好きな人にも見られたくない、わたしたちのカラダの秘密。

わたしのカラダ、あんまり好きじゃない。

 

自分のカラダなのに、嫌いなところがある。わたしの場合は、太ももにあるボコボコとしたセルライト。誰にも見られたくないし、泳ぐのは好きだけど水着にだってなりたくない。

好きな人にだって、できることなら見せたくなかった。ただ、あの人に出会うまでは。

「美しい」ってナニ?

5181787110113280

Pink Bitsの描くの、世の中でいわれる「美しいカラダ」の女性たちではないのかもしれない。でも、本当の美しさは見た目じゃないし、誰かに決めてもらうものでもないと。美しさっていうのは「愛」から生まれるもので、すべてのカラダが美しいのだと、Pink Bitsは言っている。

6550496819019776

 

美しさっていうのは「愛」から生まれるもの

 

なんだかグッときたわたし。確かにと頷いてしまった。わたしにもコンプレックスがあるけれど、好きな人とのはじめての夜に「キレイだよ。ぜんぶ、好き。」って。この言葉がとても嬉しくて、自分のカラダを前よりも愛せるようになったから。

わたしたち女は、男たちに好かれるために生きているんじゃない。でも、自分もふくめ、たった一人でも自分を「好き」って言ってくれる人に巡り会えたなら。それはとても幸せなこと。

世の中にある“美の基準”なんて関係ない。人も自分も思いっきり愛して、愛されるように堂々と生きていくことが大事なんじゃないかな。

472841036234752065267951762145284920200516337664653884121730252859971924226211845813519354167296
Licensed material used with permission by Pink Bits
1年近く前のことだけど、真冬のタイムズスクエアを下着姿で歩いたことで話題となった女性の一人、モデルのkhrystyana。彼女は本当に美しいのは「自分らし...
「肌が白くて、ブロンドで、華奢なカラダ。結局、メディアで取り上げられるのは、こういう女性。でも、いわゆるデブと呼ばれる人たちだって、美しく輝いている。なの...
誰にでも見て欲しくないことってありますよね?私にだって、もちろんあります。絶対に見られたくない、恥ずかしいこと。幸せすぎて、独り占めしたいとき…。私だけの...
誰にだって人には言えない秘密があるもの。そんなセンシティブな話を集めたイラストレーターがいる。100人から秘密を教えてもらい、それぞれの後ろ姿を描いた。「...
秘密っていう言葉、なんて魅力的なんでしょう。のぞいてみたくなるし、聞きたくなってしまいます。でもね、それが大好きな人の“秘密”だったとしたら…。トップモデ...
夢の中でなぜか裸になっている。しかも、そこに違和感はなく、自然に振る舞っている…なんてことはないでしょうか。現実ではあり得ないですが、夢の中でも裸になって...
米ボストンで仕掛けられた、超がつくほど単純なドッキリ企画を紹介します。ターゲットは女性たち。ポイントは彼ら誰一人、嫌な気持ちにならなかったという点。芝生の...
とびっきりの美人ほど彼氏いない歴が長かったりすることってありますよね。「なぜ彼女たちに彼氏がいないんだろう?」と不思議に思ったことは数知れず。気になるその...
イーストロンドンのリージェント運河沿いに建築された「H-VAC」は、まさに、オトナの秘密基地。パッと見は、空気ダクトにしか見えない。しかし、内部は、ロフト...
美意識の高い人々からインスピレーションを受け、「どんなにカッコイイシーンでも、一般人がするとどうなるのか」をコメディアンのCeleste Barbeが、カ...
これまでも様々な奇抜な企画を繰り返してきた「CUT」が新たに送るのは「100人の秘密」。共感できるようなものから、絶対にマネできない過激なものまで。あなた...
チュール生地や刺繍など見た目からして、やわらかさを感じるドレスで女性のカラダを包み込む。「Paolo Sebastian」がInstagramで公開した写...
「出会えたよろこび」、「離れてしまったかなしみ」の中にいる人へ。
誰にでも上手に立ち回ることから、八方美人と呼ばれる人がいますが、同じ八方美人と呼ばれる人の中にも、いい面だけでなく短所として捉えられている人もいます。人か...
めまぐるしく働く中で、「自分自身でないもののフリ」をし続けていることに気づいたという、東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。男性のフリをやめ、「...
今ロンドンで話題となっているレストラン、テーマは「解放」。なんと裸で食事ができるんです。いまだ完成を見ないため設計のコンセプトから想像するほかありませんが...
運命の出会いとも言えるほどに相手のことを好きになっている3つのサインを、性科学者兼リレーションシップ・エキスパートの意見から紹介。相手の匂いが何とも言えず...
通勤ラッシュの電車に乗って、会社についたらPCとにらめっこ。「あ〜〜今日も疲れた」と、思いながらまた帰宅ラッシュの電車へ。私のような、お疲れ気味の社会人の...
「Elite Daily」のLily Rouffさんが提唱する、彼との関係が「本当の愛」か「カラダだけの付き合い」を見極める6つのチェックポイント。
ある意味、親友って人生において1番大事な存在。特に20代で親友と呼べる関係は、一生続いていくものだったりします。そんな相手ともっとデイープな関係になるのは...