ペルー料理について――ベンのトピックス

もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。

しかし、いまや僕の地元であるロンドンやニューヨークの中心部ではペルビアン・レストランのない風景を見つけるほうが困難な状況です。そして、世界中のバーやクラブでは、ペルーの首都・リマでもっとも有名なカクテル「ピスコ・サワー」を当たり前のように飲むことができます。

なぜペルー料理なのか?そして、なぜ今なのか?

過去100年のペルーの歴史で特筆すべきは、政情が不安定な時期があったにも関わらず、見事に経済的成功をおさめてきたことです。鉱業、農業、漁業といった主要産業をうまく機能させ、政府は政治家ら権力者の不正に打ち勝ってきた。

なによりも、マチュ・ピチュ遺跡、広大な首都・リマ、貴重な植物や野生動物(ペルーには21,462種もの植物や動物が生息している!)など、観光資源も豊富な国です。

© iStock.com/saiko3p

そして、近年のペルーには料理こそが新たな国家の誇りとみなしている人がたくさんいる。ムーブメントの最前線にいるのは、シェフのガストン・アクリオ(Gastón Acurio)だ。

現在50歳のガストンは、1992年に料理学校の名門「ル・コルドン・ブルー・パリ」を卒業し、1994年にペルーに帰国。妻のアストリッドとともに、リマでフレンチレストラン「アストリッド・イ・ガストン(Astrid y Gaston)」をオープン。地元ペルーの食材を取り入れることで評判となり、現在では世界12ヵ国50店舗以上のレストランを経営しています。彼はリマを世界の美食マップに載せるべく奮闘している、重要な人物なのです。

©JP Perez

「僕たちがペルー料理でやろうとしていることは、フランス人が200年以上、イタリア人が100年以上、日本人が50年以上をかけて成し遂げたものだ。僕らはそれを、25年後には実現してみせるよ」

ガストンは国家の進歩のため、そして世界中にペルーの素晴らしさを知ってもらうためには、ペルー料理を広めることが重要だと考えているようです。

だから、彼の活動は高級レストランをオープンするだけにとどまりません。リマ郊外の貧しい地域のひとつであるパチャクテックに「パチャクテック料理芸術学院(the Pachacutec Institute of Culinary Arts)」を設立しています。

2012年11月にユネスコがペルー料理を無形文化遺産に指定したことと、ガストンの活躍は決して偶然じゃないでしょう。

©JP Perez

そして、ガストンはペルー料理は日本料理の成功から学ぶところがあると信じています。

「日本人にとっての寿司という優れた料理は、私たちにとってのセビチェだからね」

セビチェは、新鮮な魚介類にタマネギとコリアンダーを加え、コショウで味付けし、レモンもしくはライムジュースで炒めたマリネのこと。力強い風味、鮮やかな色彩、良質な材料のコンビネーション。これこそペルー料理の魅力だと僕も思います!

©JP Perez

さて、日本ではペルー料理はまだまだ認知度が低いかもしれません。行きつけがあるって人も少ないでしょう。

だから、この記事でペルー料理に、ガストンに興味を持ったという人には、まず2014年製作のドキュメンタリー映画をオススメします。

美しくて、美味しいペルー料理を知る、第一歩になるはずです。

ベンが書いた、ほかの記事はコチラ

外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
南米で初となった豪華寝台列車は、ペルーの世界遺産の街から有名観光地へ、アンデス山脈や谷間などを走り抜けながら大自然を堪能できる。食や内装もペルーに特化して...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
中南米は、「肉を食べる国々」というイメージがある。串に肉を刺したブラジルのシュラスコ料理、豚の臓物や豆を煮込んだファジョアーダ。アルゼンチンの牛肉の炭火焼...
2012年に設立された、子どものためのエコバンク「Banco del Estudiante Bartselana」。考案したのはペルーに暮らすJose A...
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
001 大陸:南米002 国名:ペルー共和国003 都市名:リマ004 日付:2012.02.01「モノづくりは、言葉を超える。」 About The C...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
2016年の秋頃からInstagramで密かに話題になっている絶景があるという。それが、ペルーの「レインボーマウンテン」。その名の如く、虹色に彩られた不思...
フレンチシェフの業界で、これからを牽引するんじゃないかという注目すべき日本人シェフが、パリにいた……。
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
「ペルーで政府主導のとあるプロジェクトが、貧困地域に暮らす人々のライフスタイルを一変させようとしている」。ライターJustin Gammill氏はペルー政...
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
4ヵ月限定で渋谷区神泉に登場した「ツカノマノフードコート」の“ネオ料理人”を特集。彼らが生み出す型破りで自由そしてなにより美味しい料理を見逃すべからず!