「狭い空間」での飼育を禁ずる。住民投票で77%が支持

20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたらしたものは、環境破壊やゴミ問題だけにとどまりません。

たとえばこの問題。マサチューセッツ州の決断は、今後アメリカのみならず世界の食産業にとって、ターイングポイントになるかもしれない。

 

「狭い空間」での飼育を禁ずる
住民投票で77%が支持

2016年11月8日、大統領選挙の投票が行われたこの日、マサチューセッツ州の会場では、他にも重要な法案がいくつか住民投票されていた。そのひとつが、畜産農家が豚や牛、鶏、羊などの家畜を、狭い空間で飼育することを禁じた法案、「Question3」。

ニューヨーク・タイムズによれば、投票数約320万のうち、77.7%にあたる2,502,676人が賛成を示し、法案が可決。これにより、マサチューセッツ州はアメリカで初めて家畜の飼育方法を厳しく見直す覚悟を他の州に示したことになります。

自由に家畜が動き回れないのは、
「動物虐待」に等しい

ところで、今回の法案の焦点となった“狭い空間”とは、どの程度のスペースを意味するのか。ワシントン・ポストは、動物たちが横たわることも立ち上がることもできず、手足(もしくは羽)を自由に伸ばせる空間がない施設。

具体的には、卵を産ませるだけの鶏のケージや、繁殖目的で雌豚や子牛を身動きの取れない檻に閉じ込めること、と大きく分けて3つの施設の使用を禁ずる内容となりました。

この法案に違反した畜産農家は、生産販売の権利が停止される処分を受けることに。また、州外の畜産農家に対しても、今後、残忍な方法で飼育された肉や卵などの生産物を仕入れることも同様に禁止するとのこと。

勝利は家畜たちの生活が、
改善されていくことにあり

アメリカでは毎年、魚類も含めると、おおよそ90億の生き物を食用として処理しているそうです(米国人同協会調べ)が、連邦政府がこうした家畜たちへの哀れみや、生きる権利を尊重するようになったのも、この十年程度。

実際、今回の法案可決によって、加工肉や卵、乳製品の価格高騰が予想されるという見方もあります。それでも、この選択を支持したマサチューセッツ市民に対し、アメリカ動物虐待防止協会のMatt Bershadker会長が寄せた賞賛のコメントが印象的だったので、最後に紹介したいと思います。

「今回の投票は、われわれ人間ではなく、生きる権利を認められた動物たちの生活が改善されていくことこそが、本当の勝利です。今まで以上に、彼らの苦しみを私たちが感じてあげる必要があるはずです」。

9月11日、アメリカ最大の州であるカリフォルニアで「サーカスでの野生動物の使用を禁止する法案」が可決され話題となっている。サーカスでの動物使用禁止の流れは...
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
ワシントン州に位置するキング郡の地方選挙にて、全米初となるスマートフォンを使った投票が実施。
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
暮らしのヒントになる「フェイクグリーン」の話題を集めてみました。家で過ごす時間がいつもより多くなったからこそ、フェイクならではの楽しみかたで、自分らしいグ...
11月にアメリカで行われる中間選挙の投票に行く時は乗車料金を半額にするとLyftが発表しました。
その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
8月7日、ドイツの社会民主党と緑の党の議員たちが、肉製品の軽減税率(7%)を廃止し、付加価値税率(19%)を適用することを提案した。
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
動物を愛する人が動物を愛する人のために作ったドッグフードが「V-planet」です。植物性食材のみを使っていて、ヴィーガン仕様になっています。
アメリカの「OREO(オレオ)」の新キャンペーン「 WHAT’S YOUR STUF」が話題。オレオのココアクッキーに挟まったバニラクリームの好みの量を投...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
注目度大のプロダクト「AM-9500」は、高性能ファンを内蔵し、呼吸時の息苦しさを解消する斬新な呼吸保護具だ。
リモートワークや在宅勤務で、仕事場の仲間との「雑談」が懐かしいアナタにオススメしたい新サービス「RemoRoom」のご紹介。
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
環境問題に取り組むイギリスのNPO団体「Hubbub」は、これまで誰も思いつかなかった、ユーモア抜群の戦略でロンドンの街からタバコのポイ捨てをなくそうとし...
毎回、過激な手法で賛否両論の物議を醸すPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回は、シドニーのケンタッキーフライドチキン前の路上で、動物愛護への問...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
スイスでは2018年3月から、動物保護関連の規定が強化され、甲殻類を調理するとき、痛みを感じないよう失神させることなどが定められる。これに世界では賛否両論...
イタリアで2014年に設立されてから、環境に負担のかからないスニーカーを展開してきた「WOMSH」。そんなブランドフィロソフィーを一番体現しているのが、ヴ...