【動画】インドの野犬にカメラを装着。そこに写っていた「過酷な生活」

インドのNGO団体が制作した映像が話題になっています。ここで紹介されているのは、ムンバイで生きる野犬にカメラをつけることで彼らが日々どんな生活を送っているのかを捉えたもの。

そこに写っていたのは、あまりにも過酷すぎる日常でした。

道を歩いていると、

85singo_スクリーンショット 2015-08-10 17.42.37

突然水をかけられてしまいます。

85singo_スクリーンショット 2015-08-10 17.42.49

その他に、酔っぱらいに殴られたりすることも。

85singo_スクリーンショット 2015-08-10 17.44.01

85singo_スクリーンショット 2015-08-10 17.44.15

85singo_スクリーンショット 2015-08-10 17.44.37

食事もゴミ山から残飯を漁ったり、人間の食べ残しを追いかけるのがやっと。

85singo_スクリーンショット 2015-08-10 17.46.20

85singo_スクリーンショット 2015-08-10 17.46.50

85singo_スクリーンショット 2015-08-10 17.47.01

満足に水も飲めません。水道からも水は出ず、

85singo_スクリーンショット 2015-08-10 17.43.31

飲めるのは泥水だけ。

85singo_スクリーンショット 2015-08-10 17.43.42

ボールをぶつけられたり棒で突かれたり、子どもたちにいじめられます。酷いときには爆竹を巻きつけられることも。

85singo_スクリーンショット 2015-08-10 17.45.38

85singo_スクリーンショット 2015-08-10 17.45.59

85singo_スクリーンショット 2015-08-10 17.48.41

85singo_スクリーンショット 2015-08-10 17.48.51

人間だけではなく、他の犬も“敵”です。

85singo_スクリーンショット 2015-08-10 17.48.26

あらゆるものから逃げて街をさまよった末、ついには交通量の激しい道路で…。

85singo_スクリーンショット 2015-08-10 18.02.06

暴力的なシーンなどは編集によって表現されたもののようですが、インドの野犬たちが暮らしている現実は、もしかしたらもっと悲惨なのかも。

動画の最後には、制作者からのメッセージが。

85singo_スクリーンショット 2015-08-10 18.05.44

「ムンバイで生きる25万頭の野犬に、新たな1日を」

制作は、インド・ムンバイを拠点に動物のケアや里親斡旋を行っているNGO団体「WORLD FOR ALL」によるもの。ホームページからは寄付を行うこともできます。

Licensed material used with permission by WORLD FOR ALL

その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
ハンドメイドの絵本がミリオンセラーになり、数々の賞を受賞しているインド・チェンマイの出版社「タラブックス」。彼らが世界中から賞賛を浴びているのは、なぜなの...
毎回、過激な手法で賛否両論の物議を醸すPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回は、シドニーのケンタッキーフライドチキン前の路上で、動物愛護への問...
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
インド出身で、現在はニューヨークに住むというライター、Nikita Mahtaniさん。彼女が自身の経験を綴った手記が、「Elite Daily」に寄稿さ...
Yuribert Capetillo Hardyが捉えたコルカタには、やはりスラムが広がっていました。路上でひとり寝かされた赤ちゃん。手を合わせ祈るように...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
「トレサレーヌ」「アラウトゥン」「ハナゲ」…測れそうもないことを推し量ろうとする事で、科学も文化も発達してきた。本書では、近代化とともに使われなくなった、...
深刻化するインドの大気汚染を逆手にとって、排気ガスから集めた“インク”をアーティストAnirudh Sharmaさんは開発しました。
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
スイスでは2018年3月から、動物保護関連の規定が強化され、甲殻類を調理するとき、痛みを感じないよう失神させることなどが定められる。これに世界では賛否両論...
「チャイルド・トラフィッキング」これは子どもの人身売買を意味する言葉。インドでは女の子を誘拐し、強制的に売春をさせているという事実があります。けれど、加害...
日本が「ストレス社会」と呼ばれるようになって久しいですが、若者がストレスを抱えて生活しているのは、インドも同様。現状を打破するべく立ち上がったのが飲料ブラ...
Googleとインド政府が協力して開発したアプリが、現在、実用化に向けてデリーで試験導入中。なんでもこのアプリを使いこなせば、急にもよおしたとしても、慌て...
2015年11月24日に動物愛護団体「PETA Foundation」によって公開されたこの動画は、ウール製品を利用する人々へ向けた啓発を目的としたもの。...
政府の検閲が厳しくなっているインド。あるアーティストが、不公平な状況を作品を通して、おかしいのではないかと訴えています。題材になったのは、『カーマ・スート...