この「PICTAR」に装着するだけで、iPhoneが本格的なカメラに大変身!

簡単に、ある程度綺麗な写真を撮影できるiPhone。しかし、いざという時に手ブレを起こしたり、うまく被写体を捉えられなかったり…なんてことはありませんか?

そんな悩みを解決するのが、このiPhone用カメラグリップ「PICTAR」。しかも驚くべきは、決して“安定性”だけではありませんよ。

iPhoneでも
手ブレ知らずの写真が撮れる

このようにしてiPhoneをセット。

しっかりとグリップを握ることで、シャッターチャンスでイメージ通りの写真を撮影可能。

グローブを着用していても、安定して写真が撮れるというわけ。さらに…

驚きなのは、ここから!

上のように、このグリップには様々な「便利機能」が搭載されているのです。

【オートフォーカス】

シャッターボタンの半押しでピントを合わせます。

【ズーム】

ダイヤルでズームも。

【露出補正】

明るさの調整も。

【撮影モード切り替え】

「スマートホイール」には、撮影モードの切り替えやシャッタースピード、ISO感度の変更といった機能を割り当てることが可能。

【正面/背面カメラ切り替え】

セルフィーでも重宝します。

【三脚用ネジ穴】

底には三脚用のネジ穴を装備。セルフタイマーを使えば、集合写真だってバッチリ。

サイズが調整できるため、ほとんどのシリーズのiPhoneに対応している点もありがたいですね。

この「PICTAR」は現在、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達中。期限まで約1ヶ月を残しながら、すでに目標金額の1.7倍の額を達成するなど、期待値の高さが伺えます。

現時点の最安値は90ドル(約9,600円)で、お届けは2016年11月を予定している模様。正直コレ、かなり使えるアイテムなのでは!?

Licensed material used with permission by PICTAR
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
先日発表されたばかりの「The iPhone Photography Awards」は、スマホで撮影した写真のみがノミネート可能。そのクオリティの高さに、...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
「Fishball」は、取り付けるだけで360度写真を撮れるようにしてくれる、iPhone用外付けレンズ。今なら、約5,500円でオーダーできるそうです。
「FITT360」は、首にかけるタイプとなっていて、本体に内蔵されている3つのカメラが、あなたの周囲の光景を切り取ってくれるそうです。つまり、カメラを手に...
もう使わなくなった古いスマホはどうしてる?ほとんどの人が、引き出しの奥にしまったままなのではないだろうか。僕もその一人だ。何か再利用の方法でもないものかと...
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
カメラを持つのは面倒だけど、iPhoneの画質では物足りない…。そんな人に最適なアタッチメントがこれ。Reference:Kanal von nclsde...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
スイスのある地方テレビ局が、取材先での撮影をテレビカメラからすべてiPhone6に切り替えるという。「Cult of Mac」に掲載されたライターDavi...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
9月8日の発表から、見どころを抜粋して紹介。国内で発売されるiPhone 7 / iPhone 7 Plusは、約0.1秒でデータの読み書きができるFel...
愛犬と一緒に写真を撮りたいけど、なかなかカメラに目線を向けてくれない…と嘆く愛犬家たちに朗報です。米サンディエゴのClever Dog Products社...
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
先日、Appleが公式Youtubeで初となる「iPhone 7 Plusで綺麗にポートレートを撮る方法」を公開。さぞ知られざる裏ワザなのかと思いきや、意...
iPhoneに標準装備されている計算機アプリ。使っている人も多いかもしれませんが、通常はこんな画面になっています。シンプルで使いやすいお馴染みの画面。です...
新しいiPhoneシリーズに搭載された「感圧タッチ(Force Touch)」機能には、まだ見ぬ可能性が潜んでいたようです。なんと、画面の上に置いたモノの...