2019年ミス・ユニバースの髪型は、とても「ナチュラル」でした――ベンのトピックス

みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!

僕は一度だけミス・コンテストを見たことがありますが、コンテンストについて正直よくわかりません。女性を外見だけで判断することはダメだと思います。だけど、ミス・コンテストの専門家である友人によると、決して外見だけで判断はしていないそうです。ふーん。生まれつき疑り深いベンです。まだまだわかりませんね。

ただ昨年のビューティークイーンたちが皆黒人だったというニュースには興味を持ちました。美の基準が白人中心だった世界において、これはかなりすごいと思います。ミス・コンテスト自体をどう評価するのか、自分の中で定まってませんが、この美の基準の変更は応援したいと思います。

まあ、ここまでは日本でもニュースになっていましたが、話題にしたいのは、ミス・ユニバースのヘアスタイルについてです。

ショートorロング?じゃなくて
「ナチュラル」なことがポイントです

2019年のミス・ユニバース、南アフリカ代表のゾジビニ・ツンジさんは、ナチュラルなショートヘアが印象的でした。

じつは“ナチュラル”というのがポイントです。

白人でも、アジア人でも、ナチュラルなヘアスタイルであることが問題になることはありません。ところが、黒人(とくに女性)に関しては時々問題になるんです。アメリカやヨーロッパには、アフロヘアをアンプロフェッショナルと見る人や会社が存在するからです。おかしな話ですよね。だって、アフロヘアは彼らにとってナチュラルですよ!

そして、黒人のカットやトリートメントにかかる費用は、白人やアジア人と比較すればありえないほど高いのです。ウィッグやケミカル・ストレートは、何万円単位でお金がかかるのが当たり前。このお金がお洒落のためならいいでしょう。だけど、よい仕事に就くため、社会の偏見のせいで払わなければいけないお金の場合もあるのです。いきなり財政的な不利からはじまる、不平等な格差です。

そんな状況なので、アメリカでもイギリスでも、黒人のコミュニティでは自分の美しさに不安を持つ女性もいます。「自分のナチュラルなヘアが嫌い」という人がたくさんいるんです。

だから、ツンジさんが髪をストレートにせず、そのままのスタイルを選択したことは、すごい決定力だと思います。ミス・コンテストの伝統的な美の基準とは、まったく違うスタイルにするのはとても勇気が必要だと想像します。ツンジさんの髪の毛は本当にシンプルで綺麗、ウィナーの冠に相応しいスタイルだと思いました。

きっと、若い黒人の女性たちにインスピレーションを与えたでしょう。僕は相変わらずミス・コンテストが必要なのかどうかわかりませんが、人種に関係なく、誰かの美しさを称賛することはいいと思いました。

Top image: © iStock.com/MoosyElk
世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!

関連する記事

11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!もう2019年は過去のことですが、「ベスト・デスティネーション」に関しては終わっていないんですね。今回はヨーロ...
コラムニストのベンです!今回は「アンフルエンサー」ということについて紹介します。
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
海外のクラウドファンディングで圧倒的な支援を集めた小型ミルクフォーマー「Nano Former(ナノ フォーマー)」が「Makuake」に登場。シルクのよ...
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
僕はテクノロジーには疎いタイプです。2005年ぐらいまでVHSを使ってたし、DVDは2015年ぐらいまで。Blu-Rayは完全にスルーしました(笑)。そし...
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
コラムニストのベンです。今回はアメリカのコメディ・ローストについて紹介します。
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
日本初のグランピングリゾート「星のや富士」が、今月4月26日(月)~今夏8月31日(火)までウェルネスプログラム 「樹海リトリート」を提供。
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい! 今日のトピックは、日本メディアですでに話題になっているけど、この記事で違う視点で紹介したいっていう内容……...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
ドナルド・トランプとボリス・ジョンソンのSNS施策は、信じられないようなことをやっています。
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
「フロリダ・マン(フロリダ州の男)が……」で始まるニュースのヘッドラインは、日本ではありえないようなおかしい内容のことが多いです。今回はそれについて紹介します。
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第一弾は中国編です。クール?それともファニー?中国のミレニアルズの、理解を超え...
ノンフィクション作品の読者と比べて、フィクションを好む読者のほうが高い言語能力を持つことが、「コンコルディア大学」のSandra Martin-Chang...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
シャーロック・ホームズが、凄まじい記憶力をみせる「mind palace(精神の宮殿)」は、古代ギリシャ人が発明した「method of loci(場所法...
「LEGO」が公開したプレイリスト「LEGO White Noise」には、さまざまなレゴブロックの環境音で構成された約30分の心地いいノイズ音が7種類用...