ワシントン州キング郡で「全米初」となる「スマホ投票」を実施

ワシントン州最大の人口を誇るキング郡で、スマートフォンによる投票がおこなわれる。国内からの投票では、全米初となる試みだ。

多くの企業が本社を置くシアトルを有するキング郡。スマホ投票が実施されるのは、次期地方選挙。期間は1月22日(水)から2月1日(土)午後8時まで。

キング郡の選挙委員会、ナショナルサイバーセキュリティセンター、モバイル投票を推進する非営利団体「TUSK PHILANTHROPIES」「Democracy Live」がタッグを組み、官民一体でおこなわれる今回の試み。アプリを使うのではなく「Democracy Live」が提供するポータルから、投票用紙にアクセスし電子メールで提出するとのことだ。

これまでにも、2018年におこなわれたウェストバージニア州の中間選挙では「Voatz」と呼ばれるアプリを使用した選挙を実施。また、オレゴン州コロラド州ユタ州でも一部の海外に住む有権者を対象に、オンライン投票を実施しているが、これらはいずれも在外選挙に限った取り組みだった。

電子投票は、投票率の向上や無効票の減少など、多くのメリットが見込まれる一方、リスクを懸念する声も多い。2016年大統領選挙におけるロシアサイバー攻撃は記憶に新しいだろう。

日本でも、以前から議論されてきたインターネット投票。システムやセキュリティの問題など、不安要素も多く、まだ実現までは時間がかかりそう。スマホから投票できたらいいなあと思うのはわたしだけ?

Top image: © iStock.com/iNueng
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事