【世界初】アイルランドが国民投票で、同性婚を承認

アイルランドで同性婚の権利が正式に認められた。

5月22日に同国で行われた国民投票は、同性婚を認めるための憲法改正について、その是非を問うものだった。
現地メディア「RTÉ」が報じていた開票予測では、地域によっては75%もの人々が賛成と答えるなど賛成票の多さが注目を集めていたが、予想通りの結果となったかたちだ。CNN」によれば、全体の約60%を超える人々(およそ120万人)が同性婚を認め、憲法改正は公式に承認された。

85singo_shutterstock_216225787

アイルランドは、もともと保守派のカトリック教会が大きな影響力を持っている国だ。実際、1993年まで同性愛は違法とされており、1995年までは、教義に反しているとして、離婚も認められていなかったほど。
そんな保守的な国で生まれた、新たな権利は、世界的に注目を集めている。なんせ国民投票によって同性婚が認められたのは、世界でも初めてのケースなのだ。

同国のエンダ・ケニー首相は今回の投票に対して「歴史をつくった。この投票による影響で、人々の"違い"に対する恐怖心や偏見をなくせるだろう」と語っている

Reference:CNN , RTÉ

6月26日、アメリカ合衆国最高裁判所が、同性婚の権利を正式に認めた。今後全ての州で同棲婚が認められ、結婚で得られる税控除などの権利を所有できるようになる。...
オーストラリアで同性婚に反対する団体は、IT'S OK TO SAY “NO” (ノーという意見表明をしてもいいのですよ)という意見広告を掲げた。それに対...
同性愛について、個人の考えや宗教、または政治的、社会的な見解を混ぜてしまうと議論は終わらない。しかし遺伝子的にみるとどうだろう?と説明するのがこの動画。こ...
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...
2015年5月、スコットランド政府が「学校の科学の授業で天地創造論を教えるべきではない」と公式に発表し話題になった。天地創造論とは、神が万物を創造したとい...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
一昔前とは比べ物にならないほど、様々な形の家族がある今。「Gays With Kids」と名付けられたウェブサイトがある。ここには、ゲイの家族の幸せそうな...
ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、...
アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。同性愛...
『Dancing With Her』は、世界初のレズビアン向けウェディング雑誌。先月オーストラリアで創刊されるや否や、各国のメディアに取り上げられている。...
同性愛者であると両親に告げるのは、かなりのエネルギーが必要だということは、想像に難くありません。米ニュージャージーに住むKinsey Ratzmanさんも...
2015年6月、アメリカ全州で同性婚が認められたことは大きな話題になりましたが、そこに至るまでは長く険しい道のりがありました。1月30日に公開された『ジェ...
アイルランド憲法が命に危険性がある場合を除いて中絶を禁止していることに対し、女性たちは「妊娠することも中絶することも私たちの人権」というメッセージを伝えて...
アメリカ国内では、同性婚の合法化が進んでいる。2014年の10月7日、アメリカにおいて新たに6つの州で同性婚が合法化することが決まった。新たに加わったのは...
10月末、LGBT+によるスポーツ・文化の祭典である「ゲイゲームズ」の香港開催(2022年)が決定。アジア初だ。これにより見込まれる経済効果は10億HKド...
女性ライターのZara Barrieさんが人気を集めている理由は、その赤裸々な語り口調がとてもリアルだから。とくにセックスやLGBTについての記事は、米メ...
EU離脱か残留か、その賛否を問うイギリス国民投票に全世界が固唾を飲んで見守った2016年6月23日。結果は周知の通り。多くの報道でも伝えられているように、...
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
国民投票によるEU離脱が決まったイギリスでいま、洋服の胸元に安全ピンを付ける人たちが増えているといいます。再投票を求めるアピール?ではありません。これは、...
オーストラリアの議会で、ある男性議員は同性のパートナーにプロポーズ。ちょうど、同性婚を合法化する法改正案を審議しているところでした。答えは「YES」。議場...