レズビアンをカミングアウトした17歳の少女。それを知った両親は、驚くべき行動に・・・

同性愛者であると両親に告げるのは、かなりのエネルギーが必要だということは、想像に難くありません。米ニュージャージーに住むKinsey Ratzmanさんもそんな1人でした。

きっかけは
親からの問いかけ

C98a94c936cf0ec3fbb0effd5f381f0a98cf9c74

アメリカのニュース番組「NBC4」によれば、両親から同性愛なのかと質問された彼女、勇気を出して、自分はレズビアンであると告白します。その時間は「気まずかったけどやさしい」ものだったのだとか。この会話が彼女を勇気づけ、ソーシャルメディアでカミングアウトするきっかけとなったのです。

彼女のインスタグラムには

1年前の今日、自分の国で生涯愛する人と結婚できることがわかって、とってもうれしかった。(ところでわたしレズなの。これはカミングアウトです。きゃー)

という投稿が。

そしてアメリカの独立記念日の前日、7月3日。両親から「ちょっと早めに独立記念日のパーティをする」と言われたKinseyさん、家に帰ると驚きの光景が待っていたのです。

カミングアウトを祝う
サプライズパーティが!

2c5ec72c08a3d8bfd59cc26adf5bdebb8a1f15f4Cad54f25077a2ffc250be1fa4b2edba1e646a6cfBf0434ce72080f85e46bb02ce855baf41b0e51c3

LGBTのシンボルカラー、虹色をテーマにしたフードがいっぱい!サラダやケバブ、ケーキまで。おじいちゃんやいとこなど、一家みんなが集まったとてもあたたかいものだったのだとか。このことを心から喜んだKinseyさん、その様子をtwitterに投稿しました。

83da767cbf1faed89e2c9cec005d6dafe6888bf9

すると、リツイート数約1万2,000と大きな話題となり、テレビを含めた各メディアから取材が殺到!

NBC 4」によると、お母さんのAllisonさんに対して「楽しんでもらえると思ってる?」など否定的な声もたくさん届いたそう。でも「彼女はとても感謝してくれているし、どれくらいサポートしているか、わかってもらえたんじゃないかしら」とコメント。Kinseyさん本人も

「家族がわたしのよりどころだから、もしサポートしてくれなかったらとっても悲しい気持ちになっていたはず。LGBTQコミュニティにたくさんの友達がいるけれど、家族から認められず、本当に人生の重荷になっている人もいるし、毎日それを感じているの」

と答えています。ちなみに彼女の目標は、政治活動家になること。家族からの応援があれば、安心していろんな夢に向かっていけそうですね。

Licensed material used with permission by Kinsey Ratzman
Reference:NBC 4
同性愛について、個人の考えや宗教、または政治的、社会的な見解を混ぜてしまうと議論は終わらない。しかし遺伝子的にみるとどうだろう?と説明するのがこの動画。こ...
一昔前とは比べ物にならないほど、様々な形の家族がある今。「Gays With Kids」と名付けられたウェブサイトがある。ここには、ゲイの家族の幸せそうな...
女性ライターのZara Barrieさんが人気を集めている理由は、その赤裸々な語り口調がとてもリアルだから。とくにセックスやLGBTについての記事は、米メ...
『Dancing With Her』は、世界初のレズビアン向けウェディング雑誌。先月オーストラリアで創刊されるや否や、各国のメディアに取り上げられている。...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
ロシア在住の写真家Anna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。2013年に制定された同性愛宣伝禁止法は...
ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、...
東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業直後は住友銀行に就職。働いているうちに「自分自身でないもののフリ」をし続けて生きていることに気づき...
あなたはレズが男性を愛することは、不思議だと思いますか?愛とは形式ばったものではなく、様々な形を持つものだと話すのは、その毒舌で正直な書き口調が好評な「E...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
「レズビアンを“治す”ために、拷問やレイプをする診療所がある」。フォトグラファーPaola Paredesが演じるのは、レズビアンが男性を愛せるように治療...
誰もが夢見る“運命の人”との出会い。「Elite Daily」では、そんなロマンチックな考えを覆す、シビアな記事が掲載されていました。書いたのは、自身を「...
世界中どこの国でも、親が子育てに奮闘するのは、みんな同じ。難しい思春期や闘病生活など、二人三脚で歩む親子には、それぞれのドラマがあるものです。ここでは、感...
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
かなりの好色家、という訳ではないのかもしれませんがアラサー男を代表して、ライターMatthew Farris氏がこう主張します。自分の性癖もカミングアウト...
嗜好の違いなんて結局のところ人それぞれ、べつに大した問題じゃあない。ところが、それが当たり前だと感じられるかどうかは、どうやらその「好み」によるというのが...
アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。同性愛...