こりゃビールに合いそう。NY発の「チートス」創作料理

フリトレー社のスナック菓子「チートス」といえば、世界40ヵ国で販売されている人気商品。チェダーチーズの濃厚な味わいと食感がクセになっている人も多いのではないだろうか。何を隠そう、僕もその1人だ。

なんと、その「チートス」を食材にした創作料理が登場。NY・ウェスト・ビレッジのポップアップレストラン「The Spotted Cheetah」で味わえるようだ。

有名シェフ
アン・バレルを起用

究極のチートス料理をひねりだしたのは、有名シェフのアン・バレル。彼女のトレードマークであるロックスターのような髪型は、チートスに負けず劣らずスパイシー。シェフ自身も、長年に渡るチートスファンとのことで、今回の特別なメニューづくりにも、いっそう力がこめられているとのことだ。

全11種類の料理

料理は、8ドル(約880円)〜22ドル(約2,420円)の3つのコース、全11種類のチートス・オリジナル・ディッシュが楽しめる。

少しだけメニューを紹介すると、ミートボールやタコス、ナチョスから、さらには、チーズケーキなどのスイーツまでといった幅広いバリエーション。いずれも、チートスが使われているというから驚きだ。創造性と遊び心がたっぷり詰まった料理は、きっと刺激的なはず。

残念ながら、このポップアップレストランは、2017年8月15日〜17日までの3日間の限定営業。とはいえ、アンのチートス料理のレシピは、こちらから無料ダウンロードできるようだ。

NYで評判のシェフが、どんな風にスナック菓子を本格的料理に昇華させているのかは見てのお楽しみ。もちろん、あなたがアレンジを加えてオリジナルな一皿を作ってみるのもオススメ。自由な発想で、スパイスの効いたクッキングを楽しんでみよう。

Licensed material used with permission by FRITO-LAY NORTH AMERICA, INC
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
世界中で人気の料理番組『マスターシェフ』に特化したレストランが、ドバイのホテル「Millennium Place Marina」にオープンします。メニュー...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
ドバイに新しくオープンした「Torno Subito Dubai」は、真っ青な海と空に映えるカラフルでポップなレストラン。ただのインスタ映え狙いの店かと思...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
効果、効能がどうこうでなく、シンプルに「デザイン」に惹かれました。NY発の美容ブランド「Herb Essentials」です。
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
マンハッタンのロウワー・イースト・サイドに登場したポップアップレストラン。お客のほとんどがスマホを片手に料理を楽しんでいます。Instagram投稿用にパ...
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。