗な写真を撮影できるiPhone。しかし、いざという時に手ブレを起こしたり、うまく被写体を捉えられなかったり…なんてことはありませんか?...
撮影機材はスマホ、加工も必要最小限。なのに、構図のセンスや工夫がキラリと光る作品ばかり。これ、本当に全部スマホで撮ったの?アルジェリア出身19歳のMoun...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
9月8日の発表から、見どころを抜粋して紹介。国内で発売されるiPhone 7 / iPhone 7 Plusは、約0.1秒でデータの読み書きができるFel...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
もう使わなくなった古いスマホはどうしてる?ほとんどの人が、引き出しの奥にしまったままなのではないだろうか。僕もその一人だ。何か再利用の方法でもないものかと...
カメラを持つのは面倒だけど、iPhoneの画質では物足りない…。そんな人に最適なアタッチメントがこれ。Reference:Kanal von nclsde...
アート・フォト・トラベルが開催した『ドローン・アワード・フォトコンテスト2018』の優勝作品が決定した。
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
今回、紹介するのは、ナショジオ主催の「ナショナルジオグラフィック・ネイチャー・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」からの2017年度の入賞作。今年のグラン...
「歴代のiPhoneを水没させたら、どれが一番最後まで生き残るか?」Zach Straleyさんが行ったちょっと過激な実験が、YouTubeで話題を集めて...
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...