ミカンの薄皮を缶詰みたいにツルんとむく快感

こたつでみかん、は日本人として冬のテッパン。たとえこたつが暖房器具に変わっても、あったかい部屋で冷たいみかんを食べると心がほっこりしますよね。

ここで紹介するのは、缶詰のもののようにツルんと薄皮をむく方法です。

”食用重曹”と煮る
このひと手間でツルん!

<材料:作りやすい分量>
・みかん:4個
・水:400ml
・重曹(食用のものを使う):小さじ1/2

 

つくり方
みかん2個は皮をむき、軽く筋をとる。残りの2個も同じように皮をむき、こちらは小房に分けてから軽く筋をとる。小さめの鍋に水と重曹を入れ、沸騰したらグツグツしない程度の火加減にして、丸ごとのみかんを入れ、1分たったら小房に分けたみかんを入れ、さらに1分煮る。水を入れたボウルにみかんを移し、皮と重曹を優しく洗い流して完成。

よく冷やしてからいただくのがおすすめ。“食用の重曹”を使えば、まるごとのみかんでも、一房ずつ分けた状態でもきれいにむくことができますよ。

素材の甘さを楽しむ、ちょっとひと手間かけたみかんの食べ方。これを缶詰のみかんに近づけるには、水と砂糖で好みの甘さのシロップを作り、冷蔵庫で一晩寝かせればOKです。

他の記事を見る
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
缶詰の中でも特に種類の豊富な「サバ缶」。加工技術が高く、生臭さもなく美味しさを逃さず閉じ込めてある分、どんな料理にも応用が利きます。サバを挟んで食べるトル...
おつまみとしてそのまま食べてもおいしい「缶詰」。でももし、缶詰だけでワンランク上のおしゃれな料理が作れるとしたら、晩酌の時間ももっと楽しくなりますよね。今...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...