スイスで「同性愛者への差別」が刑罰の対象に

重要な決定を国民の投票によって決める「直接民主制」という政治システムをとるスイスで、2月9日、現代を象徴するような法案が可決された。

公共の場で同性愛者に対するヘイトスピーチや憎悪を煽動する行為を違法とする──。

これまで「人種」「宗教」のみだった「人種差別撤廃法」の差別禁止項目に「同性愛」が加わり、性的な指向を理由にした差別が刑罰の対象になることが決まったのだ。

この法案には、国民の63%が賛成。しかし、一方、言論の自由を侵害する内容だとして、地方の一部の保守派は抵抗の姿勢をみせたとのこと。

なお、スイスと同様、同性愛差別に対して刑罰を導入しているのはオーストリアデンマークオランダなど。今月11日には北アイルランドで初の同性婚カップルが誕生するなど、LGBTQの自由や権利を保護する動きは欧州を中心にこれまで以上の広がりをみせており、今後の世界的な動きにも注目したいところだ。

 

Top image: © iStock.com/nito100
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
同性愛について、個人の考えや宗教、または政治的、社会的な見解を混ぜてしまうと議論は終わらない。しかし遺伝子的にみるとどうだろう?と説明するのがこの動画。こ...
ロサンゼルスにあるゲイポルノ専門店「サーカス・オブ・ブックス」。30年以上前から同性愛者コミュニティの居場所を作ってきた本店を通して、LGBTQの歴史を紐解く。
ロシア在住の写真家Anna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。2013年に制定された同性愛宣伝禁止法は...
ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、...
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第四回はスイス インターナショナル エアラインズです。
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業直後は住友銀行に就職。働いているうちに「自分自身でないもののフリ」をし続けて生きていることに気づき...
女性ライターのZara BarrieさんのセックスやLGBTについての記事は、米メディア「Elite Daily」のなかでもヒットコンテンツになっているよ...
スイスのホテルチェーン「Ibis Hotels」が、旅行を思う存分に楽しめるようにということで、インスタ代行サービス(Instagram Sitter)を...
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。同性愛...
スイスの最重要バンドである「YOKKO(ヨッコ)」のジャパンツアーが開催!
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
同性愛者であると両親に告げるのは、かなりのエネルギーが必要だということは、想像に難くありません。米ニュージャージーに住むKinsey Ratzmanさんも...
7月18日から8月11日まで、スイス西部のブベーで開催されるワイン生産者の祭り「Fête des Vignerons(フェット・デ・ヴィニュロン)」。この...
1921年から「エスキモー・パイ」を販売する企業「Dreyer’s Grand Ice Cream」が、同商品の名称を変更すると発表した。
7⽉1⽇、着るクーラー「REON POCKET」が「ソニー株式会社」から発売された。
インダストリアルデザインを学んでいるDimitri Nassisiさん。卒業制作を控えていた時に、街の消火栓をリメイクして水飲み場にできたら面白そうと思い...
一昔前とは比べ物にならないほど、様々な形の家族がある今。「Gays With Kids」と名付けられたWEBサイトがある。ここには、ゲイの家族の幸せそうな...
王子様と女の子が恋に落ちてハッピーエンドを迎えるのがおとぎ話の王道。だけど自らもLGBTであるAdam ReynoldsとChaz Harrisのつくった...
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。
今冬限定で、チーズフォンデュを機内食のメニューに追加している「スイス インターナショナル エアラインズ」。オーダーできるのは、ジュネーヴからの限られた路線のみ。
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...