無限に「ゴハンがすすむ」牡蠣の食べ方

もう、たくさんレシピも出回っていて、“定番”になりつつある「牡蠣のオイル漬け」ですが、この自家製オイル漬けもきっとハマってしまうはず。とにかく、ごはんが止まらない!

“味噌あじ”のオイル漬け

一般的に“オイル漬け”といえば、オリーブオイルにハーブ類という印象でしょう。が、ここで紹介するのは味噌味。広島県の「土手鍋」のような味噌味で牡蠣をいただくオイル漬けなのですが、これがもう、ゴハンが止まらない止まらない。もちろん、おつまみにも最高です。

<材料:作りやすい分量>
牡蠣:400g
みそ:大さじ1と1/2
みりん:大さじ1
おろし生姜:小さじ1/2
オリーブオイル:100ml
唐辛子:1本

<つくり方>
牡蠣は薄い塩水でふり洗いをして、ザルに上げて水気を切り、キッチンペーパーでしっかり水気をふきとる。ボウルにみそ、みりん、おろししょうがの順に加えて混ぜたら、牡蠣を加えて和える。フライパンで中火で熱し、蒸気が上がってきたら弱火で8分蒸して牡蠣に火を通す。

牡蠣を取り出し、フライパンに残った煮汁をとろみがつくまで煮詰め、牡蠣と煮汁を煮沸消毒した保存瓶に入れ、オリーブオイル、唐辛子を入れる。粗熱がとれたら蓋をして冷蔵庫にひと晩おいて完成です。

※保存期間は3日間ほど。

港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
一般的にレモンを搾ってツルり。ですよね。ここに紹介するのは、ひと味違うおいしさを体験できる食べ方です。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!