作る、寝る、食べる、目覚める。そんな休日に。

丸一日休みの日があったら、何をして過ごす?あれをしよう、これもしたいと思っても実際は誘惑に勝てず二度寝、三度寝、四度寝…なんて人も珍しく無いのでは。

1日ゆっくり寝るのも幸せだけど、二度寝の前にスイーツを仕込んで、起きてきた時にいただく、なんていうのも一興かも。休日とはいえ、何かひとつは生産的なことしたほうが気分もいいしね。ということで、今回は「Food52」から、昼下がりの冷蔵庫に冷やしておきたい、甘すぎないパンナコッタのレシピをご紹介。

レシピの考案者でありライターのAlice Medrichさんは、パンナコッタを「味の絶妙な媒体」と称し、長年にわたりそのアレンジレシピを研究して来たそう。中でも簡単かつ、健康にも良いゴールデンミルクを用いたこのバージョンは彼女のイチオシなんだとか。

気分は
「ちょっぴりスパイシー」

<材料(8個分)>

・低脂肪乳:240グラムカップ
・グルテン:7グラム
・ターメリックパウダー:25.5グラム
・生クリーム:720グラム
・塩:ひとつまみ
・こしょう:ひとつまみ
・はちみつ:185グラム

※お好みでシナモンスティック(1本)、ナツメグ(1つ)。

<作り方>

1. 小さな鍋にミルクを注ぎ、ゼラチンを投入。少なくとも5分間以上、ゼラチンを柔らかくさせるために混ぜずに熱します。

 

2. 別の中くらいの鍋にウコンを入れ、そこにクリームを大さじ1杯分のみ入れます。これをかき混ぜて滑らかなペーストを作ります。

 

3. ペーストができたら、残りのクリームと塩、コショウ、蜂蜜を加えて混ぜます。

 

4. 蜂蜜が溶け、鍋の中身が熱くなるまで中火でかき混ぜます。煮詰めないよう注意。

 

5. 鍋を火から外します。

 

6. 先ほどのミルクとゼラチンを加え、よくかき混ぜてゼラチンを溶かします。

 

7. 中身をボウルに注ぎ、氷水を張った別のボウル(中身を入れたボウルより大きいものを選びましょう)に重ねてセット。

 

8. 中身を冷やし、ゴムまたはシリコンのスパチュラで混ぜながら、ボウルの底面と側面を掻き取るようにして温度のムラを無くします。同じ部分がボウルの冷たい面にずっと触れていることが無いようにすること。

 

9. 粘り気が出てきたら(約10℃くらいが目安だけど、計らなくても大丈夫)、ボウルを氷水から取り出し、水を垂らさないようにボウルの底を拭く。そして中身を均等にグラスに分けます。

 

10. 数時間冷やせば、パンナコッタの完成。冷蔵していても2日くらいのうちに食べましょう。サーブする頃には弾力もあり、舌の上に厚くて豪華な食感が広がります。お好みでシナモンやナツメグをおろし器で削ってトッピングして。

他のレシピはこちらからどうぞ。

Written byAlice Medrich
Licensed material used with permission byFood52
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
オハイオ州立大学に登場したベーコンの自動販売機。一時的な設置でしたが話題となりました。薄切りやみじん切りにされたベーコンが、たったの1ドルで売られていたと...
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
特に何かめでたいことがあったわけじゃないんですが、この赤飯は食べたくなります。
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、これまでテレビを通して、音楽、映画、スポーツの感動を伝えてきたWOWOWによる初のキ...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
「最初に食べた人は勇気がある食材といえば、ナマコ、カキ、タコ。しかしフグは最初に食べた人よりも、2番目に食べた人のほうが勇気がある」とはよく言ったものです...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
もう少し体をスッキリさせて月曜日に備えたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさん曰く、昼寝を上手に使えば、求めている"スッキリ"は...
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
付け合わせのイメージがありますが、濃厚クリーミーなマッシュポテトはそれだけでずっと食べていたくなるほど美味しいです。「メインで食べたくなるマッシュポテト」...
まるでカラフルな怪物のような、貝殻のような、臓器のような、じつに愉快なカタチ。食べ過ぎ防止には、こいつをお皿にポンと置くだけ?!
「お菓子を作ってちょうだい。まずはチェリーをたくさん使ってね、それから...」なんてオーダーすると、自分のためだけのスイーツをこしらえてくれる「お抱えお菓...
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...