女性装をする東大教授が語る「新しい美しさ」の基準とは?

めまぐるしく働く中で、「自分自身でないもののフリ」をし続けていることに気づいたという、東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。男性のフリをやめ、「女性装」をはじめてみると、安冨さんの世界は変わりました。周囲の反応を肌で感じ、そしてある意外な“美の定義”が明らかになったと言います。

なぜ、世の中の女性は自分を美人ではないと思うのか。現代社会における「美しさ」とは何か。安冨さんの著書『ありのままの私』には、そのヒントが書かれていました。

女性装してわかった
意外な事実

私が女性の姿を探求するようになって、とっても驚いたことがひとつあります。

それは、私が結構「イケてる」ことです。

考えてもみてください。つい最近までヒゲもじゃだった五十過ぎのオヤジです。急に女性の格好をしたら不気味に決まっています。私が女性の格好をするようになったときには、当然、それを覚悟していました。

ところが、本当に不思議だったのですが、友人の女性たちは、私が自撮りした写真を見ても不気味がらず、それどころか「けっこうイケてる」「女子力、高い!」などと言ってくれました。

それで少し自信がついてきて、ならばもっと頑張ろう、と思いました。するとやがてある友人が「美人!」と言ってきたのです。 

なぜ、自分が
「美人」と言われたのか

いろいろ理由を考えているうちに、驚くべきことに気づきました。それは、現代社会の美人の基準がどうかしている、ということです。

・背が高い
・手足が長い
・肩幅が広い
・細い
・面長
・鼻が高い
・顎がスッキリしている

このような美人の特徴は、すべて男性の特徴だったのです。つまり、美人とは「オトコっぽい女性」のことだったのです。

私は身体的に男性ですから、上記の条件をほぼ自動的に満たす一方、どういうわけかウエストが細く、腰や太腿が太いので、ヒゲや胸をなんとかすれば「美人」分類に編入して、認識してもらうことが可能なのです。

女性が「美人じゃない」と
謙遜する理由

男っぽい女性を女らしい女性の上位に置くことで、ごく少数の女性が「美女」ということになります。すると大半の女性は「私は美女じゃない」と思い込んで、自己嫌悪に陥ることになります。

しかし、こんなくだらない価値観を、女性自身が抱く必要などまったくありません。女性は、自分自身を十全に生きることで美しくなるのであり、身長とか体重とかで美しくなるのではないのですから。

「美しさ」とは何か?

思い返せば、「自分は、美しさなどとは無縁だ」と思い込んでいた男装時代、そのことが私を深く傷つけてきたことに気づきました。そこに女性装するかどうかは、関係ありません。男性として生まれたら「美」とは関係ないよ、というそれ自体が男に対するひどい暴力なのです。

しかし人間には、男女を問わず、美しさが不可欠なのです。

美しさとは、作るものではありません。掘り出すものです。自分自身という金鉱を探し出して掘り当てる。そうする人は、美しくなるのではないでしょうか。

美しくなるために最も大切なことは、自分自身を生きることなのです。

同性愛について、個人の考えや宗教、または政治的、社会的な見解を混ぜてしまうと議論は終わらない。しかし遺伝子的にみるとどうだろう?と説明するのがこの動画。こ...
東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業直後は住友銀行に就職。働いているうちに「自分自身でないもののフリ」をし続けて生きていることに気づき...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
1年近く前のことだけど、真冬のタイムズスクエアを下着姿で歩いたことで話題となった女性の一人、モデルのkhrystyana。彼女は本当に美しいのは「自分らし...
かつて全国に400店舗を展開した「ドムドムハンバーガー」の、知られざるあんなこと、こんなこと。